Simply Dead

映画の感想文。

映画秘宝5月号! 衝撃の世界映画事件史! 塚本監督インタビュー!

HIHO201205_cover.jpg

 3/21発売の「映画秘宝 2012年5月号」にて、ふたつほど記事を書かせていただきました。まずは、カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリを獲得した話題作『テイク・シェルター』(3/24公開)に主演した、マイケル・シャノンのインタビュー記事。『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』や『ランナウェイズ』で強烈な演技を披露した希代の怪優に、電話インタビューを敢行してまいりました。見た目どおりメチャクチャ怖い人だったらどうしよう……とも思っていましたが、実際はとてもジェントルで丁寧に話してくれる方で安心しました(取材中、通訳で会話が途切れている間、鼻歌を唄ってたのが可愛かったです)。『テイク・シェルター』は、オハイオ州の田舎町で家族と幸せに暮らす男が、巨大な嵐によって全てを破壊される終末のビジョンにとり憑かれ、家の裏庭にシェルターを作り始めるという物語。どんどん精神的に追いつめられていく主人公をマイケル・シャノンが大迫力で熱演。日本人には他人事でない不安をスリリングに描いた力作です。

 もうひとつの記事は、ダンテ・ラム監督が香港ノワールの新たな機種に躍り出るきっかけとなった『ビースト・ストーカー/証人』 (4/7公開)の作品レビュー。とある悲惨な交通事故によって、それぞれの心と体に癒しがたい傷を負った男女が、ひとつの誘拐事件をきっかけに己の存在意義をかけた戦いを繰り広げる緊迫のノワールアクションスリラー。ニコラス・ツェー、ニック・チョン、チャン・ジンチューの演技も圧倒的な大傑作です。本作以降、同じキャストを迎えた『密告・者』(DVD&Blu-rayリリース)や『逆戦』(日本公開予定)など、快進撃を続けるダンテ・ラム監督のターニングポイントとなった記念碑的作品としても、決して見逃せません。

HIHO2012_shogeki-jiken.jpg

 また、すでに巷の話題を呼んでいる「別冊映画秘宝 衝撃の世界映画事件史」(3/30発売)にも参加させていただいております。ぼくが担当したのは、ドキュメンタリー映画の歴史を変えた巨匠にして現役最強のインディペンデント作家のひとりである、フレデリック・ワイズマン監督の紹介記事。昨年11月におこなった監督へのインタビューの模様もまじえて、その作品と経歴、そして日本での評価などを「秘宝的視点」で書きました。B級映画の帝王ロジャー・コーマンをはじめ国内外の独立系映画作家のサバイバル術に迫る第1部に加え、第2部では「戦後の混乱期、アメリカのスパイにされかけた美術監督と映画監督の怪死事件」「80年代邦画界の希望を背負ったディレクターズ・カンパニーの崩壊」「ビデオ・バブルが生み出した伝説の怪人・光山昌男」「人種差別から南京事件まで、日本をめぐる国辱映画の事情」と、かなりタブーに切り込んだ苛烈な内容の1冊になっているようなので、ぼくも読むのが凄く楽しみです。

kotoko_jpposter.jpg

 そして、ついに憧れの塚本晋也監督にもインタビューさせていただきました! Coccoを主演に迎えた最新作『KOTOKO』(4/7公開)は、個人的には今年ベストワン確定と言いきりたいほどの大傑作。ムチャクチャ緊張しましたが、濃いお話をたくさん聞けたと思います。来月発売予定の「TRASH-UP!! vol.12」に掲載される予定なので、よろしくお願いします!(『KOTOKO』『ビースト・ストーカー/証人』『テイク・シェルター』は、ぜひ劇場で観るべし!)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/518-7e86a1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad