Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年に面白かったもの

mammuth_on-the-road.jpg
▲ジェラール・ドパルデュー主演の傑作コメディ『マムート』。ぜひ日本公開を!

 2011年は本当にいろいろなことがあった年でした。実際に被災した方も、そうでない人も、震災という大きな出来事をきっかけに、今はとにかく自分にできることを一所懸命やるだけだと信じ、自分のキャパシティ以上に頑張った人たちがたくさんいると思います。本当におつかれさまでした。ぼくも来年はもう少し心穏やかに、それでも勢いは緩めず、前に進んでいきたいと思います。

 今年は忙しさのあまり見逃してしまった作品も少なくないのですが、それでも面白い映画には事欠きませんでした。昨年同様、順位はつけず、面白かったものを50音順で50本ほど並べてみました。上位ベスト10は来月発売の「映画秘宝」ベストテンアンケートで答えているので、そちらもお楽しみに。

scott-pilgrim_usposter.jpg

『アクシデント』 『アジョシ』 『明日を継ぐために』 『アンニョン!君の名は』 『生き残るための3つの取引』 『ENCOUNTERS』 『宇宙人ポール』 『英国王のスピーチ』 『エイリアン・ビキニの侵略』 『エリート・スクワッド』 『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』 『海洋天堂』 『哀しき獣』 『カメリア』 『監督失格』 『クレイジー・ホース』 『恋人のディスクール』 『高地戦』 『ゴーストライター』 『この愛のために撃て』 『ゴモラ』 『コンテイジョン』 『ザ・タウン』 『桜の温度』 『シリアスマン』 『水曜日のエミリア』 『スーパー!』 『春香秘伝』 『シラノ:恋愛操作団』 『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』 『先生を流産させる会』 『ソーシャル・ネットワーク』 『その街のこども 劇場版』 『TATSUMI』 『単身男女』 『探偵はBARにいる』 『狄仁傑之通天帝國』 『デタッチメント』 『電人ザボーガー』 『坡州 パジュ』 『バトルフィールド・ヒーローズ 平壌城』 『ハングオーバー!! 史上最大の二日酔い、国境を越える』 『ヒア アフター』 『引き裂かれた女』 『フェア・ゲーム』 『復讐捜査線』 『ファンタスティック Mr.FOX』 『武侠』 『ブラック・スワン』 『へんげ』 『マネーボール』 『マムート』 『Meek's Cutoff』 『ミッション:8ミニッツ』

 旧作上映も充実しており、魅力的な特集上映がたくさんありました。なかなか時間が作れずに通えなかったのが心残りですが、それでも、フランス映画祭協賛企画のクロード・シャブロル特集で観た『ヴィオレット・ノジエール』『破局』『仮面』、午前十時の映画祭『ブラック・サンデー』、カナザワ映画祭『アンディ・ウォーホルのBAD』『ジェイコブス・ラダー』、川谷拓三映画祭『河内のオッサンの唄 よう来たのワレ』、TRASH-UPLINKで上映された継田淳監督の『ともだち』は、本当にスクリーンで観られてよかった!

takano-inshu-kiko_cover.jpg

 2011年は本を読む機会が多くなり、10~12月はエンタメ・ノンフィクション作家、高野秀行さんの著書をひたすら読みあさっていました。なかでも旅先で読んだ『イスラム飲酒紀行』は本当に素晴らしかったです。基本的に飲酒は禁じられているイスラム世界で、あらゆる手を尽くして酒を飲もうとする著者の悪戦苦闘が予想外の展開満載で描かれる、酒飲みなら必読の冒険譚です。また、代表作『西南シルクロードは密林に消える』『アヘン王国潜入記』『巨流アマゾンを遡れ』にも、いたく感銘を受けました。特に『巨流アマゾンを遡れ』はもっと若い頃に読んでおきたかった名著。

 高野さんがプロデュースを手がけた大野更紗さんの難病冒険小説『困ってるひと』も忘れられません。こちらはベストセラーになっているのでご存知の方も多いと思いますが、今年を代表する一冊だと思います(師匠である高野さんの名作『ワセダ三畳青春記』もちょっと思い出させるところも面白いです)。そして、平山夢明さんの久々の新作『或るろくでなしの死』も、言うまでもなく最高でした。さまざまな「死」を描いた全7編の短編のうち、特に印象深かったのは、やはりラストを飾る「或るからっぽの死」。平山さんらしい着想の見事さ、美しさと苛烈さに溢れた傑作です。

an-outsiders-death_cover.jpg

 では、そろそろ行きつけの飲み屋で年越ししてくるので、この辺で。皆様、よいお年を!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/508-d6af6a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。