Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画秘宝10月号! アナーキー日本映画史 1980~2011!

HIHO_201210_cover.jpg

 我らがカツシン演じる座頭市が表紙を飾る「映画秘宝 2012年10月号」は、本日8/21発売。ぼくは今回、3つほど記事を担当させてもらいました。

 まずは「モキュメンタリー映画の世界」。疑似ドキュメンタリーというスタイルで大胆不敵に虚構を紡ぐ、モキュメンタリー映画の簡単な歴史とバリエーションを考察してみた特集です。『カメレオンマン』『スパイナル・タップ』といった代表的タイトルをはじめ、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』から始まったホラー系モキュメンタリーの系譜、POVスペクタクルという新潮流が生んだ注目作『クロニクル』『Project X』などを紹介しています。本当はサシャ・バロン・コーエンの最新作『ディクテーター/身元不明でニューヨーク』(9/7公開)に合わせた記事だったんですが、筆者も担当編集もまさか完全な劇映画だとは思わず、試写室でぶったまげたという経緯も挟んでおります……が、やはり『ボラット』『ブルーノ』でのモキュ/ドキュ・ボーダーへの過激な接近なくして、『ディクテーター』はあそこまで成熟したコメディの快作に仕上げられなかったとも思うので、そこに言及できたのはよかったです。あと『クロニクル』は本気でオススメ!

 洋画最前線コーナーでは、韓国で大ヒットした時代劇アクション『神弓 ―KAMIYUMI―』(8/25公開)を取り上げております。ポン・ジュノ作品でおなじみのパク・ヘイルが弓の名手に扮し、超絶スキルの数々を披露。敵の武将に扮するリュ・スンニョンのかっこよさも必見! 古今東西の「弓アクション映画」を紹介するコラムも担当しました。

 また、真夜中の小学校で内蔵むきだしの人体模型が大暴れする3DCGアニメ『放課後ミッドナイターズ』(8/25公開)の短いレビューも書いております。ひたすら大人げない言動ばかり繰り返す人体模型キュンストレーキ(声:山寺宏一)、その相棒をつとめる骨格標本ゴス(声:田口浩正)の掛け合いを見るだけでも楽しい快作。時計塔を舞台にしたクライマックスの大アクションはなかなかの迫力なので、ぜひ劇場でお楽しみください。「秘宝」の記事とは別に、WEBで竹清仁監督へのインタビューもさせてもらいました。

HIHO_AnarchyJP1980-2011.jpg

 8/29発売予定の「映画秘宝EX 爆裂! アナーキー日本映画史 1980~2011」にも、ちょこっと参加しております。三池崇史監督の「黒社会」三部作をはじめ、石井隆監督の『黒の天使 Vol.2』、藤田秀幸監督の『グループ魂のでんきまむし』、中島哲也監督の『下妻物語』、大林宣彦監督の『その日のまえに』と、大好きなタイトルばかり書かせていただきました。自分がいちばんよく日本映画を観ていた頃を思い出しながら書けた上、個人的に愛してやまない作品をこの機会にがっつり見直すことができたのも嬉しかったです。特に『黒の天使 Vol.2』『新宿黒社会/チャイナマフィア戦争』『日本黒社会/LEY LINES』『下妻物語』は涙が出るくらい好き(まあ全作品泣いてますけども)。

 別のムックや「TRASH-UP!!」最新号の原稿も現在進行中です。また近々お伝えしたいと思います。よろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/526-54500dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。