Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『容赦はしない』(2009)

『容赦はしない』
原題:용서는 없다(2009)

2009_no-mercy_krposter.jpg

 相変わらずスリラーブームさめやらぬ韓国映画界だが、これは今年の正月に公開されたばかりの1本。監督・脚本はこれがデビュー作となるキム・ヒョンジュンで、娘を誘拐された検視官と殺人犯の息詰まる戦いがサスペンスフルに描かれる。主演は初共演となるソル・ギョングとリュ・スンボム、そして製作を『公共の敵』シリーズのカン・ウソクが担当。キャストも魅力的だし、これは期待できるかも……と思って観てみたのだが、観終わったあとの印象は「悪趣味ここに極まれり」のひと言。結局、ジャンル自体の行き詰まり感を再認識させられるだけの映画だった。また、ゲンナリさせてくれるといえば、ヒロインの新米刑事に扮するハン・ヘジンのテレビ芝居も、相当な破壊力だ。

2009_no-mercy_a-room.jpg

 物語は、頭部と四肢を切断された女性の遺体が川岸で発見されるところから始まる。ほどなくして、環境運動家のリュ・スンボムが容疑者として逮捕されるが、彼はさらに巧妙な計画を用意していた。事件を担当する検視官のソル・ギョングの愛娘をすでに誘拐していたのだ。娘の命を救うため、証拠隠滅に奔走する羽目になった検視官は、その過程で意外な真実を知ることになる……。

 もう発端部からしてすでに「なんで犯人は事件の担当検視官が誰になるか分かっていたのか?」という矛盾がある上、容疑者が逮捕されるまでの推理部分もズサンすぎる。新米女性刑事が環境保護を訴える著書のなかから犯行手口とリンクする一文を見つけるのだが、書いたヤツをそのまんま疑うあたりが微妙にバカっぽい。そこは読んでるヤツも疑うとかさあ。というか、あまりにも都合よく逮捕されすぎだ(それが犯人の目的なのは分かるが、逆に捕まらなかったらどうするつもりだったのか?)。実際、主人公に「簡単すぎると思わないか」なんて台詞を言わせているほどだが、それらは作品全体のなかでも些末な問題でしかない。なぜなら、この犯人逮捕のくだりは本筋と全く関係なくなってしまうからだ。

2009_no-mercy_run.jpg

 そこからさらに、主人公と犯人(たち)の意外な関係性が明らかになり、事件は初めから仕組まれた罠であることが分かってくるのだが……初っ端から無理のある展開でスタートしているので、意外な新事実をどんどん披露されても、観客としては素直に楽しめない。どうせ最後にどんでん返しがあるんでしょ、これからはあとだしジャンケンの連続でやっていくわけでしょ、と鼻白みながらの観戦となる。中盤を過ぎてようやく意味のないミステリー仕立てから脱し、ストーリーが一直線に動き出すと、だんだん集中できるようにはなってくる。が、いかんせんそれまでがあまりに長い。

 この映画は前半と後半でそれぞれ別種の問題を抱えている。前半はスリラーとして説得力に欠ける導入部の弱さ、そしてこの手の作品によくある「小説的ミステリー」と「映画的サスペンス」の無自覚な混同。後半の問題点は、エクストリームな衝撃的展開を求める近年の韓国スリラーブームが行き着くところまで行き着いたはての、あまりにもアンマリな悪趣味だ。父親の娘に対する愛情が完膚なきまでに引き裂かれる、まさしく鬼のようなどんでん返しには、『オールド・ボーイ』(2003)の結末を思い出す人もいるだろう。ただ、あの映画のラストに訪れる悲劇がどこか現実味のある危うさを孕んでいたのに対し、こちらの場合は「そんなことありえねえよ」と断言できる回りくどさのほうが印象に残る。

2009_no-mercy_cut.jpg

 映画が始まって10分ほどで、おそろしくリアルな遺体解剖シーンが始まるところでは、思わず胸ときめいてしまったことは否定できない。しかし、無邪気なスプラッター趣味だと思っていたものが後半で実は……という「重要なストーリー上の材料」にされてしまったとき、なんとも悔しいというか、残念な気分にさせられた。でも、解剖シーン自体は実に素晴らしい出来栄えである。素人目に見て「へえ、解剖ってこうするんだ!」と感動してしまうほど律儀に、しっかりと手順を見せてくれる。「おへそは避けて切開するんだなー」とか「肋骨と胸の肉を切り離す時はそんなふうに削いでいくのかー」とか「内蔵の組織片を切り取るときは刺身包丁を使うんだー」とか、たいへんタメになる映像が目白押し(血や臓物が苦手な人への配慮はゼロ)。ソル・ギョングの鮮やかなメスさばきに、思わずうっとりしてしまうこと請け合いである。

 ラストの衝撃度に全てをかけている映画であり、確かにそのパワーは認めざるをえない。正月公開の娯楽作であるにもかかわらず、それをやり遂げてしまった根性と情熱にも感心する。しかし、基本的には凡庸で平均的な韓国スリラー映画のイメージから逸脱するクオリティではなかった。日本公開されるかどうかは、正直微妙な気がする。

2009_no-mercy_rookie.jpg

 やはり『チェイサー』級の傑作というのは、そう簡単に現れないものか。『イテウォン殺人事件』は心底つまんなかったし、『極楽島殺人事件』は意欲作だけど空回り感も強いし、『携帯電話』も評判悪いし、『シークレット』は監督が『セブンデイズ』の脚本家だから全然信用できないし……あとは『影の殺人』と『白夜行』に望みをつなぐか。はあ……。

監督/キム・ヒョンジュン
脚本/イ・ジョンホ、キム・ヒョンジュン
撮影/キム・ウヒョン
照明/キム・スンギュ
音楽/パク・チマン
出演/ソル・ギョング、リュ・スンボム、ハン・ヘジン、ソン・ジル、パク・サンウク
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/428-23b22c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。