Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年に面白かったもの(作品編)

overheard-3_poster.jpg

 2015年に観た新作(映画祭上映・日本未公開・DVDスルーなどを含む)は大体220本くらい。今年は前半に旧作を見返す仕事がすごく多くて、全体だと400本くらい観てると思います。年明け1/21発売の「映画秘宝3月号」に新作ベストテンが掲載されますが、最後まで候補に残った約50本を挙げておきます。『ボーダーライン』『鬼談百景』『の・ようなもの のようなもの』など、来年公開が決まってたりして、次に回したいものは省きました。

Ugly(13年・インド/輸入DVD)
A Brand New Testamemt(15年・ベルギー/釜山国際映画祭にて)
If Only(15年・インド/東京国際映画祭にて)
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
インターセプション 盗聴戦
ヴィジット
ウォーリアー
オデッセイ【4DX版】(韓国・メガボックス西面にて)
お!バカんす家族
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
華麗上班族(15年・中国、香港/釜山国際映画祭にて)
完全なるチェックメイト
カンフー・ジャングル
キングスマン
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ
Green Room(15年・アメリカ/釜山国際映画祭にて)
クリード チャンプを継ぐ男
軍中楽園(15年・台湾/大阪アジアン映画祭にて)
群盗
コインロッカーの女(14年・韓国/プチョン・ファンタ2015にて)
コードネームは孫中山(15年・台湾/大阪アジアン映画祭にて)
極秘捜査(15年・韓国/釜山国際映画祭にて)
孤高の遠吠(15年・日本/カナザワ映画祭にて)
GONIN サーガ
ザ・キング・オブ・ハバナ(15年・スペイン、ドミニカ共和国/ラテンビート映画祭2015にて)
ザ・ギャンブラー/熱い賭け(リメイク版)
サム・ペキンパー 情熱と美学
百日紅
シェフ 三ツ星フードトラック始めました
スーサイド・ララバイ きめてやる今夜 Vol.1【11/30 ロフトプラスワン上映バージョン】
スナッチャーズ・フィーバー/喰われた街(There Are Monsters/13年・カナダ/プチョン・ファンタ2015にて)
ストレイト・アウタ・コンプトン
ターボキッド
チャッピー
提報者 〜ES細胞捏造事件〜
ドラフト・デイ
ナイトクローラー
野火
バクマン。
はじまりのうた
ハッピーボイス・キラー
花とアリス殺人事件
Brother Bajrangi(Bajrangi Bhaijaan/15年・インド/釜山国際映画祭にて)
プリデスティネーション
ベテラン
ベルファスト71
マイ・ファニー・レディ
マッドマックス 怒りのデス・ロード
マドンナ(15年・韓国/釜山国際映画祭にて)
マルガリータで乾杯を!
誘拐の掟
UTOPIA/ユートピア(TVドラマ)
4等(15年・韓国/釜山国際映画祭にて)

the-wolfpack_poster.jpg

 ベストテンに入れるまではいかなくても、すごく楽しませてもらった作品は以下のとおり。

A Copy of My Mind(15年・韓国、インドネシア/釜山国際映画祭にて)
アメリカン・スナイパー
アバディーン(14年・香港/大阪アジアン映画祭にて)
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
アメリカン・ドリーマー 理想の代償
イタリアは呼んでいる
いつか、また
インヒアレント・ヴァイス
エイゼンシュテイン・イン・グアナファト(14年・オランダ、メキシコ、フィンランド、ベルギー/ラテンビート映画祭2015にて)
オフィス(15年・韓国/釜山国際映画祭にて)
おみおくりの作法
駆込み女と駆出し男
カリフォルニア・ダウン
カンフーエリオット
クーキー
恋人たち
ゴーイング・クリア:サイエントロジーと信仰という監禁
コールド・バレット/凍てついた七月
心が叫びたがってるんだ。
最後まで行く
The Wolfpack(15年・アメリカ/ラテンビート映画祭2015にて)
ザ・トライブ
The Drop(14年・アメリカ/輸入Blu-ray)
指名手配 ~ホワイティ 容疑者を捕まえろ~
ジュラシック・ワールド
ジョン・ウィック
進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
Spy(15年・アメリカ/輸入Blu-ray)
セーラ(15年・香港/大阪アジアン映画祭にて)
007/スペクター
Tammy/タミー
唐山大地震
トゥモローランド
ハイヒールの男
パレードへようこそ
バングラシア(15年・マレーシア/大阪アジアン映画祭にて)
ピーキー・ブラインダーズ(TVドラマ)
ビースト・オブ・ノー・ネーション
ビッグ・アイズ
フォックスキャッチャー
ブルー・リベンジ
ブレスト要塞大攻防戦
ベター・コール・ソウル(TVドラマ)
ボーン・トゥ・ビー・ブルー(15年/東京国際映画祭にて)
マッドネス・オブ・マックス
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
蟲師 鈴の雫
リザとキツネと恋する死者たち(15年・ハンガリー/大阪アジアン映画祭にて)
リアル鬼ごっこ
Re:LIFE/リライフ
Lost Soul:The doomed journey of island of Dr. Moreau
ロスト・リバー
ロバート・アルトマン ハリウッドで最も嫌われ、そして愛された男

My-man-godfrey_photo.jpg

 今年初めて観た旧作の中にも、新作並みのインパクトを与えてくれる映画がいくつもありました。ほとんどは「映画の必修科目シリーズ」や「別冊映画秘宝」で記事を書くために観たものですが、仕事でなければなかなか観るチャンスもなかったと思うので、ありがたいことです。20本選ぶと、こんな感じ。

アイリーンとゴドフリー(襤褸と宝石)
ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦
ウィンター・ソルジャー ベトナム帰還兵の告白
エディ・コイルの友人たち
Edmond
Eggshells
カーテンコール/ただいま舞台は戦闘状態
神が殺せと云った
頑張れ!スタントマン
サビ男サビ女「ハゲマシガールズ」
The Station Agent
ストレンジ・エクスペリメント
奪舎
Billy Ze Kick
風流家族
水女
メキシカン・スーツケース
モーガンズ・クリークの奇跡
ヨーヨー
ラ・パッショーネ

「映画館編」に続きます!

2014年に面白かったもの(旧作編)

akireta-deka2_shout.jpg

 2014年の最大の出来事といえば「映画秘宝編集部に入った!」ということでして、生きてるとそんなこともあるんだなあという感じなんですが、それと関係あるのかないのか旧作を観る機会が圧倒的に増えまして、初見・再見合わせて200本ぐらいは観ていると思います。そのなかで、特に印象的だったものも挙げておきます。

『あ・キレた刑事2』@ラピュタ阿佐ヶ谷「PLAYBACK 東映Vシネマ25連発!」
『エクソシスト《ディレクターズ・カット》』@新宿ミラノ座「新宿ミラノ座より愛をこめて ~LAST SHOW~」
『ハロウィンIII』(DVD)
『魔/デビルズ・オーメン』(DVD)
『スタンダール・シンドローム』(ビデオ)
『妖怪大戦争』(DVD)
『忍たま乱太郎』(DVD)
『いれずみ突撃隊』(ネット配信)
『ゼイリブ』『エンゼル・ハート』『パラダイム』『ジェイコブス・ラダー』@新文芸坐「伝説のカロルコ・ピクチャーズ傑作選」
『ニューヨークの恋人たち』(ビデオ)
『ことわざ辞典 へたな鉄砲も数うちゃ当たる!』『じょうぶなタイヤ』『帰ってきたウルトラマン』『DAICON IV OPENING FILM』@TOHOシネマズ日本橋「東京国際映画祭2014」庵野秀明の世界
『SubUrbia』(ビデオ)
『ロリ・マドンナ戦争』(DVD)
『仁義なきイレブン』(DVD)
『トラック野郎 度胸一番星』@しいのき迎賓館 石の広場「カナザワ映画祭2014プレイベント」鈴木則文監督追悼『トラック野郎』野外上映&デコトラ展示
『ファンキー・モンキー・ティーチャー4 高校教師』(DVD)
『スリラーブラウン管』(ビデオ)
『エル・マール/海と殉教』(DVD)
『アロ・トルブキン/殺人の記憶』(DVD)
『The Adjuster』(DVD)
『Singapore Sling』(DVD)
『In a Grass Cage』(DVD)
『ドリーム・ウィズイン・ア・ドリーム/メイキング・オブ「ピクニック at ハンギング・ロック」』(Blu-ray)
『Wake Up Sid』(DVD)
『Rockstar』(DVD)
『暗黒街』(YouTube)
『恐怖の報酬(フリードキン版)』(Blu-ray)
『悪魔のいけにえ(4Kデジタル・レストア版)』@プチョン市役所大ホール「プチョン国際ファンタスティック映画祭2014」
『アブノーマル』(ビデオ)
『ミュータント・フリークス』(DVD)
『ユナイテッド・トラッシュ』(ビデオ)
『あやつり糸の世界』@オーディトリウム渋谷「ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭2014」
『オリーヴの下に平和はない』(ビデオ)
『ブリット』@新橋文化
『セコンド』(DVD)
『五月の七日間』(DVD)
『暗い鏡』(ビデオ)
『魔の階段』(YouTube)
『Six Shooter』(YouTube)
『恐怖の二重人間』(ネット配信「KMDb VOD」)
『温泉郷のギター』@シネ・ヌーヴォ「大阪アジアン映画祭2014」
『Love Liza』(DVD)
『State and Main』(DVD)
『忘れられた皇軍』(TV)
『地下鉄のザジ』@目黒シネマ

