Simply Dead

映画の感想文。

『女体銃 GUN WOMAN』(2013)

『女体銃 GUN WOMAN』(2013)

 井口昇監督の『おいら女蛮』(2006)は、女優・亜紗美の存在を一躍世に知らしめたエポックメイキングな作品だった。喧嘩っ早いが情には厚い、美少女のようなルックスの男子高校生・女蛮子をきっぷよく演じる亜紗美はとてつもなく魅力的で、ついに井口監督が陰性ではない陽性の理想的ヒロインに出会った! という感動があった。その後も、『おいら女蛮』を越える亜紗美主演作の登場を待ち焦がれ、気がつけば8年経っていた。もちろん『片腕マシンガール』『ファッション・ヘル』『ライヴ』といった作品におけるバイプレイヤーとしての活躍はずっと愉しませてもらっていたが、やっぱり主演作で天下を取ってほしいという思いが常にあった。

 だから『女体銃』には大いに期待していた。事実、本作のクライマックスに展開する『リバーシブルマン』さながらのスプラッター・ガンアクションは、亜紗美ファンならずとも度肝を抜かれ、圧倒され、魅了されることだろう。自らの肉体に銃のパーツを仕込んだヒロインが、我が身を切り裂いてそれらを取り出し、全裸&血まみれで敵を撃ち倒していく。鈴木則文『不良姐御伝 猪の鹿お蝶』の池玲子によるフルヌード殺陣の向こうを張って、文字どおり裸一貫体当たりで死闘を繰り広げる亜紗美の熱演は、もはや神々しくすらある。敵役・浜崎を演じる鎌田規昭も、禍々しい存在感を放っていて素晴らしい。相手にとって不足なしだ。

 しかしながら『女体銃』は期待したような傑作にはならなかったし、『おいら女蛮』の王座を揺るがすこともなかった。ひとえに作り手が娯楽映画の鉄則を見誤ったからだ。

 本作の実質的主人公は、有力者の息子である変態サディスト・浜崎に妻を惨殺された元医師“マスターマインド”(成田浬)である。劇画のようなマッチョ感を振りまく彼は、復讐のために麻薬中毒の女・亜紗美を人身売買組織から買い受け、強制的に更生させたのち、武器の扱いや格闘技を仕込み、暗殺者に仕立て上げる。そして、浜崎が入り浸る地下の屍姦クラブに潜入させるべく、彼女の体内に銃のパーツを縫い込み、仮死状態にして送り込むという鬼のような手段をとる。つまり、女を変態性欲と暴力衝動のはけ口としか思っていない人でなしを殺すために、自らもまた女を道具にした身勝手な復讐計画を目論むという皮肉な構図が映し出されるわけだ。

 そうなると、殺しのスキルを身につけたヒロインが真っ先に殺意を向けるべき相手は、なんの関係もない自分を復讐の道具に仕立て上げたマスターマインドであるはずだ。たとえ復讐の目的を果たしたとしても、最終的に彼女がとどめを刺すべきは命の恩人であり、師であり、恋人であるマスターマインドだろう。復讐心に憑かれたあげく、自らも怪物と化した男に引導を渡すために、彼女は生まれたのだ。それがドラマというものではないだろうか。

 ところが、この映画においてヒロインはなんの人格も与えられていないので、薬を抜いてもらっただけで彼に従い、同情し、男のほうにだけやたらと都合のいいタイミングで愛に目覚める。マスターマインドこそがこの映画の実質的主人公であると先述したのはそういうわけだ。亜紗美は最後まで「妻を殺された男の復讐譚」というストーリーを曲げることのない女体銃=ただのプロップでしかない。

 だがしかし、『コフィー』のパム・グリアーは自らの復讐心を満たすために悪を討つのだ。『悪魔のえじき』でカミール・キートンがレイプ犯のチンポを切断するのは他人のためではない、自分のためだ。意志もなく台詞もない人形のようなヒロインを演じる亜紗美ほど、見ていてじれったいものはなかった。


監督・脚本/光武蔵人
撮影/今井俊之
音楽/ディーン・ハラダ
出演/亜紗美、成田浬、鎌田規昭、マシュー・ミラー、ディーン・シモーン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/551-3deb4ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad