Simply Dead

映画の感想文。

『Chez Maupassant/Le Petit fût』(2008)

『Chez Maupassant/Le Petit fût』(2008)

chabrol_sakadaru_cheers.jpg

 クロード・シャブロル監督が子供の頃に読んで爆笑したという、ギィ・ド・モーパッサンの短編小説『酒樽』を映像化した作品。TVドラマシリーズ「Chez Maupassant」の1編で、前作『La Parure』(2007)よりもさらに喜劇色が増している。ついでに、作品に溢れる悪意とシニシズムも、こちらの方が遥かに上だ。(これを読んで大笑いしていた子供って、一体……)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 マグロワール婆さん(ツィラ・シェルトン)は、自分の農地に建てた立派な家にひとりきりで暮らしている。町で食堂宿を営むシコおやじ(フランソワ・ベルレアン)は、その土地と家を手に入れようと、しつこく婆さんに売ってほしいとせがみ続けていた。しかし、婆さんは頑として首を縦に振らない。そこで一計を案じたシコおやじは、婆さんに毎月150フランを渡し、そのまま屋敷で暮らしていいから、死んだあと全てを譲ってほしいと提案。どうせ老い先短いのだから、月々の小遣いを与えてやったほうが安く済むだろうと考えたのだ。この世で何よりもお金が大好きなマグロワール婆さんは、考えに考え、公証人にも相談し、月250フランならいいと返事をする。その申し出にシコおやじも一度は憤慨するが、そんなに長くは生きられないから安心しろという婆さんの言葉に説得され、結局は契約を交わすことに。

 それから数年後、婆さんは娘っ子のようにピンピンしていた。一方、毎月250フランという大金を元気いっぱいの婆さんに支払い続け、シコおやじの憎しみと殺意はパンパンに膨れ上がっていた。ある日、シコおやじは婆さんを食事に誘う。豪勢な料理をたっぷりと振る舞い、自慢の特級酒を婆さんにすすめるシコおやじ。最初は嫌がっていた婆さんだったが、いちど飲み始めたらもう止まらない。なるほどこいつは特級品だ! 2杯、3杯とグラスを空にしていく婆さん。しばらくして、シコおやじが婆さんの家を訪ねると、婆さんは昼間からワインの瓶を空けて泥酔していた。上機嫌の婆さんに、シコおやじは特級酒の入った小さな酒樽をプレゼントする。そして、ある日ついに婆さんは……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

chabrol_sakadaru_present.jpg

 欲の皮が突っ張った者同士の駆け引きが、いつしか一種の計画殺人へと発展していくという物語を、シャブロルは愉快なコメディとして分かりやすく演出する。音楽による笑いのキュー出しも非常に親切だ。また、前作『La Parure』が原作に忠実な映像化だったのに対し、こちらは原作自体がとても短い作品でもあるので、いろいろと内容を膨らませている。シコおやじと食堂の常連客たちの会話シーンや、マグロワール婆さんがやたらと独り言を喋るという設定などを加え、物語に豊かな表情を与えていて面白い。原作にはないエピローグも、シャブロルの痛快な悪意そのものといった感じで、思わず笑みがこぼれる。

chabrol_sakadaru_drink.jpg

 登場人物たちが話す「方言」も強い印象を残す。無字幕のフランス語版で無理やり観たので細かい内容は分からないが、素人の耳で聞いても彼らの言葉の訛り方はちょっと凄い。イタリア語とかロシア語が交じっているような感じだ。シャブロルはこれまでにも『肉屋』(1969)や『Le Cheval D'Orgueil』(1980)などで、田舎の生活文化・風習に深い興味をもって描いてきた。本作ではこの強烈なアクセントが作品の原動力となって、視聴者を画面に引きずり込む役割を果たしている。

chabrol_sakadaru_goodbye.jpg

 全体にコメディタッチが強いものの、もちろんシャブロルらしい戦慄を覚える瞬間もある。物語の後半、シコおやじと婆さんがグラスを手にして乾杯する場面では、会話する彼らの表情ではなく、その手元のアップだけを長々と映しだす。その冷たい「悪意の眼」は、シャブロル・ファンならお馴染みのものだ。まさにその時、婆さんの敗北=死は確定し、シコおやじの殺意は勝利する。その決定的な瞬間を、モンタージュ理論的ともいえる極めて即物的なショットで見せる冷淡さ、シンプリシティがたまらないのだ。

▼撮影中の1コマ。手前で指示を出しているのがクロード・シャブロル
chabrol_sakadaru_shooting.jpg

 可愛らしくも憎たらしいマグロワール婆さんを演じたベテラン女優、ツィラ・シェルトンが何しろ素晴らしい。『ダニエルばあちゃん』(1990)でタイトルロールを演じていた彼女が、本作では何年経っても死にそうにない元気なおばあちゃん役で健在な姿を見せてくれる。対するシコおやじ役に扮したのは、『トランスポーター』シリーズの警部役でも知られる売れっ子バイプレイヤー、フランソワ・ベルレアン。シャブロル作品では『L'Ivresse du Pouvoir 』(2006)と『引き裂かれた女』(2007)に連続出演しており、本作が3本目となる。ラスト、婆さんの訃報を聞いて、こみ上げる笑いをかみ殺しながら泣く演技が最高だ。

・Amazon.fr
DVD「Chez Maupassant Vol.2」(フランス盤・PAL)

・Amazon.co.jp
本「モーパッサン短編集 I」(新潮文庫) ※原作短編「酒樽」収録


監督/クロード・シャブロル
原作/ギィ・ド・モーパッサン
脚本・台詞/ジェラール・ジュールドゥイ、ジャック・サンタマリア
撮影/ブリュノ・プリヴァ
出演/ツィラ・シェルトン、フランソワ・ベルレアン、ステファーヌ・ブテ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/471-84762f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad