Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホワイト・アイズ/隠れた狂気』(1987)

『ホワイト・アイズ/隠れた狂気』
原題:White of the Eye(1987)

white_video.jpg

〈おはなし〉
 ボーイフレンドと大陸横断の旅を続けていたジョーン(キャシー・モリアーティ)は、アリゾナ州のとある田舎町に立ち寄る。そこでインディアンの血をひく青年ポール(デイヴィッド・キース)と出会い、彼の不思議な魅力の虜となった彼女は、恋人と別れてこの地にとどまることに……

 10年後。ジョーンはポールと結婚し、娘と3人で平和な日々を送っていた。ポールは優れた音感と手先の器用さを活かし、今はオーディオ修理工を営んでいる。ジョーンは慎ましい幸福を享受しながらも、夫の持つ奇妙なカリスマ性ゆえに、ひそかに彼の浮気を疑っていた。

 そんな時、近くの町に暮らす裕福な白人女性が、自宅で残虐に殺される事件が発生。さながら「血のアート」のような現場には、インディアンの古い方位図が残されていた。参考人として刑事から事情聴取を受けるポール。しかし、変わり者ではあるが実直な彼を、疑う者は少なかった。

 ジョーンはある日、ガソリンスタンドで元恋人のマイク(アラン・ローゼンバーグ)と思いがけず再会。10年前に別れ、ニューヨークへ旅立ったはずの彼は、なぜかこの町に戻ってきていた。すっかり変わってしまった彼の姿に、驚きを隠せないジョーン。その頃、第2の殺人が起こる……。

whiteoftheeye.jpg

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 狂気にとり憑かれた男と、その妻に降りかかる恐怖を描いたサイコスリラー。といっても監督が『パフォーマンス』(1970)の奇才ドナルド・キャメルなので、一筋縄ではいかないエキセントリックな怪作に仕上がっている。

 いかにも異邦人らしい視点で捉えられた、アメリカ南西部のランドスケープ……アリゾナの広大な大自然、景観と不釣り合いなモダン建築、スモールタウン、廃坑などが、この異様なドラマの舞台だ。全編に漂うスピリチュアルなムード、独特のトリップ感に満ちた編集は、サスペンス以上にシュールな感覚をもたらす。語り口がひたすら流麗であるだけに、なおさらタガが外れて見える。『ツイン・ピークス』(1990)との相似性も気になるところだ。

 ストーリーの核となる連続殺人の動機も、一風変わっている。殺しは彼にとって、自然や宇宙と感応した結果の行為なのだ。個人のトラウマや性的欲求、または堕落への制裁といった「人間主体」の思考ではない。デイヴィッド・キースがこの怪人物をエキセントリックに演じており、終盤で魅せる奇怪なビジュアルには唖然とさせられる(ネイティヴ・アメリカンとはまったく関係ない)。彼が唐突にホーミーを奏でる場面では、思わずイエジー・スコリモフスキー監督の『ザ・シャウト/さまよえる幻響』(1978)を思い出してしまった。映画自体の音響デザインも、狂気を誘発する作りになっている。

 やや詰め込みすぎて消化不良の感は否めないが、野心的なパワーは随所に感じられる。壮絶なクライマックスの空撮ショットにも、言いようのない感動を覚えてしまうはずだ。

 耽美的で暴力的。チープに陥ることにも臆しない、過剰なスタイル主義。ドナルド・キャメルの映画には、ニコラス・ローグやケン・ラッセルでも踏み込めない狂気が確かに存在する。そこが最後まで一般受けしなかった理由でもあるけれど……

 キャメルが映画監督として生涯に残した長編作品は、たった4本。最後の監督作『ワイルド・サイド』(1996)の編集権をプロデューサーに取り上げられた直後、銃で頭を撃って自殺した。すぐには死なないよう、上あごから垂直に脳天をぶち抜き、妻の用意した鏡で自分を見ながら小一時間かけて死んだという。



監督/ドナルド・キャメル
原作/マーガレット・トレイシー「切り裂き魔の森」
脚本/チャイナ・キャメル、ドナルド・キャメル
撮影/ラリー・マッコンキー
編集/テリー・ローリングス
音楽/リック・フェン、ニック・メイソン
音楽スーパーバイザー/ジョージ・フェントン
出演/デイヴィッド・キース、キャシー・モリアーティ、アラン・ローゼンバーグ、アルバータ・ワトソン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/59-5770d2cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。