Simply Dead

映画の感想文。

『業』(1988)

『業』
原題:업(1988)
英語題:Karma

lee-doo-yong_go01.jpg

 イ・ドゥヨン監督の時代劇ジャンルにおける集大成ともいえる秀作。舞台は17世紀の李氏朝鮮。人々が疫病の脅威におびえる中、地域一帯を治めるホ当主はまじないや迷信の類を嫌い、厄除け作りを生業とするクサン夫婦を捕えて詰問する。禁止された厄除けを村人たちに配った夫は、凄まじい拷問の末に去勢され、妻はその美しさが仇となり、当主の妾にされてしまう。しばらくして、心身に異変を感じ始めた当主は、それがクサン夫婦のかけた呪いであると知り、逃亡したふたりを探しだして殺してしまうのだが……。

 本作には、過去にイ・ドゥヨン監督が『ムルドリドン』(1979)、『避幕』(1980)、『内侍』(1986)といった時代劇作品で描いてきた様々なモチーフが散りばめられている。人々の生活と密着した土俗信仰、権力による暴力と抑圧、閉鎖的社会における愛憎と欲望、土着的エロティシズム、そして超自然現象の肯定。『業』というストレートな題名を冠した本作では、いつの世にも民衆の生活や文化を踏みにじる権力の横暴さを痛烈に批判しつつ、階級差などに関係なく、あらゆる人の生を平等に絡め取る「業」の恐ろしさを容赦なく描いている。ハンセン氏病にかかって顔半分が爛れた当主が、半狂乱で雪の中をひた走る、無常観に満ちたラストが鮮烈だ。

 実に救いのない物語だが、その語り口はパワフルかつエモーショナルであり、決して暗鬱とするだけの内容ではない。映画の中盤、真夜中の屋敷で当主が正妻と妾(ヒロイン)の間を行き来するシークェンスは、艶笑喜劇的なユーモアで息抜きさせつつ、のちの不穏なドラマ展開にも繋げるという巧みな作り。その後、ムーダンの祈祷によって当主の家族にかけられた呪いが暴かれるサスペンスフルな展開や、ハンセン氏病で両脚を失ったクサンが兵士たちを相手に繰り広げるハンディキャップ・アクションにも息をのむ。見事なロケセット、カラフルな衣装など、時代劇ならではの風格溢れる画作りも見どころだ。

lee-doo-yong_go02.jpg

 主演は、イム・グォンテク監督の『シバジ』(1986)などで注目を集め、80?90年代のトップ女優として活躍したカン・スヨン。本作では『避幕』のユ・ジインにも通じるシャーマン的資質を備えたヒロイン像を凛々しく、したたかさも匂わせながら演じている。終盤で彼女が見せる「決死」の表情の美しさは忘れがたい。そして、物語的には悪の権化でありつつ人間くさい脆弱さも秘めたホ当主を、名優ナムグン・ウォンが力演。さすがの貫禄を見せつける。

 撮影のソン・ヒョンチェは、イ・ドゥヨン監督とは2作目『お宅のパパもこうですか?』(1971)から組み続けている常連スタッフ。共同脚本のユン・サミュクは、『最後の証人』(1980)や『クレイジー・ボーイ』(1985)など、数々の作品でイ・ドゥヨン監督とタッグを組んできた名パートナー。現在のところ、これが最後のコンビ作だ。

監督/イ・ドゥヨン
脚本/ユン・サミュク、イ・ドゥヨン
撮影/ソン・ヒョンチェ
音楽/チェ・チャングォン
出演/ナムグン・ウォン、カン・スヨン、キム・ヨンチョル、ミン・ボッキ、キム・ユンギョン、ビョン・ヒボン、ハン・テイル、ヤン・テクチョ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/445-2293291b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad