Simply Dead

映画の感想文。

『デビルズ・リジェクト』(2005)

『デビルズ・リジェクト』
原題:The Devil's Rejects(2005)

dr1.jpg

 傑作。正直ここまでとは思わなかった。観ている間つまらない方向に裏切られることのない、近頃では全く希有な暴力映画。

 前作『マーダー・ライド・ショー』(2003)の時も思ったが、ロブ・ゾンビはとにかく呆れるぐらいにちゃんと撮る。ジャンルムービーへの限りない偏愛がなせる業だが、その「本気」が前作では空回りしている(もしくは自分の力量と齟齬が生じている)部分があった。しかし、本作『デビルズ・リジェクト』では、リスペクトの対象がB級ホラー映画から70年代アメリカン・ニューシネマに変わり、ポテンシャルが大きく広がった。手持ちカメラによる埃っぽい映像のトーン、汗ばんだ肌に文字通り肉薄するクロースアップ多用の演出は、まさに完璧な70年代アメリカ映画の再生である。

 昨今流行のリメイク作品も含め、やろうとする者は多いが、結果的には「そうじゃねえんだけどなー」としか思えない中途半端な代物しか生まれてこなかった。が、『デビルズ・リジェクト』が達成したレベルは、他の追随を全く許さない。まるで『ハッスル&フロウ』の見事なオープニングが2時間続くようなクオリティなのだ。

 形骸的な模倣や、生ぬるいオマージュではなく、ドラマもテーマも全てにおいて本気。ロブ・ゾンビは、真に魂そのものが70年代に生きている。作り手が本気なら、こんなことも可能なのだと初めて思った。

dr4.jpg

 前作よりも遥かに血肉を持ったキャラクターとなって帰ってきた主要キャストたち──シェリ・ムーン・ゾンビ、ビル・モーズリィ、シド・ヘイグの3人は、1作目と比べ物にならない苦闘を強いられつつ、遥かに凌ぐ充実感を得たであろうことは想像に難くない。本作で彼らは最悪の殺人犯であると同時に、監督、そして観客の思いを一身に託されるアウトローとなっていく。俳優としてこれほど演り甲斐のある役はないだろう。

 そして、ウィリアム・フォーサイス演じるキチガイ保安官が、彼らの好敵手として圧倒的な存在感を発揮する。

dr5.jpg

 その他のキャスティングにも、監督の映画愛が炸裂している。その時代の空気を得るためには、そこに出ていた人々を集めればいい。『サンダーボルト』(1973)のジェフリー・ルイス、『ゾンビ』(1978)のケン・フォーリー、『サランドラ』(1977)のマイケル・ベリーマン、『キャリー』(1976)のP・J・ソールズ──顔力と存在感へのこだわりからキャスティングされたであろう錚々たるベテラン俳優陣にも、単なるウケ狙い的な扱いに終わらない、本気のテンションの演技を要求しているのが、ロブ・ゾンビの涙ぐましいほど生真面目なところだ。そんな監督に応える役者の芝居(いたぶられっぷり)も、心地好くブルータルな戦慄を与えると共に、ほのかな感動を誘う。

 欠点があるとすれば、これは『マーダー・ライド・ショー』でも顕著だったが、イイ台詞(会話の応酬)を思い付きすぎる。ミュージシャンとしての気質なのか、台詞が切れない傾向がある。でも、画だけで魅せる技量がないわけではないし、その饒舌さも作家性と認めてしまうなら、単にあからさまな説明台詞の多いヘタクソな監督よりは百倍優れている。

 ひとつの時代への限りない愛を画面に焼き付けながら、同時にその終焉を描いてもいる本作(かつての名作たちが全てそうだったように)。映画を含む社会全体が何もかも変わってしまったターニングポイントとして、『スター・ウォーズ』を小ネタに仕込んでいるのも、ロブ・ゾンビの的確な批評眼を感じさせる。もちろん、「あれが全てをダメにした」というストレートな心情の表れにも見えるが。

 『デビルズ・リジェクト』はDVDの高画質で観るには向いていない。劇場のスクリーンに映し出される、ざらついたフィルムの質感で堪能するべき、美しい傑作である。9月30日より公開。

 最後に、タイニー役のマシュー・マグローリーに黙祷を。


製作・監督・脚本/ロブ・ゾンビ
撮影/フィル・パーメット
編集/グレン・ガーランド
音楽/タイラー・ベイツ、テリー・リード、ロブ・ゾンビ
出演/シド・ヘイグ、ビル・モーズリィ、シェリ・ムーン・ゾンビ、ウィリアム・フォーサイス、ケン・フォリー、マシュー・マグローリー、ジェフリー・ルイス、プリシラ・バーンズ、ケイト・ノービー、ダニー・トレホ、ダイアモンド・ダラス・ペイジ、マイケル・ベリーマン、P・J・ソールズ、ジンジャー・リン・アレン、メアリー・ウォロノフ

▼日本版DVDは特典カットしすぎ!
・Amazon.co.jp
『デビルズ・リジェクト』DVD

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/45-a41a6eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad