Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の必修科目05 モンスター映画100! 映画秘宝3月号!

HIHO_monster100_cover.jpg

 1/23発売のムック「映画秘宝EX 映画の必修科目05 突撃!! モンスター映画100」は、これから映画にドハマりしたい若者に向けて秘宝的マストの作品を力の限り紹介する「映画の必修科目」シリーズの第5弾。今回はみんな大好きモンスター映画の特集です。巨大生物、オカルト、SF、ファンタジーなど、多彩なジャンルで大暴れする怪物の皆さんが一堂に会した、にぎやかで楽しい一冊になっております。もちろん秘宝セレクションなので「えっ、そんなヤツまで?」と思うような異色タイトルも盛りだくさん!(詳しい内容はこちら

 ぼくは今回、作品レビュー14本、コラム1本、インタビュー1本を担当しました。レビューで書かせてもらったのは、『狼男アメリカン』 『ポゼッション』 『北京原人の逆襲』 『空の大怪獣Q』 『放射能Ⅹ』 『モンスター・パニック』 『悪魔の毒々モンスター』 『巨大生物の島』 『ジェヴォーダンの獣』 『吸血ゾンビ』 『霊幻道士2/キョンシーの息子たち!』 『ブレインデッド』 『ジャバーウォッキー』 『モンキーボーン』。この並びだけで本書の取り上げている作品の幅がなんとなく分かるかと思います。コラムでは「狩ってよし! 喰われてよし!? 映画史上最強の凄腕モンスターハンター10傑!」というお題で、『吸血鬼ドラキュラ』のヘルシング教授や『ジョーズ』のクイント船長、『ベオウルフ 呪われた勇者』のベオウルフさんや『アナコンダ』のジョン・ヴォイトといった豪傑どもの仕事(と喰われっぷり)を讃えております。インタビューでは『アタック・ザ・ブロック』のジョー・コーニッシュ監督に、大好きなモンスター映画について大いに語っていただきました。

 ほかにも、コラム「モンスター映画の歴史」「モンスター映画偉人伝」「ドラキュラ映画の世界!」「Z級モンスター大集合」「Gの遺伝子 ~世界に影響を与えた日本のモンスター映画~」など、読みどころ満載。各ライターさんの偏愛が炸裂したレビューも必読です!

HIHO_201303_cover.jpg

 1/21発売の「映画秘宝 2013年3月号」では、毎年恒例のベスト&トホホ10に参加させていただきました。昨年末にもフライングで発表してしまいましたが、ぼくの上位ベスト2は『KOTOKO』と『セデック・バレ』。総合ベスト10には『サニー 永遠の仲間たち』だけかすっていました(『この空の花』か『クロニクル』もくると思ったんだけどなあー)。驚きの2012年度秘宝ベストワンは『ザ・レイド』! 今、インドネシア映画がアツいということに他なりません! トホホ1位は『ダークナイト ライジング』。まさに堂々の王座君臨!

 それから、ファビュラス・バーカー・ボーイズの御二方によるベスト&トホホ講評で、『アルゴ』劇中に登場するでっちあげSFのイメージボードはジャック・カービーの画だとおっしゃられていました。先月号で書いた『テッド』トリビアで、その史実を踏まえないで思いっきり「まるっきり『フラッシュ・ゴードン』風のイメージボード」とか書いてしまい、反省しきり……。日々、フラッシュ・ゴードン脳(というかマイク・ホッジス脳)で生活している弊害がここに……。

 洋画最前線コーナーでは、アン・リー監督の『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』のレビューも書かせてもらいました。これ、ホントに面白いです。観る前までは「こんな話で映画1本、ちゃんと成立するんかい」とか思ってたんですが、さすがアン・リー。見事なサバイバル・ファンタジーに仕上がっていました。3D映像も面白いので、ぜひ劇場でご覧ください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/535-cf3b36d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。