FC2ブログ

Simply Dead

映画の感想文。

ディテール・オブ・『死霊の罠』

『死霊の罠』ブルーレイ化クラウドファンディング
勝手に応援企画その3
ディテール・オブ・『死霊の罠』

EDT_usdvdjacket.jpeg
▲米シナプス社から発売された『死霊の罠』DVD

 やはり『死霊の罠』はどう考えても素晴らしい映画だ。『別冊映画秘宝 怖い、映画』では加藤よしき氏に渾身のレビューを書いてもらったし、自分でも『映画秘宝』本誌のカリコレ2019特集で紹介文を書いたりしたが、まだ書き足りない。思う存分、字数を気にせず、その魅力を書き尽くしてみたい。今回のクラウドファンディングに乗じて、その欲望を叶えることにした(身勝手)。

 2000年11月に米シナプス社から発売された『死霊の罠』DVDに収録された、池田敏春監督と特殊メイクの若狭新一氏によるオーディオコメンタリー(ただし英語吹替)は、ファン垂涎の貴重な情報が満載だ。それをもとに、記録を担当された白鳥あかねさんの名著『スクリプターはストリッパーではありません』、雑誌『映画芸術』池田敏春監督追悼特集なども参考にして、改めて『死霊の罠』という作品が持つディテールの面白さを書き連ねてみたい。

【注:映画終盤の展開まで触れているので、未見の方はご注意ください!】

EDT_waniwani.jpg

 いきなりエンドクレジットの話になるが、毎回観るたびに「協力/熱川バナナ・ワニ園」と出てきて「!?」となる。映画の冒頭、深夜番組のレポーター・名美(小野みゆき)がワニの捕食シーンを間近に見て「ひ!」と驚愕の表情を浮かべるシーンの撮影に協力したのが、おそらく熱川バナナワニ園。本編が強烈すぎて冒頭のことなど忘れてしまうから、いつも無駄に驚いてしまう。

 さて、物語の発端となるスナッフビデオは、脚本の石井隆のアイデアだそうだ。80年代当時におけるもっとも禍々しいホラーアイテムとして、みごとに「厭な感じ」を醸し出している。このスナッフビデオで最初の犠牲者を演じているのが、橋本杏子。80~90年代にかけて数多くのピンク映画・アダルトビデオに出演した人気女優だ(一時引退後、2002年に復帰)。1988年には深町章監督の新東宝作品に何本も主演し、金子修介監督の『ラスト・キャバレー』にも出演している。

EDT_eyeball.jpg

 カメラに据え付けられたナイフが女の眼球を突き刺す変態的ショットは、『血を吸うカメラ』(60年)か『アンダルシアの犬』(28年)、はたまた『サンゲリア』(79年)を想起させるが、この刃先がさらに上に向かい、瞼まで切り裂いていくしつこさと芸の細かさが素晴らしい。特殊メイク担当、若狭新一の技が光る。

 石井隆といえば「堕ちていく女」名美と「惚れた女を救えない男」村木の物語を描き続ける情念の作家として知られているが、ホラー要素の強い作品も多い。劇画における石井ホラーの代表作は、ごく普通のサラリーマンが連続殺人を繰り返す姿を描いた『魔樂』(86~87年連載)だろう。ここでもビデオが禍々しいアイテムとして登場する。映画でも監督デビュー作『天使のはらわた 赤い眩暈』(88年)をはじめ『ヌードの夜』(93年)や『GONIN 2』(96年)でも執拗にホラータッチの悪夢シーンを描き続けているし、『GONIN』(95 年)での竹中直人演じるマイホーム・パパのエピソードは完全にサイコホラーだ。『フリーズ・ミー』(00年)や『人が人を愛することのどうしようもなさ』(07年)の狂気のなかで解放されていく女性像も忘れがたい。即物的恐怖に振りきった『死霊の罠』は、映画においては最もハッキリと石井隆のダークサイドが露わになった貴重な一作といえよう。

 何者かの送ってきたビデオを観た名美が、取材に行かせてくれと懇願するTVプロデューサーを演じるのは、島田紳助。彼の主演作『ガキ帝国』(81年)の監督である井筒和幸のツテで特別出演してもらったそうだ。当時は大変な人気者だったので、ギャラは高かったという(池田発言)。

EDT_girls-room.jpg

 名美はビデオの映像を手がかりに、殺人現場と思しき廃墟への突撃取材を決意。その道連れとなるのが女所帯の番組制作チームという設定が面白い。姉御肌の名美をリーダーに、おっとりしていて男に振り回されがちなスタイリストの麗(小林ひとみ)、天然キャラでムードメイカーの理江(中川えり子)、そしてクールな構成作家の雅子(桂木文)という顔ぶれ。もちろんホラー映画の法則として美女たちを血祭りに上げるための設定でもあるが、きちんと彼女たちを「男どもに負けず、しっかり業界の第一線で働く女性たち」として描いているのがいい。仕事ができる女性をまったく描くつもりがない『ダンスウィズミー』(19年)みたいな映画とは志が違う。ドライバーとして強引に同伴させられる唯一の男、ADの近藤(『天使のはらわた 赤い淫画』で村木を演じた阿部雅彦)がとことん軽薄で頼りない役立たずでしかないところにも、時代性を反映したジャンルムービーを作ろうという監督の明確な意志を感じる。

 小野みゆきの衣装は、彼女が自前で用意したもの。小林ひとみも自分で服を選んできたが、監督から「お稚児さんみたい」とNGが出たため、記録助手の鶴田しのぶの服装を真似たという。

EDT_CD_03.jpg

 主な舞台となる廃墟のロケ地として選ばれたのは、朝霞のキャンプ・ドレイク跡地。池田監督でさえ「夜になると本当に怖かった」ともらすような場所で、スタッフは連日寝泊まりし、美術に使えそうなガラクタを探し求めて敷地内を歩き回り、朝9時から深夜3時まで続く撮影に耐えた。しかも「撮影現場で笑った者は即刻クビ」という厳しさ。スケジュールはどんどん延び、気温も下がっていく。当然のごとく脱落者も続出し、撮影も終盤になるとスタッフの人数がガタ減りしていたという。

 撮影をつとめたのは田村正毅。もともとはドキュメンタリー出身だが、本作ではアルジェントの『シャドー』(82年)を思わせるクレーンショットや、360度ドリーショット、「めまい」ショットなど、池田監督の要求に応えて過剰なまでにスタイリッシュなカメラワークの数々に挑んでいる。黄色や青といったキーカラーの表現もみごとだ。また、本作では低予算のため35ミリではなく、16ミリフィルムの音声トラック部分まで映像記録用に使いきる「スーパー16」方式を採用。35ミリカメラに比べて機動性がきくという利点があり、ややノイジーな映像の質感も、結果的に作品のムード作りに大いに貢献している。

EDT_death-of-rei.jpg

 そして、ついに犠牲者が出る。小林ひとみが床や壁から飛び出した鉄杭によって串刺しになる強烈な殺害シーンは、なんと池田監督が演出していないのだという。スケジュールの都合で仕掛けの多い場面はB班に任されることになり、このシーンもそのひとつだったとか。B班監督の堀内靖博も池田監督と同じく日活出身で、のちに『8マン すべての寂しい夜のために』(92年)などを監督。撮影は、石井聰亙監督や阪本順治監督とのコンビで知られる笠松則通がつとめた。

 リトル・ペンタゴンの建物内に入っていった名美たちは、カメラのフラッシュを焚いて真っ暗な建物のなかを照らしながら前進する。これはロケハンに来たとき、あまりに建物の内部が暗いため、池田監督たちが実際にやったことだそうだ。そして、その場で作中に取り入れようと思いついたのだという。

EDT_CD_009.jpg

 4人の前に、吊り下げられた小林ひとみの死体が廊下の奥からゴーッと近づいてくるシーンは、黒沢清監督の『CURE』(97年)終盤のワンシーンを思い出させる。本作のプロデューサーをつとめた神野智と、製作担当の下田淳行が、のちにツインズジャパンで『CURE』を含む黒沢清作品を数多く制作することを思うと、なんとなく“原点”めいたものも感じさせる名場面である。

 ショックで悲鳴を上げ、散り散りになって逃げだしてしまう4人。中川えり子は広大な廃墟を本気でダッシュし、膝がしらに本物のあざを作りながら熱演。桂木文も同様に、埃まみれで廃墟内を駆けずり、転げまわった。女優陣の頑張りは池田監督を感心させたという。

EDT_shimizu.jpg

 謎の殺人者に監禁され、自由と引き換えに中川えり子をレイプする男を演じたのは、清水宏。『人魚伝説』(84年)では白都真理にメッタ刺しにされるヤクザ、『湯殿山麓呪い村』(84年)では無理やり即身仏にさせられる破戒僧などを演じ、その後も池田作品に出演し続けた名バイプレイヤーだ。本作では文字どおりの汚れ役で、『フェノミナ』(84年)チックな死にざまも見せてくれる。

 見知らぬ男に犯されたあげく、ワイヤーで首を絞められ、ワゴン車の屋根から脳天落としされて絶命するという、実に踏んだり蹴ったりな死にざまを見せる中川えり子。ここで、清水宏の口から溢れた血を顔面に浴び、目の周りに深紅の隈取りを施したようなビジュアルになるのが、とてもいい。これは桂木文の絶命シーンにもつながるイメージなので、池田監督が意図的に「血を目に落とせ」と指示したのかもしれない。

▼理枝(中川えり子/上)と雅子(桂木文/下)の死にざま
EDT_death-of-eri.jpg
EDT_death-of-masako.jpg

 桂木文が殺されるシーンでは、監督の要望で歌舞伎のような白塗りメイクが施された。実際には歌舞伎というより就寝前のOLの顔面パックみたいだが、頭上からスイングしてきたナタが彼女の横顔に叩き込まれ、両目が充血し、顔半分が鮮血に染められた瞬間、監督の意図した歌舞伎メイクが完成するわけだ。このシーンでは瞬間的にアプライエンス・マスクが使われているそうで、オーディオコメンタリーでの監督と若狭新一の会話が面白い(英語吹替なのでニュアンスの正確性は微妙)。

若狭「あんなに苦労して作ったマスクなのに、たった3コマぐらいしか映ってないじゃないの!」
池田「どんなに短くても、映画にとっては絶対に必要で大事なカットなんだってば! それに、観客にはそこだけ生身じゃないダミーを使ってるってバレてほしくなかったんだ。観客は敏感だからさ、そのギリギリの線を考えるとあの尺がベストだった。でも、いい出来だったよ」

 ちなみに、同年ビデオ・LDが発売された桂木文のプロモーションビデオ『愛しい人』は、ディレカン所属の相米慎二が監督している。池田組でひどい目に遭わせたことのお返しだろうか?

EDT_daisuke.jpg

 これ以降、映画の登場人物は名美と、廃墟をうろつく謎の男・大輔の2人きりになる。大輔役の本間優二は、元ブラックエンペラーの名誉総長。ドキュメンタリー『ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR』(76年)で出会った柳町光男監督に抜擢されて『十九歳の地図』(79年)で俳優デビューし、10年間活動したのちに俳優業を引退。『死霊の罠』はその少し前の出演作であり、まぎれもなく代表作の1本だ。その不良性とねじれた色気が、観る者を巧みにミスリードする。(本人は苛酷な撮影にも決して音を上げず、近くのコンビニで買ったものを差し入れてくれたりするナイスガイだったそうな)

 米国盤DVDのオーディオコメンタリーによれば、最初の脚本(実際には完成稿のことらしい)では、ラストに明かされるシリアルキラーの正体は中学生の少年だったという。いま思えば、まるで1997年の酒鬼薔薇事件を予見するような内容である。しかし、さすがに問題があるとの監督判断でその案は却下となり、『悪魔のシスター』(73年)や『バスケット・ケース』(82年)を思わせる現在のかたちとなった。また、大輔が雪駄をはいているという設定に関しても、池田監督と石井隆は衝突。いろいろあって石井は企画から降り◆「降りたという事実はなく、準備稿、決定稿も石井隆氏によるものである」と、ご指摘を受けました。謹んでお詫び申し上げます。◆、脚本の後半部分は池田監督がリライトしたそうだ(あくまで池田監督の言。米国盤DVDのオーディオコメンタリーの英訳が、微妙なニュアンスを取りこぼしたのかもしれない)。◆ラストの展開については「準備稿と完成稿ではたしかに内容が異なっており、出来上がった映画では、準備稿でもともと書かれていた胎児のヒデキが登場するラストが復活した」のだそうです(追記:2019.9.29)◆

EDT_setta.jpg

 大輔のはいている雪駄は、最初の名美との会話シーンで、彼がやくざ者であると観客に思わせるための小道具となる(「ここんとこずっとテレビのないところにいたもんでな」というセリフから想像できるのは、刑務所か、あるいは閉鎖病棟である)。中盤、彼が階段で名美と会話しながら、ずっと足元で雪駄をもてあそんでピタピタ音を出し続け、名美に「やめて、それ!」と怒鳴られるシーンがある。池田監督曰く、ここで彼の子供っぽさを出したかったのだそうだ。

 大輔が初めて弟のヒデキについて言及すると、スキットルがひとりでに階段を転げ落ちて、大輔が拾いに行く。「ヒデキか? いいかげんにしろよな」。このとき、名美の視点から(つまり階段の上から)、しゃがんでスキットルを拾う大輔の姿が映る。あの長身痩躯の本間優二が、一瞬、子供に見えるのだ。このカットは何度観ても怖い。吉良知彦による音楽が入るタイミングも絶妙だ。

 地下のトンネルを2人で歩くシーンで、大輔は「訪ねていけば抱かせてくれるのか? こりゃいいこと聞いた」と名美に対して軽口を叩く。その場違いな発言などから、だんだんと、見た目はアウトロー風の大輔もまた「子供」であることがわかってくる。そして次の瞬間、彼は胸を押さえて苦しみだす……嫉妬したヒデキが怒っているのだ。ちなみに、このトンネルの場面はキャンプ・ドレイクではなく、戸田競艇場の地下で撮ったのだそうだ。

EDT_mother.jpg

 大輔とヒデキは、池田監督が好んで描き続けた人間の「二面性」を体現するキャラクターだ。彼らは『スプリット』(17年)に登場する多重人格者のように見えて、実は『トータル・リコール』(90年)のクアトーのように「1人かと思いきや2人いる」具体の持ち主でもある。ちょっとトマス・トライオンの小説『悪を呼ぶ少年』や、スティーヴン・キングの『ダーク・ハーフ』のプロローグも連想させるキャラクターだ。ライターの熱さを感じないという演出は、大輔の肉体と魂が完全に分離しているようにも思えて、やはり秀逸である(しかし、実際持っていた本間優二にしてみれば、泣くほど熱かったらしい)。

 終盤のシーンでは、兄弟の人格が同時に現れ、会話までしてのける。ヒデキの声を演じるのは『鉄腕アトム』のアトム役でおなじみの……というより、ここは『妖怪人間ベム』のベロ役でおなじみと言いたい、清水マリ。その無邪気な声の醸し出す禍々しさは忘れがたい。画の生々しさゆえに、人工的なアニメ声と芝居が異化効果を生み、えもいわれぬ気色悪さを感じさせるという点では、今敏監督の『PERFECT BLUE』(98年)も思い出す。

hasamiotoko_JPposter.jpg
▲『死霊の罠』と併せて観たい『ハサミ男』

 いわゆる多重人格の症状として、複数の人格が同時に現れることはまずない。むしろそれは「妄想人格」といったほうが正しい……というのは殊能将之の傑作ミステリ『ハサミ男』に書かれた蘊蓄の受け売りだが、この小説を池田監督が映画化した『ハサミ男』(04年)の主人公である「彼女と彼」こそ、池田監督の終生のテーマ「二面性」の総決算というべきキャラクターである。そしてもちろん、『死霊の罠』の大輔とヒデキに直結するキャラクターでもある。何しろ本作で大輔とヒデキの母親の声を演じた二木てるみが、15年後の『ハサミ男』でも、やはり「彼ら」の母親役として登場するのだから。

EDT_crying.jpg

 一度は脱出しながらも戦う決意をする名美。泣きべそをかきながら、髪を結び、懐中電灯と拳銃を手にして、廃墟に戻っていく姿が「ザ・戦うヒロイン」という感じで実にカッコいい(車にあった飲みかけの缶コーヒーを飲んでいくディテールにもグッとくる)。ここでの彼女の覚悟に感動した身からすると、ラストの展開はやっぱりやりきれない。その無念さが、繰り返し観てしまう理由なのかもしれない。

 名美がトンネルを抜け、殺人者の部屋に辿り着くクライマックスで、作品の禍々しさはピークに達する。広々とした病院のベッドルームめいた大部屋は、オレンジ寄りの黄色に染め上げられている。黄色は「人間の注意力を喚起し、不安を誘う色」として、池田監督が本作の随所にちりばめたキーカラーだ。ベッドの背にある壁には人体解剖図が描かれ、柱の周りには木の根のようにコードが垂れ下がっている。監督曰く『エイリアン』(79年)のH・R・ギーガーによる美術を意識したそうだ(確かに、冷や汗まみれの小野みゆきが地下通路から顔だけのぞかせて、部屋の様子を眺めるカットは『エイリアン』終盤のワンシーンそっくり)。低予算映画の美術としてはハードルの高すぎる注文だが、その出来栄えは素晴らしい。

▼圧巻としか言いようのないクライマックス
EDT_murderer_room.jpg
EDT_fire.jpg
EDT_raining.jpg
EDT_hideki-outs.jpg
EDT_black-and-white.jpg

 ヒデキの念動力によって部屋じゅうから爆炎が上がり、スプリンクラーの豪雨が降り注ぐ。室内での爆破撮影はとても危険だが、この映画では出演者の至近距離で20発ぐらい爆発している。しかも部屋全体が水浸しで、凍えるほど寒かったという(実際、撃たれた本間優二の息が白い)。こういう仕掛けの多い、しかも危険性の高い撮影の場合、通常は絵コンテを用意して計画的に撮っていくものだ。しかし、池田監督はコンテなしでひたすら直感的に撮り続け、自分でもどう繋がるのかわからない状態だったという。

 大輔の体を破ってヒデキの“本体”が姿を現すシーンは、低予算映画とは思えない特殊メイク&造型のクオリティも相まって、忘れがたいインパクトを与える。はっきりとしたフォルムを把握できない造型なのもいい。池田監督のイメージでは、ヒデキの造型は絶対に幼児である必要があった。幼い子供の純粋さが生むネガティブな感情……嫉妬心、身勝手さ、残酷性が、彼を殺しに駆り立てるからだ。「映画だからこそ、現実にはありえないものを観客に見せることができる。現実にいる殺人鬼と被害者しか出てこない、普通のホラー映画を撮るつもりはなかった」……これもオーディオコメンタリーでの池田監督の発言である。

 名美とヒデキが死闘を繰り広げるくだりは、もはや大友克洋マンガのサイキックバトルに近い迫力である(コマ撮り・モノクロ・ハイコントラストのヒデキの主観ショットは何度観てもカッコいい)。そして、大輔は最後の力を振り絞り、暴走した弟と心中する。燃え尽き、焼けただれた本間優二のメイクは、朝6時から6時間かけて完成したという。本当にもったいないぐらい出番は短いが、どこか怪人感の漂う『墓地裏の家』(81年)タッチの造型がすばらしい。

EDT_detective.jpg

 病院のベッドで目覚めた名美が出会う中年刑事を演じたのは、ベテラン名脇役の三谷昇。「観客に安心感を与え、現実に帰還させる役割にぴったり」という意図のキャスティングだという。もしかしたら池田監督の『湯殿山麓呪い村』(84年)で三谷が演じた刑事とも、同一人物なのかもしれない。

 仕事に復帰した名美の体に異変が起きる衝撃的なラストシーンは、『ハウリング』(81年)や『悪魔の受胎』(79年)といったジャンルムービーではお約束の、歴代「厭なラスト」にのっとった展開といえる。同時に、このシーンは池田監督が見た悪夢を下敷きにしているという。オーディオコメンタリーでの監督の言によると「夢のなかでは、最後に女の目がぐるっと反転して白目になったので、女優にも頼んだら無理といわれた。だからフィルムの裏焼き処理で近いイメージを表現した」とのこと。

EDT_birth.jpg

 凄惨というほかないヒデキの“再誕”シーンでも、特撮と特殊メイクがみごとな効果を上げている。カリコレ2019での『死霊の罠』上映後トークでゲストの若狭新一氏が語っていたが、この場面も相当な苦労の賜物らしい。ヒデキが「ママ~」と言う口元のアップは監督の容赦ないリテイクを食らい、撮影が終わってキャストのアフレコ収録をしているとき、その裏でヒデキの頭部を作り直して再撮したのだという……壮絶!

 しかし、そんな池田監督の妥協なきこだわりが、本作をいまだに古びない作品にしているのは間違いない。だからこそ、これからも長く残るかたちで残さなければならないのだ。品行方正な名作ばかりが「映画遺産」ではない。血まみれの俗悪な夢に懸けたプロフェッショナルたちの情熱を、我々は忘れてはならない。

●クラウドファンディング・サイト
MOTION GALLERY
「邦画スプラッター・ホラーの傑作
『死霊の罠』『死霊の罠2 ヒデキ』のブルーレイ化を実現させよう!」
https://motion-gallery.net/projects/cinema_donuts-001

『死霊の罠』エンドロール

キャスト/小野みゆき、桂木文、小林ひとみ、中川えり子、阿部雅彦、清水宏、橋本杏子、前原祐子、須和野裕子、清水マリ、三谷昇、二木てるみ(母の声)、島田紳助、本間優二

製作/升水惟雄
企画/渡辺敦
プロデューサー/神野智、大塚未知雄
脚本/石井隆
撮影/田村正毅
照明/三好和宏
特殊メイク/若狭新一
操演特殊効果/岸浦秀一
美術/丸尾知行、林田裕至
編集/川島章正
記録/白鳥あかね
整音/山本逸美
助監督/渡辺容大
ビデオ撮影/清水博志
視覚効果/伊藤高志
監督助手/監物英一、早川喜貴
撮影助手/伊藤栄美、茂呂高志、土屋武史
特機/芳賀真人
照明助手/市川元一、池田義郎、金子浩治、立石和彦、宮坂斉志、三上誠司
装飾/足立茂
美術助手/三宅喜郎、西本太郎、大沼武、影山拓、村山誠二、須坂文昭、林谷和志
ヘアメイク/金森恵
特殊メイク助手/甲斐三幸、真鼻宏行
特殊操演効果助手/小野瀬幸一、米倉裕二
ネガ編集/渡辺明子
編集助手/太田義則
選曲/関谷行雄
音響効果/柴崎憲治、佐々木英世
記録助手/鶴田しのぶ
企画助手/室賀厚、伊藤直克、森田登、乗田豊、斉藤雅弘
スタント/深作覚、二家本辰己
製作主任/久家豊
製作進行/武井豊、井上陽一
製作担当/下田淳行

〈B班撮影〉
監督/堀内靖博
撮影/笠松則通
助監督/武井法政
記録/吉田まゆみ
撮影助手/石井浩一、遠藤孝史

IMAGICA
映像サービス
アスカロケリース
映広音響
東洋音響
高津映画装飾
ポパイ・アート
ローカスト
モンスターズ
日映美術

衣装協力/CAGI、東京ファントム
協力/レンタルのニッケン、SONY、富士通株式会社、ミノルタカメラ株式会社、熱川バナナ・ワニ園

音楽プロデューサー/梶原浩史
音楽/吉良知彦
演奏/ザバダック
(協力)アーティストマネージメントオフィス

監督/池田敏春

Copyright (C)1988
JAPAN HOME VIDEO CO., Ltd.
DIRECTORS CAMPANY INC.


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/567-ea0fdb7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)