Simply Dead

映画の感想文。

映画秘宝9月号!「悪漢映画100」発売中!『惡の華』特集!

HIHO_201309_cover.jpg

 今夏の超期待作『パシフィック・リム』が表紙を飾る「映画秘宝 2013年9月号」は、明日7/20発売。ぼくは今回、洋画最前線コーナーで『ムービー43』(8/10公開)の作品紹介を担当させていただきました。『メリーに首ったけ』のピーター・ファレリー監督が、ジョン・ランディス&ZAZトリオの出世作となったカルトムービー『ケンタッキー・フライド・ムービー』にオマージュを捧げた超下品なナンセンス・ギャグ・アンソロジー。知り合いの監督連中と超豪華キャスト陣に声をかけて気軽に作り始めたら、なんと完成までに4年かかってしまったという執念の一作。ハッキリ言ってネタの7割以上はスベっている『ケンタッキー〜』に比べて、こちらは各エピソードの完成度が高く、どちらかというと『アメリカン・パロディ・シアター』のウェルメイド感を想起させます。特に、ファレリー兄とジェームズ・ガンの演出エピソードはさすがの安定感! ジェイソン・サダイキスがゲスいバットマンを演じる「Super Hero Speed Dating」は、新鋭ジェームズ・ダフィの才気が光る好編。『恋するポルノ・グラフィティ』などでの好演も印象深いエリザベス・バンクスの初監督エピソードも、女子の生理ネタという導入で男のバカっぷりを苛烈に暴いていて秀逸でした。出演者の顔ぶれを眺めているだけでも飽きがこない、本気でオススメの快作です。

HIHO_badass100_cover.jpg

 また、先日もお伝えしましたが「映画秘宝EX 映画の必修科目07 冷酷!悪漢映画100」も好評発売中! 読んでると本当に楽しくて、『ケーブル・ガイ』とか『ミザリー』とか『ロボコップ』とか『エボラ・シンドローム』とか、久々に観直したくなります。厳選された100タイトルの作品紹介だけでなく、青井邦夫さんによる「悪漢映画の歴史」をはじめ、「悪人大部屋俳優列伝」「悪女入門」「現代悪漢監督10傑」「悪役の死にざまベスト10」「ディズニー映画の悪漢たち」など、コラムも充実。ぜひ書店でお手に取ってみてください。

anista_2013_004.jpg

 そして、もうすぐ発売のこちらの雑誌でも、いくつかインタビュー記事のまとめをやっております。今年のアニメ界における最大の事件といっていい『惡の華』の特集では、監督の長濱博史さん、助監督の平川哲生さん、録音調整の名倉靖さんの取材まとめを担当。個人的には『惡の華』のことなら1年中考えていてもいいくらいハマッてしまったので、ちょっと死ぬ気で頑張りました(いかんせん時間が短かったのですが……)。あんまりアニメには興味がないという方にもぜひ観てほしい作品ですし、記事のほうも読んでもらえると幸いです。また、劇場版『とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟』の錦織博監督と松倉友二プロデューサー、『SHORT PEACE』カトキハジメ監督のインタビュー記事構成なども担当しております。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/544-981929c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad