Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『13/窒息』(1977)

『13/窒息』(1977)

tam_breathless01.jpg

 70年代後半から80年代前半にかけて香港映画界を席巻した若手監督たちのムーヴメント「香港ニューウェーヴ」。斬新な映像スタイルと生々しいリアリズムの追求によって、それまでのモードを一変させてしまった作家たちのなかで、ひときわ異彩を放っていたのがパトリック・タム(譚家明)である。武侠アクションという古典的ジャンルムービーの器に、鈴木清順ばりのアヴァンギャルドな映像美と、メロウな愛憎劇のテイストを盛り込んだ劇場デビュー作『名剣』(1980)は、当時の批評家・同業者たちに多大なインパクトを与えた。肝心の観客からはそっぽを向かれたものの、やがてカルトムービーとしての評価を獲得し、続けて発表された『愛殺』(1981)や『レスリー・チャン/嵐の青春』(1982)といった斬新な傑作群によって、パトリック・タムはその名を不動のものにしていく。

 映画界入りする前、パトリック・タムはすでにTVドラマ界の鬼才として知られていた。彼がディレクターとして参加した作品には『CID』『七女性』『小人物』『13』といったタイトルがあるが、中でも『13』はTV時代のパトリック・タムを代表するシリーズではないだろうか。人間の歪んだ愛情やオブセッションが招く犯罪や恐怖にスポットを当てた、30分枠のスリラードラマで、全13回・計11エピソードのうち、ほとんどの回の演出をパトリック・タムが手がけている。

tam_breathless02.jpg

 そのうちの1編『窒息』は、若き日のチョウ・ユンファが主演した貴重なエピソードである。彼が演じるのは、死と暴力のイメージにとり憑かれた青年カメラマン。彼はモデルを使って殺人や強盗の現場を再現し、その様子を写真に撮り続けている。そんなある日、主人公の目の前に奇妙な幻影が現れ始める。かつて撮影した被写体がフラッシュバックし、内に秘めていたはずの暴力衝動が噴出し、現実と妄想が急速に混濁していく。そして、最後に彼が見出した被写体とは、自分自身の「死」であった……。

 脚本は、のちに『ソウル』(1986)や『喝采の扉』(1996)の監督を手がけるシュウ・ケイ。ミケランジェロ・アントニオーニの『欲望』(1966)、あるいはマイケル・パウエルの『血を吸うカメラ』(1960)を発想の出発点として、スタンリー・キューブリックの『シャイニング』(1980)を先取りしてしまったかのような幻惑的サイコスリラーだ。同時に、透き通るような都会の孤独感を見事にすくい取った青春映画でもある。台詞はほとんどなく、分かりやすい説明も排され、多くは映像によってのみ語られる。こんな実験的な内容のドラマを、普通にTVでやっていたのだから恐ろしい。

 パトリック・タム独自の美的感覚に溢れた画面レイアウト/色彩設計、シャープで小気味良いカッティング/ショット構成は、この30分足らずの短編でも存分に発揮されている。前半のあるシーンに登場していたキャラクターが、唐突に主人公の自宅で食事をしているという場面の見せ方など、かなりハッとさせられる(もちろん『2001年宇宙の旅』の演出は凄く意識してるだろうけど)。ユンファ扮する主人公が異常殺人者なのではないか? と視聴者に思い込ませるトリッキーなオープニングや、エドワード・ホッパーの絵画を明らかに意識した深夜のダイナーの描写などは、初期ダリオ・アルジェントの作風にもやや近いものを感じさせる。BGMに『タクシードライバー』(1976)の音楽をまんま流用しているシーンもあったりして、アジア人らしからぬ洋画的センスが随所に感じられて面白い。当時でもいかにパトリック・タムが異端児的な存在であったか、この作品を観るだけでもよく分かる。

tam_breathless03.jpg

 ものすごくスリムな姿で登場する新人時代のチョウ・ユンファは、都会に生きる若者の孤独を見事に好演。台詞回しは若干あやしいものの、若々しい色気があり、ひとつひとつの所作が魅力的で、スター性の片鱗がうかがえる。ちなみに彼は『13』唯一の長編エピソード『花劫』にも、端役で出演している。その辺のことは今月発売の「TRASH-UP!! vol.5」に書いたので、興味がありましたらぜひ(結局、宣伝)。

・56.com
『13/窒息』(Part 1)
『13/窒息』(Part 2)
(字幕はありません)

監督/パトリック・タム
脚本/シュウ・ケイ
出演/チョウ・ユンファ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/415-3816697b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。