Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マッチポイント』(2005)

『マッチポイント』
原題:Match Point(2005)

matchpoint.jpg

 ウディ・アレンが裏方に徹した久々の快作。ストーリーテリングの巧さがとにかく圧倒的で、到底2時間強もある映画とは思えない。初の全編イギリス・ロケも効果を上げている(いわゆるお行儀のいいロンドンしか出てこないが)。等身大の主人公をシンプルに演じた、ジョナサン・リス・マイヤーズの好演に因るところも大きい。

 しかし何より感動的なのは、ヒロインのスカーレット・ヨハンソンを色情的に見つめる監督の視線の火照り。彼女を捉えるカメラは常に紅潮し、そのベタ惚れぶりを惜しげもなく観客に伝播させる。さらに後半では「キレる女優」の恐ろしさをリアリティたっぷりに演じさせ(笑)、なるほどこれは地元ニューヨークでは恐くて撮れない内容だなあと思った。

 ブラックな笑いがじわじわと滲み出てくる後半も面白いが、タイトにまとめ損ねた感はある。終盤、刑事が推理を働かせるあたりの台詞の処理が、もっとスマートであればなお完璧だった。やや間の抜けた刑事コンビを演じるのは、『ブラディ・サンデー』(2002)のジェームズ・ネズビットと、『トレインスポッティング』(1996)のユアン・ブレムナー。

james_nesbitt.jpg



監督・脚本/ウディ・アレン
製作総指揮/スティーヴン・テネンバウム
撮影/レミ・アデファラシン
プロダクションデザイン/ジム・クレイ
衣装デザイン/ジル・テイラー
編集/アリサ・レプセルター
出演/ジョナサン・リス・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン、エミリー・モーティマー、マシュー・グード、ブライアン・コックス、ペネロープ・ウィルトン、マーガレット・ティザック

・Amazon.co.jp
『マッチポイント』DVD
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/60-59d678e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。