Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トゥモロー・ワールド』(2006)

『トゥモロー・ワールド』
原題:Children of Men(2006)

childrenofmen01.jpg

 映画にできることって何だろう。端的に言うと、“現実にないシチュエーションを視覚化し、それを通して、社会の諸問題や世界に内在する真実をメタフォリカルに描く”ことだ。しかし、その目標を極限まで達成する作品は稀である。

 それにしても、ここ最近の実録戦記映画の濫造ぶりはどうしたことだろう? イマジネーションこそ映画の最大の武器であったはずが、いつしか“架空の設定”は真実を語る術とみなされなくなってしまった。史実に即さなくとも、過去には『まぼろしの市街戦』や『アンダーグラウンド』など、優れたアイディアの傑作はあったのに(つい最近『トンマッコルへようこそ』という発想だけは秀逸な作品があったが、演出センスが凡庸なおかげでひどく損をしていた)。

 戦場を、人類の不和を、未来への絶望を、つまり現実を描こうとしたとき、アルフォンソ・キュアロン監督は架空の世界を選んだ。そこでなら「奇跡」が起こせるからだ。そして同時に並々ならぬ努力で、その世界を「現実」として構築した。戦う術を持たない市民の視点から、いつ頭を撃ち抜かれて死ぬかもしれない戦場を、凄まじい緊張感をもって描きだした。ハンドヘルド・カメラによる映像は、圧巻の一言に尽きる。それが単なるヴィジュアル・サーカスに堕していないのは、そのテクニックが「銃を突きつけられ殺される恐怖」「戦場を逃げまどう恐怖」を描くために駆使されているからだ。技術など二の次でしかない。

 これが映画の仕事だと思う。

 また、舞台がイギリスというのも巧い。世界が破滅に瀕していても「大英帝国は不滅なり!」とか言い張っている高慢さは本作最大のギャグだ。これがそのままアメリカだと、スタジオから「洒落にならない」とストップをかけられてしまうだろうが。

 主演のクライヴ・オーウェンがいい。この人でなければ出せない諦観、ナイーヴな弱さがあってこそ、本作のドラマはリアルな実感を持ち得た。あそこまでいろいろあったにも関わらず、最後に「何て日だ(What a day.)」の一言で済ませてしまう、シニカルだが人間味のある態度を、これほど絶妙に表現できる役者はそういない。

childrenofmen02.jpg

 個人的には、マイク・ホッジス監督作品の2大スター……『ルール・オブ・デス/カジノの死角』『ブラザー・ハート』のC・オーウェンと、『狙撃者』『PULP』のマイケル・ケインが共演を果たしたという点でも見応えがあった。両者の役柄は、年齢差を越えて親友同士として付き合う、かつてのアウトサイダーたち。まるでホッジス作品のバックステージを見るような錯覚を覚えたりして、感慨深いものがあった。閑話休題。

 今の世界に伝えるべきことを真っ向から伝える。『トゥモロー・ワールド』にはその気概がある。もし映画に使命とか存在意義とかいったものがあるなら、この作品は稀有にもそこに達しているのではないか。

childrenofmen03.jpg

・Amazon.co.jp
『トゥモロー・ワールド』プレミアム・エディションDVD


監督/アルフォンソ・キュアロン
脚本/ティモシー・J・セクストン、デイヴィッド・アラタ、アルフォンソ・キュアロン、マーク・ファーガス、ホーク・オストビー
原作/P・D・ジェイムズ
撮影監督/エマニュエル・ルベツキ
プロダクションデザイン/ジェフリー・カークランド、ジム・クレイ
編集/アルフォンソ・キュアロン、アレックス・ロドリゲス
音楽/ジョン・タヴナー
出演/クライヴ・オーウェン、クレア=ホープ・アシティ、マイケル・ケイン、キウィテル・イジョフォー、パム・フェリス、ジュリアン・ムーア、ピーター・ミュラン、ワーナ・ペリーア、チャーリー・ハナン

スポンサーサイト

コメント

TBさせて頂きました

初めまして、ミハイル暁と申します。
この映画がアカデミー撮影賞を取れなかったのは、非常に残念です。あの映像は、鳥肌ものだっただけに。
それだけに、「パンズラビリンス」にもちょっと期待ではありますが。
ではまた。

  • 2007/03/04(日) 22:15:42 |
  • URL |
  • ミハイル暁 #4ph23zis
  • [ 編集]

ミハイル暁さん、はじめまして。TBありがとうございます。
『トゥモロー・ワールド』が受賞を逃したのはホントに残念でしたねー。『カーズ』も長編アニメ賞を獲れなかったり、けっこう意外でした。あと『ドリームガールズ』が編集賞にノミネートすらされなかったのはビックリです。
『パンズ・ラビリンス』には僕もちょっと期待してます。

  • 2007/03/05(月) 02:25:50 |
  • URL |
  • グランバダ #-
  • [ 編集]

何故かTBが上手くいきません

どうもミハイル暁です。
TBが何故か上手くいきません、はてさて?

『カーズ』もアニメ賞取ると思ったのですが、そんなに『ハッピーフィート』いいんでしょうかねぇ?
今回のアカデミー賞はいまいち納得出来ない感じです。
『パンズ・ラビリンス』は・・・公開いつになるのやら(苦笑)。

  • 2007/03/06(火) 23:28:08 |
  • URL |
  • ミハイル暁 #4ph23zis
  • [ 編集]

『パンズ・ラビリンス』の公開は秋だそうです。長いなあ……
ミハイルさんのブログも少しずつ読ませてもらっています。『秘密結社鷹の爪』はこないだ一般試写で観ましたが、わりかし面白かったです(画面横にずっと出てる予算残量グラフとか)。
TBはいつでもよいですよ。僕、ブログの使い方いまいちよく分かってないので……

  • 2007/03/08(木) 03:40:11 |
  • URL |
  • グランバダ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/92-3ab9bf97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。