 来年も面白いものをたくさん観て、いろいろ紹介できればいいなと思っております。それでは皆様、よいお年を!

2014年に面白かったもの(未公開新作編)

whiplash_poster.jpg

 「公開作編」からの続きです。2014年にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭をはじめ、大阪アジアン映画祭、プチョン国際ファンタスティック映画祭、釜山国際映画祭、東京国際映画祭などなど、あちこち飛びまわって日本未公開の新作を120本ほど観ました。そのうち、特に面白かった25本を紹介。2015年に日本公開予定の作品も含まれます。

kundo_krposter.jpg

『群盗 民乱の時代』(2014/韓国)
 プチョン・ファンタ取材時に、地元の映画館でちょうど封切ったばかりだったので観てきました。『悪いやつら』のユン・ジョンビン監督が、ハ・ジョンウとカン・ドンウォンを主演に迎えて贈るマカロニ時代劇アクションの傑作! オープニングテーマは『怒りの荒野』! ツイン配給で2015年公開予定とのこと。絶対に劇場で観るべし!

kano_english-poster.jpg

『KANO』(2014/台湾)
 大阪アジアン映画祭2014オープニング作品。実話をもとに『セデック・バレ』製作チームが描く熱血野球ドラマ。涙腺がバカになるんじゃないかと思うほど泣かされます。1月24日、いよいよ日本公開!

shes-funny-that-way_room.jpg

『シーズ・ファニー・ザット・ウェイ』(2014/アメリカ)
 東京国際映画祭2014上映作品。ピーター・ボグダノヴィッチ監督が健在ぶりを見せつけたスクリューボール・コメディ。役者のアンサンブルを見ているだけで楽しい至福のフィルム。『28週後…』の英国人女優イモージェン・プーツがブルックリン娘になりきっていて驚愕!

meiriya_hkposter.jpg

『迷離夜』(2013/香港)
 女性作家リー・ピクワーの短編小説をもとに、6人の監督が競作したホラーオムニバス2部作の前編。サイモン・ヤムが監督デビューを飾った第1話「贓物」、TVシリーズのパイロット版のような楽しさがあるリー・チーガイ監督の第2話「放手」、香港独特の風俗描写が面白いフルーツ・チャン監督の第3話「驚蟄」、いずれも見ごたえ満点。後編『奇幻夜』と合わせて日本公開してほしい……。

zero_theorem_stairs.jpg

『ゼロの未来』(2014/イギリス、ルーマニア、フランス、アメリカ)
 プチョン・ファンタ2014上映作品。テリー・ギリアム監督が久々に描く近未来SF。実はしみじみ泣かせるんですよ、これが。2015年5月16日より日本公開。

teachers-diary_thai-poster.jpg

『先生の日記』(2014/タイ)
 東京国際映画祭2014上映作品。タイ映画界のヒットメイカー、GTH社による最新ヒット作。水上生活者の多く暮らす辺鄙な田舎に派遣されてきた新米教師を主人公にしたロマンティック・コメディ。とにかく脚本がよくできてる!

midnight-after_restaurant.jpg

『ミッドナイト・アフター』(2014/香港)
 東京国際映画祭2014上映作品。フルーツ・チャン監督が不条理SFスリラー的設定を借りて描く、地元愛と風刺精神に満ちた群像劇。いちおう長大な物語の「前編」らしいので、早く続きが見たい!

