Simply Dead

映画の感想文。

「TRASH-UP!! vol.6」発売迫る!

 第三回爆音映画祭×TRASH-UP!!プレゼンツ“爆音『HOUSE』@バウス”、本当に素晴らしいイベントでした。会場は満員札止めの大盛況、プリントは美麗の極み、爆音サウンドもまったくの適正音量としか聴こえないほど心地好く、上映終了後は自然と客席から盛大な拍手が。そこになんと、大林宣彦監督ご本人も一緒に観られていたというサプライズがあり、その場でマイクなしでご挨拶され、再び熱い喝采を集めていました(終演後の会場前にたむろする出待ちの人々の多さも凄かった!)。バウスシアターの大スクリーンで『HOUSE』を観られるという状況自体がとてつもなく幸福である上、さらにいくつもの嬉しい驚きが積み重なった、信じられないほど幸せな夜でした。

 さて、そんな奇跡の夜をついさっき実現させたトラッシュカルチャーマガジン「TRASH-UP!!」の最新号が、今月ようやく発売されます。ページ数は前号よりさらに増え、約300ページという大ボリューム。もちろん内容面でもより高密度に、ギッチギチに詰まっております。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「TRASH-UP!! vol.6」
 6月19日(土)発売予定 7月2日に発売延期
 定価1575円(税込)


trash-up_vol6_cover.jpg

特集1:ジョージ・A・ロメロ最新作『サバイバル・オブ・ザ・デッド』
 クロストーク 中原昌也×伊東美和×山崎圭司
特集2:いま世界が熱狂!! 日本が誇るカルト少女ホラー映画『HOUSE ハウス』
 大林宣彦監督インタビュー、作品解説
特集3:ホラー、エロス、極道、カンフー!
 オルタナティブVシネの世界 GPミュージアム
特集4:moools 日本最強のインディ・バンドの魅力にせまる!!
 ロングインタビュー/ディスコグラフィー/ライブフライヤー等、貴重な資料を多数掲載
特集5:Jホラーシアター最終章『恐怖』公開記念
 高橋洋 15000字インタビュー
特集6:恐怖のアメリカン・ニューシネマ アメリカ映画は発狂した
 『バード・シット』『ハロルドとモード』『ウォーター・パワー』……

(MOVIE)
●アメリカン・ニューシネマとヴェトナム戦争
●日本映画史の秘部!! 東映ニュー・ポルノの歴史

(MUSIC)
●海外ツアー日記二本立て!
 water faiのNYツアー日記&小島ケイタニーラブ(ANIMA)の韓国ツアー日記
●宇波拓(HOSE)がブラックメタルの生きる伝説「BURZUM」の新譜を聞く!
●関西アンダーグランドシーンの今「道下慎介(オシリペンペンズ、LSDマーチ)の迷宮世界」
●注目すべきバンド:group_inou、YOU GOT A RADIO、WONG FU(from 台湾)、drawing4-5、キノコホテル
●コラム:藤田建次、core of bells、A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)、アクセル長尾(赤い疑惑)
●関西ミュージシャン漫画会議!『美味しんぼ』について語りつくす
 参加アーティスト:和田シンジ(巨人ゆえにデカイ)、増子慎二(DMBQ)、DODDODO、石井モタコ(オシリペンペンズ)

(COMIC)
新連載!呪みちる「エレノイド・ミッシェル」
うぐいす祥子、根本敬×河村康輔、山田緑、キング・ジョー&須田信太朗、DODDODO、石井モタコ(オシリペンペンズ)

(詩)
小笠原鳥類、広瀬大志、白井剛史(プリミ恥部)

【特典 MIXDVD】
oono yuki、INN JAPAN、スカートめくり、BLOND new HALF、core of bells、CARRE、drawing4-5、割礼、プリミ恥部、WONG FU(from 台湾)、water fai...ane more
100分以上収録

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 取扱店はお馴染みタコシェビデオマーケットなど。新たにオープンしたTRASH-UP!!公式サイトでも予約受付中です(その他の取扱店についても、同サイト内をご参照ください)。また、Amazon.co.jpBRIDGEなどのオンラインショップでも予約できます。

 今回、ぼくの書いた原稿は、先日ブログでも紹介した「ワーナーアーカイブコレクション」の記事と、藤原章監督の傑作『ダンプねえちゃんとホルモン大王』のDVDレビューのみ。前号の「香港ニューウェーブ特集」で燃え尽きてしまったので、正直もう全然書かなくていいや?とか思ってたんですが、ギリギリになって書きたいお題が見つかったので、ちょっとだけ参加させてもらいました。

 その代わり、次号「TRASH-UP!! vol.7」に向けての準備は着々と進めております。雑誌「映画秘宝」の近況報告にもチラリと書かせてもらいましたが、次は韓国映画界の巨匠イ・ドゥヨン監督の特集記事にとりかかる予定です。日本ではコリアン・エロスの先駆的作品『桑の葉』シリーズで知られていますが、韓国では「テコンドー映画のパイオニア」とも呼ばれており、多彩なジャンルムービーを次々と世に放った大ヒットメイカーでもあります。この人の紹介をせずして、現代韓国映画研究を前に進めることはできないと思うのです。

 と、その前に「TRASH-UP!!」関係の仕事としては、8月にシアターN渋谷で公開される劇場長編アニメーション『テコンV』のパブリシティにも関わらせてもらっています。1976年に公開されて大ヒットした韓国初の本格的ヒーローロボットアニメが、デジタルリマスター版でついに劇場公開! この作品もまた、映画館で観れば盛り上がること必至の快作なので、興味がある方はぜひ! 今後の展開はまた追ってお知らせいたします。
スポンサーサイト

コメント

「ダンプねえちゃん~」DVDレビュー

DVDレビューありがとうございました!
http://plaza.rakuten.co.jp/doragon2009/diary/201012130000/

タイトル処理でお世話になった「寿しデカ」を今日から配信します。ノーカット版でクレジットさせていただきました。

  • 2010/12/13(月) 06:39:23 |
  • URL |
  • 藤原章 #-
  • [ 編集]

わー!! ありがとうございます!!!!
大きく載せてもらって光栄です。しかも公式サイトのてっぺんに!

『寿しデカ』も見返すたびに面白くなってくる作品ですね。
タイトルといっても、ぼくが描いたのは下書きみたいなものなので、恐縮です……
(ファッションでヘルな継田さんがうまいこと合成してくれたんだと思います)

  • 2010/12/13(月) 19:13:07 |
  • URL |
  • グランバダ #h1buydM2
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/435-a01537de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad