Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『500万ドルの男』(2012)

『500万ドルの男』(2012)
原題:5백만불의 사나이
英語題:A Millionaire on the Run

500man_krposter.jpg

 韓国の大手音楽プロダクション「JYPエンタテインメント」の創立者にして代表であり、歌手としても活動する人気プロデューサー、J.Y. Parkことパク・ジニョンの初主演映画。ふとしたことから500万ドルもの大金を手に入れたエリート会社員が、自分を裏切った上司や暴力団、さらに警察からも追われる羽目になるという典型的な巻き込まれ型アクションコメディだ。日本で言えば、ひと昔前の小室哲哉がスーツ姿でアクション映画に主演したようなもの。こういうイロモノ企画をいまだに結構な予算をかけて作ってしまうあたり、韓国映画界には余裕があるんだなあと思わされる(ごく一部の話だろうけど)。

 監督はこれがデビュー作となるキム・イクロ。脚本は『7級公務員』(2009)のチョン・ソンイルが手がけた。初めからパク・ジニョンを主役に想定して書いたとのことだが、内容を少しいじればイ・ボムスでもカン・ジファンでもRAIN(ピ)でも主演できたような筋立てである。正直もっとアレな出来なんだろうとタカをくくっていたが、思ったほど悪くはなかった。まあ、話には穴があるし、演出にも無理が目立つ(特に上司と対峙するガソリンスタンドのくだりが本当にヒドイ)のだけど、ベタな娯楽作としてはそこそこ楽しめた。

500man_gas-station.jpg

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 大企業の有能なロビイストとして活躍するチェ・ヨンイン(パク・ジニョン)は、上司であるハン常務(チョ・ソンハ)の命令で、取引先に500万ドルの現金を送り届けることになる。その途上、車泥棒に襲われた彼は、現金の入ったカバンごと車を奪われてしまう。が、犯人は直後に事故死。世間ではヨンインが死んだことになってしまった。

 ヨンインはなんとか車とカバンを見つけ出すが、同時に衝撃的な事実も知ることになる。実は、ハン常務は暴力団のボスにヨンインの殺害を依頼し、金を奪おうと画策していたのだ。図らずも、500万ドルの現金を抱えて逃げ回る羽目になったヨンイン。なぜか途中から別のヤクザに追われる不良少女ミリ(ミン・ヒョリン)と行動を共にすることになり、ふたりのハチャメチャな逃避行が幕を開ける。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 映画はロードムービー形式になっていて、クライマックスは野球フィーバーに沸く釜山が舞台になる。気性の荒いことで知られるロッテ・ジャイアンツの熱狂的ファンがネタになっているのが、なんともおかしかった。釜山にはついこないだ映画祭参加のために行ってきたばかりだし、先日の東京国際映画祭では同じく釜山を舞台にした野球映画の傑作『パーフェクト・ゲーム』(2012)に大感動したばかりだったので、妙なシンクロニシティを感じてしまった。

500man_eating.jpg

 パク・ジニョンといえば、彼がプロデュースする男性アイドルユニット、2PMと2AMのドキュメンタリー『Beyond the ONEDAY 〜Story of 2PM&2AM〜』(2012)にも登場し、強烈なインパクトを放っていたので覚えている方も多いだろう。とにかく顔はでかいし、造作はカンペキに鬼瓦だし、およそハンサムとは言い難い(逆に言えば、それこそ東映とか大映の大部屋俳優に1人はいたようなグッドデザイン賞モノの素敵な顔立ちである)。本人もそのハンデは重々承知のことで、むしろ開き直って有効活用しているようにも見える。実際、映画の中でも「本当に韓国人か?」とか「あの移民野郎」とか言われまくる始末。

