FC2ブログ

Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どこか霧の向こう』(2017)

『どこか霧の向こう』(2017/香港)
原題:藍天白雲(Somewhere Beyond the Mist)

swbytmst_poster.jpg

 今年3月に開催された第13回大阪アジアン映画祭で、極めて鮮烈な印象を残した一作。発売中の『映画秘宝』6月号の映画祭レポートでは紙幅の都合で取り上げられなかったので、番外編ということでこちらに書くことにした。

 香港郊外で中年夫婦が他殺体となって発見された。間もなく容疑者として、被害者夫婦の一人娘である女子高生コニー(レイチェル・リョン)が逮捕される。事件を担当する女性刑事アンジェラ(ステフィー・タン)は、コニーの自供を取り、事件の全容解明を進めつつ、私生活では認知症を患う父親との同居にストレスを募らせている。コニーはなぜ両親を殺したのか? 事情聴取を続けるなかで、コニーが受けていた家庭内暴力や性的虐待といった異常な家庭環境が明らかになり、そのなかで生存本能としての殺意を膨らませていく彼女の痛ましい内面が浮き彫りになっていく。この事件で本当に異常だったのは誰なのか? そんな状況を作り出したものは何だったのか?

swbytmst001.jpg

 一般家庭まで侵食する現代香港の社会的モラルの崩壊、広がる格差と放置されていく貧困層、そして親世代の介護に伴うストレスといった現代的モチーフを、現実の猟奇殺人事件を題材にリンクさせた脚本が秀逸。単なるタブロイド記事の映画化を超えた、普遍性と社会性を兼ね備えたドラマにしようという強い意欲が感じられる。監督のチョン・キンワイはドキュメンタリー出身で、これが初めての長編劇映画なのだとか。来日した主演女優レイチェル・リョンの言葉によると、監督はとにかくリアリティを重視し、キャラクターの心理的内面をリアルに表現することを常に求められたという。

 「子供は親を選べない」という普遍的な悩みが、コニーの場合は異常な状況下で肥大し、犯罪に至ってしまう。その過程を捜査するアンジェラもまた、ハードな介護生活の悩みを抱えており、もはや一線を超える寸前でありながら理性をもって踏みとどまろうとする。監督は両者を対照的に見せながら、善悪のジャッジは下さず、ただただ客観的に見守る態度を崩さない。

swbytmst002.jpg

 コニーの父親はセックス中毒の気があり、自宅と連れ込み宿の区別がなく、娘の前でもヒヒ親父ぶりを隠そうとしない(そういう商売にも片足を突っ込んでいるように匂わされる)。そして、どうやらコニー自身も性的虐待によって支配している。母親はその事実を知りながら、現実から目を背けていかがわしいオカルト信仰にはまっている。「貧すれば鈍する」という言葉を地で行くような、水洗トイレすらない山奥の粗末なボロ屋暮らしも含め、年頃の少女が鬱屈を深めていくには十分な生活環境である。やがて彼女が「殺られる前に殺らなければ……」と決心するまでの過程を、映画はつとめて冷徹に、丹念に映し出していく。

 コニーはいじめられっ子の同級生(同性愛者でもある/実在の事件では黒人少年だったそうだが、余計な意味が付随してしまうことを避けて香港人の少年に改変したそうだ)を共犯者に選び、ある晩、ついに犯行に及ぶ。およそスマートな完全犯罪などとは程遠い、たどたどしく場当たり的な殺害シーンは、しかし異様な迫力と禍々しさ、生々しさに満ちている。かつて香港映画の人気ジャンルだった「実録三級片」の匂いも感じるほどに。

swbytmst003.jpg

 エンドクレジットを見て、そんな感触を覚えたことに納得がいった。製作にイー・トンシン、そして協力にはアン・ホイの名前が! イー・トンシンは娯楽映画の巨匠として知られる一方で、香港ニューウェーブの流れを汲む社会派作家という側面を持つ。長編監督デビュー作『癲佬正傳』(86年・未)では、ソーシャルワーカーと精神病患者の交流を淡々と描きながら、クライマックスでは幼稚園を舞台に血みどろの惨劇が展開する(これも1982年に起きた実在の事件だという)。その後の香港版『狼たちの午後』ともいうべき『野獣たちの掟』(88年)、ギャング映画の骨子を借りて移民犯罪の実態に迫った『新宿インシデント』(09年)まで、その態度は一貫している。そして、アン・ホイは言うまでもなく香港映画界を代表する社会派監督であり、香港のマンモス団地で起きた一家惨殺事件を描いた『夜と霧』(09年/映画祭上映のみ)など、鬼気迫る実録犯罪ドラマを幾つも手がけている。この2人の影響が(直接的助言ではなかったにしろ)非常に大きかったことは想像に難くない。

swbytmst004.jpg

 ドラマの語り部であり、観客が心情を重ねるポジションにいる女性刑事は、どこか『39 刑法第三十九条』(99年)の鈴木京香が演じた精神科医も思わせる。今回の映画祭では『空手道』(17年)でも好演を見せたステフィー・タンの抑えた芝居が活きている。片や、新星レイチェル・リョンが演じた親殺し少女の鬼気迫る表情は、一度見たら忘れられない。監督に要求された役への丹念なリサーチが凄まじい説得力を生んでいる。彼女の熱演が、本作にミヒャエル・ハネケの『ハッピーエンド』(17年)に匹敵する毒性と、同じく少女の父親殺しを描いたパトリック・タム監督の傑作TVムービー『13/弒父』(77年・未)を彷彿させる緊迫感とやるせなさをもたらしている。やや生硬すぎる部分もなくはないが、ヘヴィーな題材を真正面から描いた問題作として、忘れがたいインパクトを残す一編だった。

・大阪アジアン映画祭
『どこか霧の向こう』作品紹介ページ


監督/チョン・ギンワイ
出演/ステフィー・タン、レイチェル・リョン、ジーノ・グー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/562-dcde54d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。