Simply Dead

映画の感想文。

『Billy Ze Kick』(1985)

『Billy Ze Kick』(1985)

Billy_Ze_Kick_poster.jpg

〈おはなし〉
 パリ効外の団地で、結婚式を挙げたばかりの花嫁が射殺された。現場にはビリー・ズ・キックと名乗る犯人の大胆不敵な声明文が……それを知ったシャポー刑事(フランシス・ペラン)は驚愕する。なぜならビリー・ズ・キックとは、彼が娘のジュリー・ベルト(セリーズ・ブロック)を楽しませるために作り上げた架空の人物だったからだ! 次々と女たちが殺され、右往左往するシャポー刑事。ジュリー・ベルトは精神分裂症の青年ヒッポと結託し、過激な遊びに熱中する。そしてシャポーの妻のジュリエット(ザブー・ブライトマン)はブローニュの森で春を売り、同じ団地に住む弁護士と関係を持つ。住人たちの脳内でビリー・ズ・キックの存在は膨れ上がり、事件は予想外のクライマックスに向けて疾走する。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

billy-ze-kick_jpcover.jpg
▲『パパはビリー・ズ・キックを捕まえられない』単行本カバー

 世界一好きな小説家は誰か? と尋ねられたら、ジャン・ヴォートランの名前は間違いなく出てくる。今年6月、82歳で世を去ったフレンチ・ノワールの鬼才である。特に、いちばん最初に読んだ『パパはビリー・ズ・キックを捕まえられない』の面白さは衝撃的だった。とことん暴力的でイカれてて、なのに笑えて愛らしくて、老若男女に対して平等に冷酷。悪意とチャーミングさを兼ね備えた作風はあまりに自分の好みと合致しすぎて、「もう小説ってのはこれさえ読んどきゃいいんじゃないか?」とさえ思った。その後、ヴォートランと同世代の新世代ノワール作家たちを追いかけたりしたが、やっぱり面白さでいえばヴォートランが断トツだった。

 ジャン・ヴォートランは『さらば友よ』(1968)や『ジェフ』(1969)などを手がけた映画監督ジャン・エルマンのペンネームである、というのは、フランス映画に詳しい人ならよく知る事実だ。とはいえ彼の表現欲求を満たすのは当時のフランス映画界ではなかなか難しかったようで、わりと早い時期に小説家に転向している(脚本家としては活動)。これ以降、後進の“元同業者”たちによってヴォートランの作品はいくつか映像化されているのだが、その作品世界を完全に映像に置換するのはかなり至難の技と見えて、初期「映画秘宝」でも取り上げられていたイヴ・ボワッセ監督の『狼獣たちの熱い日』(1984)という、どうしようもなくいびつで、なおかつ忘れ去られた作品がわずかに知られているだけだ。なかでも『パパはビリー・ズ・キックを捕まえられない』の映画化作品である『Billy Ze Kick』はファンでさえも観たことがない幻の作品であり、当然のごとく世間一般の評価も低い。しかしながら、あの途方もない文学をどうやって映像化したのか? という興味は抑えがたくあり、ファンとしては出来はどうあれ一度は観てみたい作品だった。その夢がまさか2015年の大晦日に叶うとは……。

Billy_Ze_Kick_musical.jpg

 ジェラール・モルディラ監督による映画版は完全にコメディとして撮られているので、原作の“団地ノワール”としてのグルーミーな味わい、アナーキーな異常性は消え失せている。悪意が肥大し加速していく、どす黒い痛快さみたいなものはあまりない。ただし、ストーリー展開と登場人物はわりと原作に忠実なので、エキセントリックな登場人物が入り乱れて不条理なミステリー劇が形成されていく面白さはある。鈴木清順とゴダールとジャック・タチを下品に混ぜ込んだような、原色をあしらった奇抜なセットやロケーション、作為的な構図やカット割りをこれでもかと重ねてくる演出(途中でいきなりPV風のミュージカル・パートが始まったりするあたり、いかにも80年代)が受け入れられれば、これはこれで楽しい。時折、本当にハッとするような演出もあるので、なかなか侮れない。

Billy_Ze_Kick_julie.jpg

 キャストも魅力的。なんといっても、物語のキーパーソンとなる危なっかしい夢想家の少女ジュリー・ベルトを演じるセリーズ・ブロックが素晴らしい。というか、この子、原作の単行本のカバーを飾っていた女の子ではないか! なんと知らずに映画版のヒロインと最初から出会っていたのだった。あの表紙の子が動いてる! というだけでも感動だ。さんざん人々の悪意を増幅し、挑発し、暴走していったあげくに彼女が迎える結末は、原作とはちょっと変えてあるが(でも「トリュック!」という名台詞はいっぱい言ってくれる)、これはこれでいい。

Billy_Ze_Kick_death.jpg
 ほかにもジュリー・ベルトの母親ジュリエット(ジュジュ)役で、歌手でもあるザブー・ブライトマンが弾けた美貌と歌声を披露していたり、映画監督のイヴ・ロベールが立ち退きを拒否する偏屈老人を渋く演じていたり、彼に監禁されて発狂してしまう警察署長を名優ミシェル・ロンズデールが怪演していたりする。シャポー刑事役のフランシス・ペランは完璧にコメディ芝居なのでさすがにやりすぎの感はあるけれども、映画のアプローチから言ったら役割をきちんと果たしていると言える。

Billy_Ze_Kick_parents.jpg

 かなりヘンテコな映画だし、公開当時は観客からも原作読者からもそっぽを向かれたのもわかるが、ぐるっと回って今観ると面白い。原作とは別物の異貌のコメディとして、クライテリオンとかアロービデオあたりで発掘してブルーレイ化してくれないものだろうか?

▼劇中、唐突に始まるミュージカル・パート。だいたい全編こんな感じです。



原作/ジャン・ヴォートラン『パパはビリー・ズ・キックを捕まえられない』
監督/ジェラール・モルディラ
脚本/ジェラール・ゲラン、ジェラール・モルディラ
脚本協力/ピエール・グランブラ
撮影/ジャン・モンシニー
美術/セオボルド・ムーリス
編集/ミシェル・カトンヌ
音楽/ジャン=クロード・プティ
出演/フランシス・ペラン、セリーズ・ブロック、ザブー(ザブー・ブライトマン)、マリー=フランス、ドミニク・ラヴァナン、パスカル・ピスタチオ、ミシェル・ロンズデール、イヴ・ロベール
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/559-85814e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad