Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせなど(映画秘宝「初夏のドニー・イェンまつり」、TRASH-UP!! vol.9 etc.)

HIHO_201107_cover.jpg

 明日5/21発売の「映画秘宝 2011年7月号」で、3本ほど原稿を書かせていただきました。まずは『導火線 FLASH POINT』『イップ・マン 序章』『イップ・マン 葉問』の連続DVDリリースと、主演作『処刑剣 14 BLADES』 の劇場公開に絡めた特集「初夏のドニー・イェンまつり」。ぼくは「ドニー・イェン正伝/“宇宙最強”のドラゴンが誕生するまでの軌跡」という長めのテキストを担当しました。『導火線』から『イップ・マン』2部作、カンヌで話題を呼んだ最新作『武侠』に至るまで、我らがドニー先生がいかにして中華圏を代表するスターになったかを解説しております。

 そして「DEVILPRESS」コーナーでは、注目の新鋭・内藤瑛亮監督の問題作『先生を流産させる会』の最速レビューを書かせていただいております。スキャンダラスな題材に真正面から切り込んだ社会派エンタテインメントでありつつ、ホラー映画としてもガールズムービーとしても高い完成度を誇る傑作。ぜひとも早急に劇場公開を!

 もうひとつは、5/28から新宿K's cinemaで開催される「真!韓国映画祭2011」の告知記事です。バングラデシュからやってきた出稼ぎ青年と韓国の女子高生の交流を描いた『ソウルのバングラデシュ人』(一昨年のコリアンシネマウィークでは『バンドゥビ』という原題で上映)のほか、TRASH-UP!!でも紹介されたパク・チャノク監督の問題作『坡州 パジュ』、朝鮮戦争時に実際に起きた米軍による韓国人虐殺事件の映画化『小さな池─1950年・ノグンリ虐殺事件─』など、注目のタイトルが揃ったイベントです。

chabrol-hupert.jpg

 おなじみトラッシュカルチャーマガジン「TRASH-UP!! vol.9」も、震災による紙不足などを乗り越え、6月に刊行予定。ぼくは今回、前号の特集に引き続きクロード・シャブロル監督の追悼記事として「クロード・シャブロルの共犯者たち【女優編】」という長文をメインに書かせてもらっています。特に、ステファーヌ・オードラン、イザベル・ユペール、マリー・トランティニャン、ベルナデット・ラフォンについては、文字数多めに書きました。

 そのほか、新作DVD紹介コーナーで、赤狩りと闘った不屈の映画人エイブラハム・ポロンスキーの初期作『ボディ・アンド・ソウル』『悪の力』と、マイケル・ケイン主演の社会派バイオレンス・スリラーの秀作『狼たちの処刑台』、キリアン・マーフィーが二重人格者を演じた異色の心理ドラマ『サイコ リバース』のレビューを書きました。地震や放射能にもめげず中身の濃さは一切変わっていないと思いますので、皆様よろしくお願いいたします!

 あと、こういう雑誌でも、ちょびちょび書いております。『カラフル』『REDLINE』『四畳半神話大系』のレビューや、いくつかのインタビューまとめなどをやりました。ご興味ある方はどうぞ。

・Amazon.co.jp
『イップ・マン 序章&葉問』Blu-ray ツインパック
『イップ・マン 序章』DVD
『イップ・マン 葉問』DVD
『導火線 FLASH POINT』DVD
『主婦マリーがしたこと』DVD
『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』DVD
『サイコ リバース』DVD
『狼たちの処刑台』DVD
『ボディ・アンド・ソウル』DVD
『悪の力』DVD
スポンサーサイト

コメント

はじめまして!

はじめまして!
神戸の元町映画館と申します。

「真!韓国映画祭」の記事、拝読致しました。「名古屋大阪に続いて~」との事でしたが、弊館でも3週間「真!韓国映画祭」を上映(今週で最終週)しております!

OPENして一年足らずのミニシアターで、関東にお住まいの方にはまだまだ馴染みが薄いかと存じますが、Tジョイ系列以外では初めて「シネマハスラー」グッズを販売し、ガッツ溢れる(しかない)映画館としてシネマハスラー(トゥルー・グリットの回)内でも告知頂いた事もございます。

以後、お見知りおきの程、よろしくお願いします!失礼致しました!

  • 2011/05/21(土) 23:37:15 |
  • URL |
  • 元町映画館(ペップ) #L1ch7n1I
  • [ 編集]

はじめまして。コメントありがとうございます。
ペップさんのお名前はタマフルで何度かお聞きしたことがあります。映画館の方だったんですね!
「真・韓国映画祭」記述漏れ失礼しました。そちらでも上映中という情報が資料になかったもので……すみません。同じく今週まで上映されているリュ・スンワン監督の『生き残るための3つの取引』も快作でしたね。マ・ドンソクを筆頭に、脇役陣の存在感が素晴らしかったです。神戸在住の映画ファンの方にはぜひ観にいってほしいと思います。

神戸を訪れた際にはぜひ立ち寄りたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2011/05/24(火) 19:29:26 |
  • URL |
  • グランバダ #h1buydM2
  • [ 編集]

ありがとうございます!

私のお名前をご存知とは!グランバダ様もヘビーなタマフルリスナーですね(笑)。恐縮やら恥ずかしいやら…。なんかスイマセン(笑)。

ちなみに元町映画館は劇場スタッフは支配人含め3人だけで、あとは全員ボランティアなんです。私も映画館スタッフではなく、ボランティアでTwitterやfacebookでの情報発信でお手伝いさせてもらってます。

神戸は先日3スクリーン所有の劇場がなくなったりと映画鑑賞環境は悪くなる一方で、「ここでやらねば!」という危機感とガッツだけで、押し売りボランティアをやってます(笑)。ですが、『生き残る~』も動員では苦戦しているので、ホントに難しい状況が続いています。

元町映画館のアカウントもフォローいただき、ありがとうございます!個人のアカウントからもフォローさせていただきます。そして、神戸にお越しの際は是非ともご一報くださいませ。

今後とも元町映画館をよろしくお願いします!長文コメント失礼致しました。

  • 2011/05/24(火) 20:40:29 |
  • URL |
  • ペップ #L1ch7n1I
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/484-de1bbf65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。