Whiplash_drum.jpg

『Whiplash』(2014/アメリカ)
 釜山国際映画祭の野外上映でとんでもない盛り上がりぶりを見せていた、サンダンス映画祭グランプリ&観客賞受賞の傑作音楽ドラマ。詳しくは「映画秘宝 2015年1月号」に書きました。2015年、ギャガ配給で日本公開決定!

dearest_cnposter.jpg

『親愛的』(2014/中国)
 釜山国際映画祭2014上映作品。ある誘拐事件によって結ばれる人間の絆を、ピーター・チャン監督が実在の事件をもとに描く。『So Young 過ぎ去りし青春に捧ぐ』で監督デビューも果たしたヴィッキー・チャオ、『西遊記 はじまりのはじまり』のホアン・ボーの演技が圧倒的。

look-of-silence_keyvisual.jpg

『The Look of Silence』(2014/デンマーク、フィンランド、インドネシア、ノルウェー、イギリス)
 釜山国際映画祭2014上映作品。ジョシュア・オッペンハイマー監督の衝撃的ドキュメンタリー『アクト・オブ・キリング』の姉妹編。今回は「被害者」が「加害者」に突撃取材を敢行し、虐殺の過去を掘り下げていくという内容。やっぱり恐ろしい映画になっておりました。

umikiri_krposter.jpg

『海にかかる霧』(2014/韓国)
 釜山国際映画祭のバリアフリー上映で鑑賞。ポン・ジュノ製作・脚本、舞台は漁船、主演はキム・ユンソク、というだけで血なまぐさい匂いがしてくると感じた方、正解です! 日本では2015年4月17日よりTOHOシネマズ新宿にて先行公開、4月25日より全国公開。

All-Cheerleaders-Die_sucker.jpg

『オール・チアリーダーズ・ダイ』(2013/アメリカ)
 プチョン・ファンタ2014上映作品。ラッキー・マッキー&クリス・シヴァートソン共同監督による、前半と後半でノリがまったく違ってしまうキテレツ青春ホラーの快作。これは劇場で大勢で観たほうが断然盛り上がります。「未体験ゾーンの映画たち2015」にて上映!

wolfcop_gun.jpg

『Wolfcop』(2014/カナダ)
 プチョン・ファンタ2014上映作品。田舎町のヤサグレ巡査が狼に噛まれてウルフコップに変身! 悪党どもを血祭りに上げる! という明朗血まみれ娯楽作。これはぜひヒューマントラストシネマ渋谷あたりで上映してほしいです。

Der-Samurai_sword.jpg

『Der Samurai』(2014/ドイツ)
 プチョン・ファンタ2014上映作品。地元の田舎町でヒラ警官としてくすぶっている若者の前に、彼の秘めたる獣性を目覚めさせる存在が現れる……それは日本刀を携えた女装の殺人鬼だった、という強烈なバイオレンス通過儀礼ドラマ。どこか勇気ある会社が無修正公開に踏み切ってくれないでしょうか?

What-We-Do-in-the-Shadows_poster.jpg

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2014/ニュージーランド)
 プチョン・ファンタでは前売チケットが速攻ソールドアウト、上映会場も大盛り上がりだったニュージーランド産のモキュメンタリー・コメディ、めでたく2015年1月24日に公開! ウェリントンのある屋敷に暮らす吸血鬼たちの日常を描く、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』ミーツ『ありふれた事件』!

Stage_Fright_kissing.jpg

『絶叫のオペラ座へようこそ』(2014/カナダ)
 プチョン・ファンタ2014上映作品。ミケーレ・ソアヴィ監督の『アクエリアス』を元ネタにしつつ、キャンプ場を舞台にしたスラッシャーと合体させた、びっくりするほど完成度の高いミュージカル・ホラー・コメディ。こちらも「未体験ゾーンの映画たち2015」にて上映決定!