500man_tandem.jpg

 メディアへの露出も多く、ぺ・ヨンジュンとともに企画・プロデュースしたTVドラマ『ドリームハイ』(2011)にも役者として出演しているので、演技に関してはまるっきり初心者というわけではない。本作でも、目も当てられないような素人芸に苦しめられるおそれはなく、むしろ余計なことをしないよう、つとめて抑えた芝居を貫いている(もっと羽目を外してもよかったのでは? と思うくらい)。日頃のアクの強さを封じているせいか、その朴訥そうな佇まいと、ルックスに似合わぬ美声からは、純真な人柄さえ感じさせる。

 ただ、やっぱり主役としての華には圧倒的に欠ける。たぶん脇役でうまく使えば俄然輝くタイプの人なのだろうけど、顔のインパクトだけで2時間もメインどころとして引っ張るには、まだ素材の味も演技力も熟しきっていない。また、アクションの見せ場がほとんどないのも残念。大体やられ役に甘んじているか、全力で逃げているかのどちらかで、乱闘シーンはスタントまかせで誤魔化しており、能動的な立ち回りをあまり見せてくれない(終盤にちょっとだけあるけど)。しかも、スケジュールが詰まっていたせいか全編出ずっぱりではないので、それこそ成り上がり社長のワンマン映画的なナルシシズムを期待したとしても裏切られてしまう。

500man_betrayed.jpg

 その代わり、何で補完しているかというと、社長の一声で集まった(?)実力派バイプレイヤーたちのサポートである。『サニー 永遠の仲間たち』の美少女スジことミン・ヒョリンが小悪魔的なヒロインを演じているほか、『火車 HELPLESS』のチョ・ソンハ、『ラブ・フィクション』のチョ・ヒボン、『Hana 〜奇跡の46日間〜』のオ・ジョンセ、『高地戦』のチョ・ジヌン、『黒く濁る村』のキム・ジュンベ、『折れた矢』のイ・ギョンヨンといった錚々たる面子が脇を固めている。新人俳優の主演デビュー作にしては恵まれすぎた顔ぶれだ。

 最大の収穫は、ミン・ヒョリンの堂に入ったコメディエンヌぶりだろう。世のスケベ野郎どもをだまくらかしては金を巻き上げる一方、ジャンベの演奏に情熱を傾けているというスクリューボール系ヒロインが実によく似合っている。『サニー』ではクールな美少女キャラに徹していたが、声のキーが意外に高いので、コミカルな演技もなかなかイケる(ちょっと仲里依紗も思い出させた)。その力量をしっかり証明してみせたという点だけでも、この映画の存在意義は大きい。

500man_cine21_cover.jpg

 もちろん、何よりもこれはパク・ジニョンの映画である。ぼくの周りには『Beyond the ONEDAY』を観て、あの鬼瓦フェイスの虜になってしまった人も少なくない。そういう人にとってはたまらない御馳走と言えるだろう。後頭部に一撃食らって景気よくぶっ倒れるJYP、屋台のおばちゃんに恵んでもらったフランクフルトを口いっぱい頬張るJYP、必死の形相でヤクザたちから逃げ回るJYP、ミン・ヒョリンと顔を並べると明らかに遠近感が狂うJYP、バイクにまたがり颯爽と風を切るJYP……見どころは尽きない。「俺、昔は歌手だったんだ」という台詞でも爆笑させてくれる。

 今のところ日本公開の予定はなく、劇場ではさすがにやらないと思うが、DVDリリースぐらいはしてほしいものである。

【2013/11 追記】と、思ったら『ミリオネア・オン・ザ・ラン』という題名で、いつの間にか劇場公開されていた(「K-Movieフェスティバル」の1本)。DVDは2014年2月4日発売。

・Amazon.co.jp
日本版DVD『ミリオネア・オン・ザ・ラン』

・scriptvideo
韓国版DVD『500万ドルの男』(リージョン3・英語字幕つき)
【“『500万ドルの男』(2012)”の続きを読む】

『イントルーダーズ』(2011)

『イントルーダーズ』
原題:Intruders(2011)

intruders_2011_poster.jpg

 『28週後…』(2007)のフアン・カルロス・フレスナディージョ監督による、一風変わったファンタジーホラー。スペインとイギリスを舞台に、子供のイマジネーションが生んだ「怪人」(劇中の台詞では“Hollow Face”、つまりカオナシ)が、遠く離れた別々の家庭に恐怖をもたらす。「あらゆる恐怖の正体は、人間の想像力の産物である」という概念を、空想としてでなく「それは実在する」というアプローチで描いた、なかなかの野心作だ。シナリオも凝っており、カメラワークも非常に神経が細かく、フレスナディージョ監督の演出力の高さに改めて感じ入った。

 が、映画としては残念ながら失敗している。やはり舞台をふたつに分け、双方のドラマが同時進行で描かれるという構成がよくない。観客の集中度を著しく殺いでしまうし、ただでさえ曖昧でミステリアスな恐怖の対象がさらにボンヤリしてしまう結果を招いている。作り手の意図は分かるし、オチも狙いどおりに着地できているのだろうが、観ている間はどうしてももどかしさを感じて仕方なかった。

intruders_2011_silence.jpg

 いわゆるベッドの下のオバケに代表される「悪い想像」=恐怖の源泉が、時代や国境を越えたコモンセンスとして伝播し、受け継がれていく不思議さ、不気味さ。それが本作のアイディア源であり、ホラー映画としてのテーマでもあるだろう。ただ、シナリオ上のひねりを重視するあまり、もっとシンプルに描けたはずのストーリーが散漫になってしまった感は否めない。作品自体、スペインのスタッフを中心に欧州数カ国で撮ることを前提にしたプロジェクトだったようだが、もう少し別のバランスでも撮りようがあったと思う。

Intruders_2011_rain.jpg

 作品の善し悪しはともかく、前作とは異なりオリジナル要素の増した今回の映画は、グッとスパニッシュ・ホラー寄りになっていたのが面白かった。ホラーに限らずスペイン映画では、大人には見えない世界の真実、裏側を見ることができる存在として「子供」がフィーチャーされることが多い。『パンズ・ラビリンス』(2006)しかり、『永遠のこどもたち』(2008)しかり、『ブラック・ブレッド』(2010)しかり。「純粋な者」「能力者」である子供たちは、同時に「弱き者」「犠牲者」でもある。本作『イントルーダーズ』でも同様に、闇夜に潜む「悪」を抽象化・具現化する力を持ち、それゆえに闇へと引きずり込まれるものとしての子供が描かれる。さらに、その力に共鳴してしまう大人(親)が、神経症的恐怖に巻き込まれていくという趣向が新鮮だ。

intruders_2011_church.jpg

 キャスティングも含めた俳優への演出の巧さも、やはり『28週後…』同様に際立っている。この監督は、子供を描くのが本当に巧い。イギリス側のヒロイン、ミアを演じるエラ・パーネルの魅力的な表情は、本作最大の見どころと言っても過言ではない。クライヴ・オーウェンは、娘がインターネット詐欺レイプの犠牲者になる『Trust』(2010)に続き、今回も苦悩するパパを熱演。優しい父親役がすっかり板についている。しかし、バスケットボールを頭に見立てたカカシにオイルぶっかけて燃やして、それをあんな至近距離で娘と一緒に眺めるなんていう頭のおかしい行為(ていうか、ボール爆発するんじゃないの?)を平然とやるような親父なので、多分『宇宙戦争』のトム・クルーズぐらいダメな人な気がする。

intruders_2011_fire.jpg

 作品としては惜しい仕上がりながら、今後も注目していきたい監督であるという評価は揺るがなかった。ホラー映画ファンならチェックしておきたい作品である。

・Amazon.co.jp
『イントルーダーズ』Blu-rayDVD
【“『イントルーダーズ』(2011)”の続きを読む】

『暗渠』(1983)

『暗渠』(1983)
英語題:Men from the Gutter

1983_ankyo_hkdvd.jpg

 麻薬問題をテーマにした犯罪アクションスリラー『跳灰』(1976)を皮切りに、現代香港社会の病巣を鋭く抉りだし、過激なまでのバイオレンス描写に溢れた作品群を数多く生み出した「香港ニューウェーブ」。そのムーブメントの強い影響下に作られた本作『暗渠』は、のちに『RIKI-OH/力王』(1991)などを手がける奇才ラン・ナイチョイの初期作である。彼の名前は一瀬隆重プロデューサーと組んだ『孔雀王』(1988)や『帝都大戦』(1989)といった作品でも知られているだろう。老舗映画会社ショウ・ブラザーズで撮り上げた『暗渠』は、パワフルかつ切れ味鋭い語り口が魅力的なクライム・ムービーの快作だ。

1983_ankyo_arrest.jpg

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 刑務所で知り合ったクァンタイ(パークマン・ウォン)、アロン(ロン・ティンサン)、そして“脳なし”(ビリー・ロウ)の若者3人は、密売屋から拳銃を手に入れ、現金輸送車強盗を計画。誤って警官を射殺し、賭博場でもヤクザ相手にトラブルを起こしてしまった彼らに、もはや失敗は許されなかった。自分たちの居場所も未来も見つけられない香港にいるより、南の島で幸せに暮らすんだ! 3人は、クァンタイの恋人リリー(チェン・ペイシー)を運転手役に、白昼堂々カージャックに挑む。だが、その行動をキウ刑事(ミウ・キウワイ)率いる捜査班にマークされているとは知る由もなかった……。

 一方、キウ刑事はスポーツクラブで起きた暴行殺害事件の捜査にあたり、その背後に麻薬ビジネスの元締めと目されているスー社長(ウォン・ユン)が関与していると睨む。真犯人は、かつてスー社長たちに大量のヤクを盗まれ、兄貴分の命まで奪われた男ジァン(バイ・ピョウ)だった。自らも殺されかけ、命からがら逃げ出した彼は、全てに落とし前をつけるため香港に戻ってきたのだ。復讐の鬼と化したジァンは、ギャングたちの非情な追跡をくぐり抜け、犯罪の決定的証拠となるテープをエサに社長を倉庫街に呼び出す。そこには数十人もの社長の配下、そしてキウ刑事たちが待ち構えていた……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1983_ankyo_hostage.jpg

 無軌道な若者グループの犯罪計画と、怒りに燃える一匹狼の復讐劇。ふたつのドラマが同時進行で展開するので「どこかで交錯するのかな?」と思ったら、最後まで無関係だったという構成にはひっくり返らざるを得ない。が、双方とも同じくらいの比重でドラマチックに描かれるため、全体の見応えはかなりのもの。良質の社会派刑事アクションドラマを2本立てで観たような満足感というべきか。

 どちらの物語の主人公たちも社会の表通りから疎外された者であり、タイトルどおり「暗渠(地上からは見えないように覆われた地下水路)」から這い出てきたような人々だ。法の執行者たる刑事たちも彼らを必死で追いながら、彼らを犯行へと駆り立てる「本当の悪」の存在を意識せざるを得ず、常に葛藤や逡巡を覚えずにいられない。単純な勧善懲悪の図式を越えたドラマが、ずっしりとした余韻をもたらす。

1983_ankyo_escape.jpg

 とはいえ、本作最大の見どころはダイナミックなアクションシーンの数々。俳優たちの体を張ったスタント、大胆なカメラワーク、そしてシャープな編集が相まって、手に汗握る映像となっている(本作はアジア太平洋映画祭で編集賞を獲得した)。武術指導を務めたのは『カンフー・ハッスル』(2004)のユン・ワーと、ジョニー・トー作品にも数多く参加しているユン・ブンの「七小福」コンビだ。

