Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『渇き』(2009)

『渇き』
原題:박쥐(2009)
英語題:Thirst

thirst2009_poster.jpg

 最高!! マジ最高!!!!!! 超マジ最高!!!!!!!!!!!

 東京国際映画祭で『復讐者に憐れみを』(2002)を初めて観た時、この監督には一生ついていこうと心に決め、そして韓国映画シーンからも絶対に目を離すまいと誓った身としては、本当に2度目のエポックが訪れたと言っていい大傑作だった。これでもう今年のベストワンは決まった!

thirst2009_complicity.jpg

 本作はパク・チャヌク監督が『JSA』(2000)の頃から温め続けてきた念願の企画であり、初の本格的ホラー映画である。10年間じっくり煮込んだ鬼才の渾身作であるからして、もちろんその内容は一筋縄ではいかない。ソン・ガンホ演じる主人公の神父は、ある理由から人間の血を糧としなければ生きていけない身となり、さらに己の人生を一変させる運命の女性とも出逢ってしまう。光と闇、エロスとタナトス、信仰とマゾヒズム、良心の呵責と罪の快楽。表裏一体のアンビヴァレンツが濃密にせめぎあう中、シネマスコープの画面には真紅の血の華が盛大に咲き乱れ、蒼ざめた死体の山が累々と築かれる。一瞬スガシカオと見分けがつかないくらいスリムになったソン・ガンホの熱演、血まみれ野獣系ファム・ファタールを演じるキム・オクビンの美貌と壊れっぷりが素晴らしい。おなじみ常連俳優オ・ダルスや、出てくるだけで面白いシン・ハギュンら、脇を固めるキャストの充血じゃなかった充実も大きな見どころ。パク・チャヌク作品になくてはならない、お茶目で残酷なブラックユーモアも当然てんこ盛りだ。

thirst2009_married-life.jpg

 とにかくホントに腰が抜けるほど面白くって、いまだに興奮冷めやらず、いつにもまして脳内辞書がウンともスンとも状態なので全然うまく説明ができないのだけど……ひとつだけ。本作は原作として、エミール・ゾラの古典小説「テレーズ・ラカン」をモチーフにしている。この先『渇き』を観ようと思っている人は、そのあらすじだけでも、事前に知っておいた方がいいかもしれない。もちろん、なんの予備知識も持たずにパク・チャヌクの新作に接したい人もいるだろうから、万人にはお勧めしない。しかし個人的には、原作の「テレーズ・ラカン」がどんな内容かを呑み込んでいれば、10倍くらい楽しく観られる映画だと思う。

thirst2009_bloodsucking.jpg

 あとまあ、なんたって今回の『渇き』が自分にとって特別なのは、ついに
パク・チャヌク監督本人にインタビューさせていただいたってことが、やっぱり大きいんスよねえ……。

 というわけで来年1月発売予定の「TRASH-UP!! Vol.5」をお楽しみに! そして『渇き』日本公開は来年2月! 言うまでもなく必見!!

・Amazon.co.jp
DVD『渇き』
本「初期名作集 ゾラ・セレクション (1)」※原作『テレーズ・ラカン』所収

監督/パク・チャヌク
脚本/パク・チャヌク、チョン・ソギョン
原作/エミール・ゾラ 「テレーズ・ラカン」より
撮影/チョン・ジョンフン
照明/パク・ヒョンウォン
音楽/チョ・ヨンウク
出演/ソン・ガンホ、キム・オクビン、キム・ヘスク、シン・ハギュン、パク・イナン、ソン・ヨンチャン、オ・ダルス、メルセデス・カブラル、ソ・ドンス


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/401-5c301117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。