l-etrange-couleur-des-larmes-de-ton-corps_pic.jpg

『The Strange Colour of Your Body's Tears』(2013/ベルギー)
 「映画秘宝EX 映画の必修科目10 仰天カルト・ムービーPART2」のコラムでも取り上げた、ベルギーの異才エレーヌ・カテ&ブリュノ・フォルザニの最新作。ミステリアスでシュールな筋立てを用いて、70年代ジャーロへのオマージュを展開する独特の作風がさらに濃密に進化した怪作。

bengonin_krposter.jpg

『弁護人』(2013/韓国)
 ちっとも日本公開しないから輸入盤DVDで観たら、メチャクチャいいじゃないの! 80年代に起きた実在の冤罪事件をもとに、ソン・ガンホ演じる人権派弁護士の孤独な戦いを描いたヒューマンドラマ。

the_square_poster.jpg

『The Square』(2013/エジプト)
 2011年2月のムバラク大統領辞任からその後の民主化運動を、エジプト革命の象徴であるタハリール広場を拠点にしてリアルタイムで見つめた力作ドキュメンタリー。「映画秘宝 2014年7月号」の社会派映画特集でも取り上げました。

NarcoCultura-DVD_cover.jpg

『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』(2013/メキシコ、アメリカ)
 メキシコ版ギャングスタ・ラップともいうべき音楽ジャンル「ナルコ・コリード」の世界と、『悪の法則』の舞台にもなった国境の抗争地域シウダー・フアレスの悲惨な現実をカットバックで描く衝撃のドキュメンタリー。これも「映画秘宝 2014年7月号」の社会派映画特集で取り上げましたが、2015年3月に劇場公開決定とのこと。本物の死体の映像とかバンバン出てくるけど大丈夫かしら?

Mad_Nurse_poster.jpg

『マッド・ナース』(2013/アメリカ)
 わりと前からホラー映画ファンの間では話題になっていて、「映画秘宝 2014年8月号」の特集「新世紀ワルい女大名鑑!!」でも取り上げた『Nurse 3D』がようやく2015年2月28日に公開! いやホントに面白いんですよ、これ。主演女優パス・デ・ラ・フエルタの脱ぎっぷりもよし。

fastenyour_jpdvd.jpg

『ローラーコースター!』(2013/韓国)
 大阪アジアン映画祭2014上映作品。ハ・ジョンウの監督デビュー作にして、猛烈なスピード感で駆け抜けるシチュエーション・コメディの快作。ナッツ・リターン騒動の今こそ劇場公開を! と思ったら、2015年2月4日にDVD発売とのこと。まあ何はともあれ必見!

a-girl-at-my-door_poster.jpg

『私の少女』(2014/韓国)
 TOKYO FILMeX 2014上映作品(映画祭上映タイトルは『隣の少女』)。『冬の小鳥』のキム・セロンが、先輩ペ・ドゥナと初共演を果たした、女性監督チョン・ジュリのデビュー作。『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』と並び、2014年の韓国映画界を席巻した話題作。日本では2015年ゴールデンウィーク公開。

queen_visual.jpg

『Queen』(2014/インド)
 「映画秘宝 2014年9月号」のインド映画特集で取り上げた「女の一人旅」ムービーの秀作。とにかく主演女優カンガナー・ラーナーウトの魅力に尽きる! 歌って踊る昔ながらのボリウッド映画もいいんだけど、こういう秀作をもっと探していきたいなあと心を新たにしました。

kyo-bu-ha_poster.jpg

『狂舞派』(2013/香港)
 2013年のアジアフォーカス福岡国際映画祭、そして大阪アジアン映画祭2014で大好評を得ているにもかかわらず、いまだ一般公開されてないってどういうことよ……と思わずにはいられない青春ダンスムービーの傑作。主演のチェリー・ガンはどんどんいい女優になっていってるのに!

 そのほか、お願いだから日本公開してけれ! と思った作品は以下のとおり。来年もあちこち飛びまわって、ガシガシ未知の新作を掘っていきたいと思います。

ハングリー・ハーツ
黄金時代
マイティ・エンジェル
わかってもらえない
Pasolini
海賊
Garuda Power: Spirit Within
単身男女2
Gifted
Mary Kom
My ordinary love story
神の一手
Istintobrass
自由に乾杯
怒りの倫理学
The Congress
ブルー・ブースタマーンティー
アニタのラスト・チャチャ
サンシャイン・ラブ
もしもあの時
すご〜い快感
おばあちゃんの夢中恋人
解放区

 「旧作編」に続きます!
前のページ 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。