Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画秘宝12月号! TRASH-UP vol.10!『密告・者』パンフ!

HIHO_cover_201112.jpg

 本日10/21発売の「映画秘宝 2011年12月号」は、サイモン・ペッグ&ニック・フロスト主演の期待作『宇宙人ポール』の表紙が目印。ぼくもいくつか原稿を書かせていただきました。まずは秀作『ウィンターズ・ボーン』公開に合わせた特集「アメリカ闇社会映画NOW」。現代アメリカの知られざる暗部にスポットを当てた社会派作品を、4ページにわたって紹介。本論では未公開作品を中心に『Take Shelter』『Red State』『The Interrupters』『Meek's Cutoff』といった注目作を、欄外では『ジーザス・キャンプ』『フィクサー』『マイ・ネーム・イズ・ハーン』など、日本で観られる必見作をセレクトしています。

 秋の映画祭特集では、東京国際映画祭で上映される注目作紹介コーナーで3本ほど書きました(もちろん、ナ・ホンジン監督の大傑作『哀しき獣』も!)。また、TOKYO FILMEXで上映される韓国映画3タイトルの紹介や、渋谷ユーロスペースほかで全国順次開催される大特集「フレデリック・ワイズマンのすべて」についても書いております。

 さらに「DEVILPRESS」コーナーでは、先日大盛況のうちに行われた「カナザワ映画祭2011・FIlmageddon II」の前半戦レポートを担当。金沢の映画祭イベントには、なんだかんだで5年ぐらい通っているので、感慨深かったです(やったよ、小野寺さん!)。でも、気がついたら映画の話と飲み会の話が半々ぐらいの割合になってしまいました……。

trash-up_vol10_cover.jpg

 そして、ついに10号目を迎えるトラッシュカルチャーマガジン「TRASH-UP!! vol.10」の発売日も、10/31に決定! 柳下毅一郎さん翻訳のリチャード・フライシャー自伝第2回、餓鬼だらくさんの「バスタオルアクションの魅力」、真魚八重子さんのワイ・カーファイ研究など、今回も盛りだくさんの内容。ぼくは今週末公開の韓国インディーズSFコメディ『エイリアン・ビキニの侵略』オ・ヨンドウ監督のインタビュー記事と、山崎圭司さんとのジョン・カーペンター談義という記事で参加しております。『エイリアン・ビキニ~』の劇場販売パンフレットにも、監督へのインタビューが掲載されているので、そちらもぜひ!

 11月12日には、広島県広島市の横川シネマで「TRASH-UP!! in 横川グラインドハウス」というイベントが開催されるとのこと。『悪魔のいけにえ』『地獄の門』『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』『廃棄少女《ロング・ヴァージョン》』『わたしの赤ちゃん』『電撃』と、超名作ホラーから注目の自主映画まで豪華ラインナップを一挙上映。さらに横川シネマ支配人と屑山編集長のトークショーも交えた6時間以上にわたる濃密なイベントだそうです。お近くにお住まいの方はぜひ足をお運びください。

stool-pigeon_chposter.jpg

 また、10/29よりシアターN渋谷ほかにて公開されるダンテ・ラム監督の力作『密告・者』のパンフレットにも、「香港フィルム・ノワールの現在~ジャンルを代表する3人の作家たち」というテーマで寄稿しました。「映画秘宝 2011年11月号」に書いた現代ノワール映画論の香港パートを、さらに拡大してグレードアップしたような内容です(今からでもいいから『証人』公開求む!)。こちらもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/501-d26b1fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。