Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『彼奴を逃すな』(1956)

『彼奴を逃すな』(1956)

kyatsu.jpg

〈おはなし〉
 藤崎哲夫(木村功)はラジオの修理屋をしている平凡な男。小さな洋裁店を営む妻の君子(津島恵子)とふたり、慎ましく暮らしていた。ある夜、彼は店の前に立つ怪しい人影を見かける。翌日の新聞で、藤崎はそれが向かいに店を構える不動産屋を殺した男だと知った。

 事件の裏には、巨大な犯罪組織が絡んでいた。証言すればただでは済まない。犯人からの脅迫状を受け取り、青ざめる藤崎。来年には子供も生まれるというのに、家族を危険にさらすわけにいくものか。しかし、事件を捜査する永沢警部(志村喬)たちは、藤崎夫妻から証言を引き出そうとしつこく食い下がる。

 そんな時、身近に2人目の犠牲者が……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 鈴木英夫監督の代表作の1本。たまたま犯罪に巻き込まれてしまった小市民の味わう恐怖を、緊迫感みなぎるサスペンス演出で描きのめした傑作。

 木村功と津島恵子が演じる若い夫婦の描き方が、とてもいい。肩を寄せ合って生きる市井の人の生活感が滲み出ていて、かといって過度に感傷的にはならず、あくまで硬質なシャープさを保ってドラマが進行する。その抑制の加減が心地好い。

 ロケーションも含め、鈴木監督のスタイリッシュな映像センスは本作でも随所に光っている。アメリカの都会派サスペンス映画を思わせるクレーンやドリーショットも多く登場。極めて完成度の高いタイトな演出は、どこか黒澤明っぽくもある。

 音楽は芥川也寸志。先日観た『脱獄囚』(1957)では電子オルガンをフィーチャーしていたが、こちらはハープシコード。ザランザランという不吉な音色で、巧みにサスペンスを盛り上げている。音楽以外にも、貨物列車の通過音やラジオの雑音、チンドン屋の演奏や坊さんの団扇太鼓など、音でスリルを増長させていく演出も見どころだ。


製作/宇佐美仁
監督/鈴木英夫
脚本/村田武雄、鈴木英夫
撮影/三浦光雄
音楽/芥川也寸志
美術/小川一男
照明/石川緑郎
出演/木村功、津島恵子、志村喬、沢村宗之助、土屋嘉男、佐田豊、東郷晴子、沢村い紀雄、堺左千夫、宮口精二

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/61-b438f5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。