 白昼の市街地で展開する現金輸送車襲撃シーンと銃撃戦、そして夜の倉庫街で繰り広げられる復讐者ジァンとギャングと刑事たちの攻防戦は、凄まじい見応え。クライマックス、倉庫の天井から吊り下げられた貨物を鉄球クレーンのごとく相手めがけてぶつけるというヤケクソなダイナミズムが圧巻だ。また、社長の暗殺に失敗したジァンが高層マンションの窓から逃走し、ロープを切られて落下、バイクに乗って刑事たちの追跡から逃れるという一連のアクションも大変な迫力。

1983_ankyo_blood.jpg

 俳優陣の中では、復讐に身をやつす男ジァン役のバイ・ピョウが見せる熱演が圧倒的。パンチパーマ頭にメガネにヒゲという、いわゆるカッコよさとは程遠い外見ながら、思わず男惚れせずにはいられないキャラクターを見事に演じきっている。彼が全編通して繰り広げる体当たりアクションの数々は壮絶の一言。まず、スポーツクラブで屈強な筋肉ハゲ(功夫映画ファンにはおなじみ、リー・ホイサン)にスカッシュ対決を挑み、反則連発の大乱闘の末に血祭りに上げる。高層マンションからの逃走シーンではロープ1本でベランダから脱出し、バイクで垣根を大ジャンプ。終盤では、機関銃を担いで倉庫のせまい足場を飛び回りながら、何十人ものギャングを相手に殲滅戦を繰り広げる。その人間離れした活躍ぶりには驚愕しつつ感動を禁じえない。彼の思いつめた表情には、たとえ命と引き換えになってでも本懐を遂げようとする男の執念と、深い哀愁が漂う。ホテルの鏡をパチンコで意味もなく割るシーンは、いつ溢れ出すか分からない男の激しい怒りが表れていて印象的だ。満身創痍になりながら仇を追いつめていくクライマックスでは、誰もが彼を応援してしまうだろう。

 強盗トリオのリーダーを演じるパークマン・ウォンの悲愴な表情も強く印象に残る。東南アジア系の血が入ったような顔立ちから、おそらく物心ついた時から差別を受けてきたであろうことを匂わせる秀逸なキャスティング。3人のうちではコメディリリーフ的な存在にあたる「脳なし」(なんちゅうニックネームだ)に扮するのは、『霊幻道士』シリーズでもおなじみのビリー・ロウ。へえ、こんなにピュアで瑞々しい演技もしてたんだ、と思うような好演を披露している。ドでかいメガネをかけた刑事役のミウ・キウワイも、犯人たちに比べると存在感は控えめながら、なかなかカッコイイ。

1983_ankyo_detective.jpg

 貧民街から高級レストランまで、香港の様々な表情を切り取ったロケーションも多大な効果を上げている。スモークたなびく夜の裏路地に1台のタクシーがフレームインしてくる、スコセッシ・オマージュ全開のオープニングからして雰囲気たっぷり。名キャメラマン西本正を師匠にもつ撮影部出身のラン・ナイチョイは、前作『城寨出来者』(1982)でも実際に九龍城砦でロケ撮影を敢行し、無法地帯のリアルな空気を切り取った。リアリズムと過剰な映画的表現の融合は、明らかに『CID』『ICAC』『獅子山下』などのTVドラマ、『香港極道・警察〈サツ〉』(1979)や『ミッドナイト・エンジェル/暴力の掟』(1980)といった香港ニューウェーブ作品の強い影響によるものだ。

1983_ankyo_mirror.jpg

 この時代の香港映画がもっと観たい。スタジオを飛び出して、汚濁と矛盾を抱えた社会の現実を凝視しつつ、過剰な映像表現でそれまでの映画史を更新しようとする気概と勢いに満ちた映画たち。その後、急速にフランチャイズ化されていく香港映画からは淘汰された「闇」が感じられるのがいい。

・Yesasia.com
『暗渠』DVD(香港盤・英語字幕つき・リージョン3)

【“『暗渠』(1983)”の続きを読む】
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。