Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年に面白かったもの

kotoko_best2012.jpg

 2012年は、1年間に観た映画の本数を集計してみようと思い立ち、年始からずっとタイトルをリストにしていました(そのせいか意識的にたくさん観ていた気がします)。で、現在のところ合計432本。そのうち長編が381本という結果になりました。すべて初見にかぎり、たとえばカナザワ映画祭で観た『スペースバンパイア』とか『バタリアン』とか、何度も観ているものは入っていません。もう、数えるだけでも面倒だったので、来年からは気にせず観ていこうと思います……。

 昨年と同じく、ベストテンは来月発売の「映画秘宝」ベスト&トホホ特集号で発表させていただきます。こっそり上位2本だけ言っちゃいますと、1位はもうぶっちぎりで塚本晋也監督の『KOTOKO』です。2位は、大阪アジアン映画祭で観たウェイ・ダーション監督の超大作『セデック・バレ』。この2本は結構早い段階から動きませんでした。ただ、それ以降となると本当に面白いものがたくさんあって、泣く泣く落としたタイトルも多数。なので、秘宝さんに出したものとは別バージョンのベストテンをここに挙げておきます。

『バッドトリップ! 消えたNo.1セールスマンと史上最悪の代理出張』
『ペイド・バック』
『マカブル 永遠の血族』
『アタック・ザ・ブロック』
『裏切りのサーカス』
『桃さんのしあわせ』
『ザ・ウーマン』
『旧支配者のキャロル』
『ワンドゥギ』
『LOVE』(映画祭上映)


▲『バッドトリップ! 消えたNo.1セールスマンと史上最悪の代理出張』米国版予告編

 年明け以降に公開される作品のなかでは、GW公開予定の『セデック・バレ』を筆頭に、『テッド』『ゼロ・ダーク・サーティ』『HANA 奇跡の46日間』『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』といった力作があり、2013年も映画ファンにとっては充実した年になりそうです(来年にとっておきたいので、ベストからは外しました)。そのほかに面白かった作品は、以下のとおり。こちらは50音順で、秘宝のベストテンに入れたものも入ってます。

『アーネストとセレスティーヌ』(映画祭上映)
『アイアン・スカイ』
『悪の教典』
『アニマル・キングダム』
『アニメ師 杉井ギサブロー』
『アベンジャーズ』
『生きてるものはいないのか』
『インポッシブル』(映画祭上映)
『裏切りの戦場 葬られた誓い』
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
『おおかみこどもの雨と雪』
『おとなのけんか』
『怪談新耳袋 殴り込み〈北海道編〉』
『キック・オーバー』
『桐島、部活やめるってよ』
『グレープ・キャンディ』(映画祭上映)
『クロニクル』(輸入盤Blu-ray)
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編 始まりの物語]』+『[後編 終わりの物語]』
『高海抜の恋』(映画祭上映)
『強奪のトライアングル』
『この空の花 長岡花火物語』
『最強のふたり』
『サニー/永遠の仲間たち』
『ザ・マペッツ』
『ザ・レイド』
『シェイム』
『スーパー・チューズデー/正義を売った日』
『スタンダード・オペレーティング・プロシージャー』(TV放映)
『スプリング・ブレイカーズ』(映画祭上映)
『スリープレス・ナイト』
『戦火の馬』
『それでも、愛してる』
『タッカーとデイル/史上最悪にツイてないヤツら』
『007/スカイフォール』
『超能力者』
『罪と罰』
『テイク・シェルター』
『ディクテーター/身元不明でニューヨーク』
『テトロ 過去を殺した男』
『盗聴犯/死のインサイダー取引』
『トガニ 幼き瞳の告発』
『トップ・シークレット 味付のりの億万長者』(映画祭上映)
『ドラゴン・タトゥーの女』
『眠れる美女』(映画祭上映)
『パーフェクト・ゲーム』(映画祭上映)
『バーク・アンド・ヘア』
『Bad butt』(YouTube)
『犯罪との戦争/悪い奴らの全盛時代(ネイムレス・ギャングスター)』(輸入盤Blu-ray)
『ハンター』
『ハロー!? ゴースト』
『POV〜呪われたフィルム〜』
『Beyond the ONEDAY 〜Story of 2PM & 2AM〜』
『ビッグ・ボーイズ/しあわせの鳥を探して』
『Falling』
『ブライズメイズ/史上最悪のウェディングプラン』
『フランケンウィニー』
『Project X』(輸入盤Blu-ray)
『プロメテウス』
『ベルフラワー』
『ぼくのセックス』
『星の旅人たち』
『ホビット/思いがけない冒険』
『マーガレット』
『マージン・コール』
『未熟な犯罪者』(映画祭上映)
『ミッドナイト・イン・パリ』
『メリダとおそろしの森』
『メン・イン・ブラック3』
『Modus Anomali』(映画祭上映)
『リアリティー』(映画祭上映)
『ルビー・スパークス』
『ロボジー』
『ロボット』
『ロマンティックヘブン』


▲『アーネストとセレスティーヌ』予告編

 また、映画祭や特集上映、あるいはインターネット配信などで観た旧作にも素晴らしいものがたくさんありました。以下、特に印象深かったものを挙げておきます。

『怪奇ヘビ男』(1970).....東京国際映画祭2012《アジアの風》部門
『リトルショップ・オブ・ホラーズ《ディレクターズ・カット》』(1986).....Blu-ray
『エロイカ』(1957).....ポーランド映画祭2012
『サラゴサの写本』(1965).....ポーランド映画祭2012
『にっぽんセックス旅行』(1972)クリスチーナ・リンドバーグ&中島貞夫監督トークつき上映.....カナザワ映画祭2012 XXX
『BAD FILM』(199X-2012).....カナザワ映画祭2012 XXX
『三度は短く、三度は長く』(1980).....Korean Film VOD
『血戀』(1995).....???
『ともだち』(1997).....TRASH-UPLINK!!
『殺人蝶を追う女(全長版)』(1978)).....Korean Film Archive: Korean Classic Film Theater

 映画のほかには、動画配信サイト「hulu」でひたすら『ブル~ス一家は大暴走!!』と『The Office』US版と『サタデー・ナイト・ライブ』を観まくって、ちょっと廃人状態に陥ったりもしました(笑)。本では、平山夢明『暗くてロックで静かな娘〈チャンネー〉』、高野秀行『移民の宴』、柳下毅一郎『新世紀読書大全』などが最高に面白かったです。演劇も、パンフレットに原稿を書かせていただいた劇団★新感線『シレンとラギ』、吹越満演出の『ポリグラフ ―嘘発見器―』を観たりして、刺激になりました。

 大泉学園サンセットの閉店、シアターN渋谷の閉館など、いろいろと大きな出来事が重なった年でしたが、しっかり前を向いて来年も乗り切ろうと思います。2013年もよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/533-ad3b6858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。