Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Le Cheval D'Orgueil』(1980)

『Le Cheval D'Orgueil』(1980)
英語題:The Horse of Pride

1980_horse-pride_poster.jpg

 20世紀初頭のブルターニュ地方に生きる農民たちの生活を描いた、クロード・シャブロル監督の全キャリアのなかでも特に異彩を放つ秀作。原作はピエール=ジャケ・ヘリアスの同名小説。映画は1908年から1918年までの10年間を切り取り、とある若い男女が出会い、結婚し、子供をもうけ、ごく普通の日常を紡いでいく姿を淡々と映しだす。一家の息子ピエール=ジャケが大人になり、少年時代を振り返るかたちでナレーターを務め、特にこれといったストーリーはないまま、ただ時の流れをたゆたうように映画はゆっくりと進む。平凡な一家族の肖像を中心に、その土地に生きる人々が長年守ってきた独特の風習や観念、生き方そのものが描かれていくのだ。

1980_horse-pride_spring.jpg

 画一化された近代文化とは全く異なる独特の生活様式と、絵画のように美しい映像が、観る者の目と心を捕えて離さない。本物の馬を買う金がないために自らの背中を「誇りの馬」と呼び、子や孫たちを何代も背負ってきた人々の朴訥とした暮らしは、しかし第一次世界大戦の勃発と共に変化を余儀なくされる。無垢なる時代の終焉は、やがて彼らの生きざまも滅びへと向かわせるのか……。映画は最後まで冷静な観察眼を貫きながら、どこか楽天的な明るさと優しさをもって幕を閉じる。春の祭りに湧く村人たちの行進を見送るエンディングには、作り手の彼らに対する敬意と慈しみが溢れていて感動的だ。

 決してのどかで平和なだけではない農村のシビアな死生観や、この世とあの世が地続きであるかのようなフォークロア・ファンタジーの世界を、日常生活と等しく描くあたりがシャブロルらしい。貧困のために連鎖する自殺、災厄の象徴である「World Bitch(英語字幕はこういう表記だった。どう和訳したらいいんだろうか?)」という概念、死の淵から蘇った者たちの不可思議な逸話なども織り交ぜ、作品に奥行きを与えている。

1980_horse-pride_kid.jpg

 製作は『気のいい女たち』(1960)『悪意の眼』(1961)『青髭』(1963)といった作品でシャブロルと組んできたジョルジュ・ド・ボールガール。脚本は『まぼろしの市街戦』(1966)のダニエル・ブーランジェと、シャブロルが共同で手がけた。ふたりはかつて超ユルユルのスパイコメディ『ジャガーの眼』(1966)で恐ろしいまでの相性の悪さを見せていたが、本作は彼らの資質がうまい具合に合致した成功作といえる。

 息子ピエール=ジャケ役に扮する少年たちが凄くいい。ロナン・ユベール、アーメル・ユベールの兄弟が、それぞれ8歳と10歳のピエール=ジャケを演じている。若い父親ピエール=アラン役を演じたのは、フランソワ・クリュゼ。彼はシャブロルのお気に入りだったようで、本作のあとには『Les Fantomes du Chapelier』(1982)、『主婦マリーがしたこと』(1988)、『愛の地獄』(1994)、『Rien Ne Va Plus』(1997)に出演している。特に『愛の地獄』での妄執に取り憑かれた夫役は素晴らしかった。また、本作には『仕立て屋の恋』(1989)のミシェル・ブランも「小さな死からよみがえった男」という印象的なエピソードで顔を見せている。

1980_horse-pride_comeback.jpg

 わりとシャブロル作品を盛んにDVD化している米国でも、VHSは発売されたものの、DVDリリースはされていない。本国フランスでは『クリシーの静かな日々』(1990)とのカップリング盤DVDが発売されていたが、現在は廃盤のようだ。他の代表作に比べて、なんとなく扱いが悪い感はある。地味な作品だから仕方ないとも思うが、シャブロルの作品歴の幅広さを知るためには、重要な1本であることは間違いない。

・Amazon.com(米国)
VHS『The Horse of Pride』(英語字幕版)

製作/ジョルジュ・ド・ボールガール
監督/クロード・シャブロル
原作/ピエール=ジャケ・ヘリアス
脚本/ダニエル・ブーランジェ、クロード・シャブロル
撮影/ジャン・ラビエ
音楽/ピエール・ジャンセン
出演/ジャック・デュフィロ、ベルナデット・ル・サシェ、フランソワ・クリュゼ、ポール・ル・ペルソン、ロナン・ユベール、アーメル・ユベール、ミシェル・ブラン、ジョルジュ・ウィルソン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/468-21067cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。