Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況(仕事してました)

 ハイ、ごぶんさたしております。このところ全く更新が滞っておりまして、誠に申し訳ありませんでした。なぜ放置状態になっていたのかというと、ものすごく仕事が忙しかったからです(つまんない理由ですみません)。もう少ししたら余裕が持てると思いますので、今しばらくお待ちください。欲しいDVDリストも、まとめてやります。

 さて、一体何をやっていたかと申しますと、12月中旬に発売される「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」(キネマ旬報社刊)という本の編集作業に携わっておりました(まだ絶賛作業中なんですが)。そのキャリアがそのまま日本アニメ史の歩みと重なる、巨匠・りんたろう監督の特集本です。監督ご本人が少年時代から現在までを語り明かした「ロングインタビュー」、監督ゆかりの方々に貴重なお話をうかがった「関係者コメント」、そして「主要作品解説」「完全プロフィールデータ」「スペシャルコラム」などを掲載。はっきり言って、とてつもなく面白い本になります。日本の映画史・映像文化史に少しでも興味のある方なら、ぜひ読んでいただきたい一冊です。発売日等、いろいろ確定しましたら改めてご紹介します。お楽しみに。

rintaro_plus-madhouse.jpg

▼同シリーズ「PLUS MADHOUSE 02 川尻善昭」も発売中!
kawajiri_kinejun.jpg

 来る12月23日からは、りん監督の最新作『よなよなペンギン』が全国劇場にて公開。それに先立ち、12月5日に池袋・新文芸坐にてオールナイトイベント「新文芸坐×アニメスタイル セレクション Vol.4 マッドハウス・マニアックス」が開催されます。上映作品は、りん監督の『カムイの剣』『X』、そして平田敏夫監督の『ボビーに首ったけ』『グリム童話 金の鳥』の4本。スクリーンにかかる機会が少ない作品ばかりなので、この機を逃すと次はないかも? という貴重な上映です。

 『カムイの剣』は、角川春樹プロデュースによる時代劇アクション大河ロマンの傑作。真田広之の好演、『AKIRA』に決定的影響を及ぼした宇崎竜童+林英哲の音楽も最高です。『X』は上映時間98分の間に、人体も都市も可能な限りデストロイ! という痛快至極な一編。平田監督の『ボビー』『金の鳥』も瑞々しさ溢れる秀作なので、未見の方はぜひ。トークゲストとして、りんたろう監督、平田敏夫監督が来場予定。チケットは新文芸坐チケットぴあにて発売中です(前売2300円、当日2500円)。

inglo_hiho.jpg

 そんな中、クエンティン・タランティーノ監督の新作『イングロリアス・バスターズ』がいよいよ全国劇場にて封切られましたが、時同じくして「別冊映画秘宝『イングロリアス・バスターズ』映画大作戦!」も洋泉社様より絶賛発売中であります。そこになんと、わたくし、ライターとして参加しておるのでございます(なんだこの口調)。お題はレニ・リーフェンシュタール監督のナチ・プロパガンダ映画『意志の勝利』。ついに憧れの秘宝デビュー! というプレッシャーの中でビビりまくりつつ、夏に書いた『意志の勝利』劇場パンフ用の原稿とは全然違うものを書こうと意気込んでたんですが、気合いを入れすぎて方向性を見失い、すったもんだの挙句にさして変わり映えしない内容に……鳴呼……。しかし、こんな栄誉ある機会を与えていただき、自分の非力はさておいて、感謝しております。

 ぼくの原稿なんざ読み飛ばしてしまってかまいませんが、この本が映画ファン必携の超弩級の一冊であることは火を見るより明らかです。町山智浩さんによる大ボリュームの関係者インタビューを始め、錚々たる執筆陣の超重量級テキストが満載。最高に楽しい本なので、ぜひお買い上げください!

 来年発売の「TRASH-UP!! vol.5」の準備もすでに始まっております。無間地獄という言葉が脳裏をよぎりますが、それが人生ってもんでしょう。ではまた!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/400-b4b1d0b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。