Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画秘宝8月号! 映画の必修科目03 異次元SF映画100!

HIHO201208_cover.jpg

 6/21発売の「映画秘宝 2012年8月号」は、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウが表紙を飾る『アベンジャーズ』大特集号。ぼくは今回、3つほど記事を担当しております。まず、『ホット・ファズ』『宇宙人ポール』などでおなじみの人気俳優ニック・フロストに直撃インタビュー! 新鋭ジョー・コーニッシュ監督のSFモンスターパニック活劇『アタック・ザ・ブロック』(6/23公開)で、終始マイペースのマリファナ栽培人を演じた彼が、役作りのために某SF映画の主役キャラクターを参考にした話などを聞いております。

 そして、DEVILPRESSコーナーにて『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』(6/30公開)のフレデリック・ワイズマン監督のインタビュー記事も掲載。別冊秘宝編集長の田野辺さんといっしょに、ドキュメンタリー映画の歴史を変えた巨匠に対して「おっぱい派ですか? それともお尻派?」などのチャイルディッシュな質問ばかりしてきました。監督は旅の疲れで眠そうでしたが、時折ジョークも交えながら最後までにこやかに答えてくれました。

 また、脱獄したプロの強盗と連続殺人鬼の対決を描いたフレンチアクションスリラー『プレイ/獲物』(6/30公開)のレビューも書いております。主演は『ベルニー』『Enfermes Dehors』のアルベール・デュポンテル。出演作もいいけど、このおっさん本来の危険な魅力が光りまくる監督作も日本公開希望!

HIHO_SF100_COVER.jpg

 6/25には「映画秘宝EX 映画の必修科目03 異次元SF映画100」が発売。これから映画にどっぷりハマりたい若い読者に向けて、秘宝的にマストな作品を紹介する「映画の必修科目」シリーズの第3弾です。今回は監修にムービーウェポンアナリストとしてもおなじみの青井邦夫さんを迎え、SF映画を大特集。1968年公開の『2001年宇宙の旅』以降に作られた名作群をメインに、秘宝読者ならずとも映画ファンなら外せない必見作の数々が紹介されております。『猿の惑星』『エイリアン』『ブレードランナー』『マトリックス』などの定番タイトルと並んで、エディ・マーフィ主演の『デイブは宇宙船』や、マイク・ジャッジ監督の『26世紀青年』といった隠れた逸品も取り上げられているあたりが映画秘宝ならではのセレクト。

 ぼくは今回、『地球爆破作戦』『未来惑星ザルドス』『ブラジルから来た少年』『マッドマックス』『トロン』『デューン/砂の惑星』『ブラザー・フロム・アナザー・プラネット』『未来世紀ブラジル』『ダークシティ』『スキャナー・ダークリー』『トゥモロー・ワールド』以上11作品のレビューと、【SF偉人伝:ウィル・スミス】というコラムを担当しました。子供の頃は中子真治さんの「フィルム・ファンタスティック」や、菊地秀行さんの「魔界シネマ館」などを参考にSF・ホラー映画を見まくっていたので、その当時の気分を思い出しながら書きました。

 ガイドブックとしても便利だし、いろんなライターさんの蘊蓄も楽しい「買い」の一冊です。SF・ホラーはジャンルの華!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/522-69b94a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。