Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『汗』(2007)

『汗』(2007)
英語題:Sweat

2007_sweat01.jpg

 国内外の映画祭で好評を博した短編『完璧な鯛料理』(2005)に続き、ナ・ホンジン監督が撮り上げた2本目の短編。ひとりの中年男を中心に、様々な人々が日常的に流す「汗」を、高解像度の白黒・ハイスピード映像でねっとりと映し出した約12分のコンセプト・ムービーだ。これも『完璧な鯛料理』と同じく、台詞はない。ほぼ全編モノクロだが、1ヶ所だけカラーになる。『チェイサー』(2008)の日本版DVDにも映像特典のひとつとして収録されており、KMDB(韓国映画データベース)の動画配信サービスでも無料で観ることができる(ココ。ただし要登録)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 真夏のある日。ひとりの中年男がサウナでマッサージをうけている。マッサージ師の青年の肌から大量の汗が滴り、客の背中に落ちる。外では炎天下の下、運転手が車のエンジンを汗だくで修理している。中年男がサウナから出てきて、運転手は慌てて車のドアを開ける。その時、中年男のシャツの袖口に油汚れがつく。シャツはクリーニングに出され、それを洗濯屋が汗をボタボタ垂らしながらアイロンがけしている。綺麗なシャツに着替えた中年男は、工事現場へ視察に行く。すると、頭上から現場作業員の汗が落ちてくる。一瞬、見つめ合う両者。帰宅した中年男が居間で扇風機に当たってくつろいでいる間、台所では妻(または愛人)がびっしょりと汗に濡れながらサムゲタンを作っている。それを汗だくでむさぼる中年男。そして夜になり、中年男とその妻(または愛人)は、今度はベッドの上で汗まみれになる。上に乗って腰を振り続ける中年男の汗が、まるで雨のように女の身体に降り注ぐ。次の瞬間、女は分娩台にいる。苦悶に歪む女の顔は汗で覆われている……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2007_sweat02.jpg

 本作で映し出される「汗」は、労働の汗だったり、快楽の汗だったり、苦痛の汗だったりと多種多様。そこには現代社会に生きる人々の上下関係や社会格差が透けて見えたりもするが、一方でまた汗を流さない人間などもいない。真面目で勤勉な労働者だろうと、他人を踏み台にすることに慣れた実業家だろうと、その肌からは平等に汗が噴き出す。一見ダラダラと無意味に流される汗は、鮮烈なラストシーンに至って、人間の生命を象徴するものとして提示される。

 そんな人の世の営みを冷徹に、うっすらと悪意も込めながら見つめる図太い観察眼、グロテスクなまでに緻密な描写で生の本質に迫ろうとするパワフルな目線は、まさにナ・ホンジン演出の真骨頂だ。『チェイサー』や『哀しき獣』(2010)でも顕著な彼の「しつこさ」が、この短編では存分に発揮されている。いかにもあくどそうな面構えの中年男を演じるソク・チョンマンをはじめ、俳優陣のキャスティングも絶妙だ。

2007_sweat03.jpg

 ハイコントラストの白黒映像で、人間の肌と汗のディテールを高密度に捉えたビジュアルも独特の迫力を生んでいる。特にクライマックスのセックスシーンは、さながら悪夢のようなインパクト。顔のアップのカットバックを繰り返すだけで、強烈なブラックユーモアと強迫的な生々しさに満ちた画面を作り上げている。露骨なヌードなど映さなくても十分いやらしさは醸し出せるという、濡れ場演出の手本みたいな場面だ。とめどなく溢れる汗が、自分の肌だけでなく他人の身体にも滴ったりする描写のつるべ打ちなので、潔癖性の人には向かないかもしれない。が、その生々しさにこそ、ナ・ホンジン監督の目から見た人間の生(性)のありのままの姿が、パワフルに表現されている。

 本作は2007年のプチョン国際ファンタスティック映画祭で審査員賞を獲得。ふたつの短編で業界の熱い注目を集めたナ・ホンジンは、『恋の罠 淫乱書生』(2006)などを製作した映画会社シルクロードに招かれ(短編を観た社長が「この監督を無条件でスカウトしてこい!」と指示したのだとか)、そこで長編デビュー作『チェイサー』を完成させた。そして2作目の『哀しき獣』も、もうすぐ日本で公開されようとしている。驚かされるのは、今の韓国映画界では異例とも言えるそのスピードだ。ポン・ジュノがじっくりと準備期間を費やして次回作にとりかかるのを尻目に、ナ・ホンジンは軽々とその本数を追い越してしまうのではないか?

・Amazon.co.jp
DVD『チェイサー』初回限定生産2枚組(※本作『汗』を映像特典として収録)


監督・脚本・編集/ナ・ホンジン
撮影/オ・ジェホ
音楽/キム・エラム
出演/ソク・チョンマン、ムン・ヒョンジュ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/505-eaecc1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。