Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブラック・ダリア』(2006)

『ブラック・ダリア』
原題:Black Dahlia(2006)

bd_poster.jpg

 傑作。映像の質感、語り口の鮮やかさが何しろ素晴らしい。ブライアン・デ・パルマ流のノワール作法にひたすら胸打たれた。『L.A.コンフィデンシャル』(1997)にはついぞ見られなかった“品”が、画面に満ち溢れている。

 デ・パルマによる美しきクラシックへの堂々たる回帰。今、これほど流行りの撮影・編集テクニックに毒されていない映画を探すのは難しいだろう(スピルバーグやスコセッシだって自分の作りだした新技法に酔いっぱなしだ)。これまでは主にサスペンス/スリラーへ傾倒してきた監督が初めて見せたノワールへの愛は、こちらの想像以上に深く、完璧だった。撮影監督ヴィルモス・ジグモンドによる、シックな艶を湛えた映像が絶大な効果を上げている。デジタル処理による色彩調整の賜物だそうだ。「技術は表現のためにある」という言葉の意味がちゃんと分かっている仕事である。

 主人公のボイスオーバーを軸としたスピーディーな筋運びも素晴らしい。特に前半は、まさにエルロイ文体よろしく突進する勢いでキャラクター配置が語られ、一瞬たりともテンションが落ちない。むしろサービス的に“デ・パルマ演出”を披露する中盤のクライマックスで停滞が感じられるほどだ。その語り口の手際よさは、アーロン・エッカート演じる刑事ブライチャードのキャラクターをも物語から振り落としてしまうが、語り部たる若き刑事バッキーを演じるジョシュ・ハートネットの魅力が、それを補って余りある。こいつがこれほど映画スターとして屹立した作品は今まで無かった。ボイスオーバーが巧い役者はそれだけで信頼できる。

▼“ブラック・ダリア”を演じるミア・カーシュナー
kirshner_black_dahlia.jpg

 その他の役者陣の中では、やはりミア・カーシュナー扮するエリザベス・ショートの存在感に尽きる。死体、そしてフィルムというかたちでしか彼女は登場しないわけだが、このスクリーンテストフィルムから発散する香気が(前提として漂う、死の腐臭とも相まって)あまりに壮絶なのだ。最初はいかにも面倒くさそうに、やがて鼻息荒くハリウッドの重役を画面外で演じているのは、監督のデ・パルマ自身であり、ほとんど2人の即興によってこの場面は撮影されたという。据え置きのカメラが監督の欲情をむき出しで伝えるかのようであり、まさに門外不出のプライベート・フィルムの趣。監督×女優の関係をこれほど濃密に煮詰めたデ・パルマ・フィルムが存在しただろうか、と思えるくらいの映像になっているのだ。カーシュナーにとっても、制服ストリッパーを演じたセラピー映画の傑作『エキゾチカ』(1994)と並ぶ代表作になったのではあるまいか。また彼女は、ヒットシリーズ『24 twenty four』でもテロリスト役として登場しており、L.A.破壊(神話と街と)に一役買っている。

▼若い頃のモデル写真がこんなんばっか、というのもエリザベス・ショートっぽい
miakirshner.jpg

mk_012.jpg

 フィオナ・ショウのトチ狂った演技もグレイト。彼女の出演作の中では『ブッチャー・ボーイ』(1998)と並んでいい。k.d.ラングの出演シーンも笑ったが、選曲はもう少し泥臭いものにしてほしかった。

 過去のデ・パルマ作品に比べると見せ場が少ないとか地味といった評価も多いが、仕上がりを観れば遥かに成熟していることは一目瞭然だ。様々に制約のある状況で一点豪華主義的にクライマックスだけに力を注ぐより、映画全体を底上げしたのだと見る方が正しい。言うなれば全編にデ・パルマ監督の成熟した美学が行き届いた作品なのだ。こんな贅沢なことはない。

 ブラック・ダリア嬢の切り裂かれた口許を借りて「もう巨匠と呼んでくれてもいいよ」と微笑んでいるような作品であり、デ・パルマをまだヤンチャ坊主か何かと思っている人々に対するお別れのようにも見える傑作。


監督/ブライアン・デ・パルマ
原作/ジェームズ・エルロイ
製作/ルディ・コーエン、モシュ・ディアマント、アート・リンソン
製作総指揮/ロルフ・ディール、ダニー・ディムボート、ジェームズ・B・ハリス、ヘンリク・ヒュイッツ、ジョセフ・ローテンシュレイガー、アヴィ・ラーナー、トレヴァー・ショート、アンドレアス・ティースマイヤー、ジョン・トンプソン
脚本/ジョシュ・フリードマン
撮影/ヴィルモス・ジグモンド
美術/ダンテ・フェレッティ
衣装/ジェニー・ビーヴァン
編集/ビル・パンコウ
音楽/マーク・アイシャム
出演/ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン 、ヒラリー・スワンク、ミア・カーシュナー、リチャード・ブレイク、マイク・スター、フィオナ・ショウ、クローディア・カッツ、パトリック・フィスクラー、マイケル・P・フラニガン、ローズ・マッゴーワン

・Amazon.co.jp
『ブラック・ダリア』コレクターズ・エディション 2枚組DVD

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/85-b5b6ec3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。