Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?』(2005)

『ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?』
原題:Ti Piace Hitchcock?
英語題:Do You Like Hitchcock?(2005)

doyoulike.jpg

 ダリオ・アルジェント監督の新作が、12月の発売より一足先にレンタル版でお目見え。また大変なことになってなきゃいいけど、と思いながら見始めたら、そこそこ面白かった。笑っちゃうぐらいの捻りのなさもよかった。

 でもすっごい地味。『デス・サイト』(2004)よりもさらに地味。劇場映画じゃなくてTV向け作品だから尚更なのだけど(クライマックスであからさまにビデオ処理が入ったりする)。しかし個人的には、ひたすら下品に派手に徹して、作風を見失った感のある『マスターズ・オブ・ホラー/愛しのジェニファー』(2005)よりは、ずっと好感が持てた。こっちも話のシンプルさのわりに、女の裸と流血量は多めなのだけど。

 映画全体にまぶしてあるヒッチコックのパロディは別にどうでもよくて、「それほど好きじゃねえんだな」という感じ。むしろ見どころは、ここまで枯れた境地に達してもまだオリジナルな演出を試みようとしている部分。本作で言うなら、足をくじいた主人公エリオ・ジェルマーノが屈強な男に追われ、土砂降りの中を逃げていく場面がちょっと凄い。苦痛に泣き叫びながら、なかなかエンジンのかからないスクーターで雨の中をノロノロと進み、途中ですっ転んだりする。追跡者の方もゼーハー言ってて全然追いつかない。それを延々と映し出すしつこさがアルジェントらしい。ちょっと類を見ないサスペンスだと思った。


監督/ダリオ・アルジェント
製作/ファブリツィオ・ザッピ
製作総指揮/クラウディオ・アルジェント
脚本/ダリオ・アルジェント、フランコ・フェリーニ
撮影/フレデリック・ファサーノ
音楽/ピノ・ドナッジオ
出演/エリオ・ジェルマーノ、キアラ・コンティ、エリザベッタ・ロケッティ、クリスティーナ・ブロンド、イバン・モラレス

・Amazon.co.jp
『DO YOU LIKE HITCHCOOK? ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?』DVD
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/88-66d4a4c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。