Simply Dead

映画の感想文。

『夜と霧』(2009)

『夜と霧』
原題:天水圍的夜與霧(2009)
英語題:Night and Fog

night-and-fog_poster.jpg

 凄まじい傑作。香港で実際に起きた一家無理心中事件を題材に、ある平凡な家族が破滅へと至るまでの物語を、克明かつドラマティックに描ききった力作。理解しがたい現実の惨劇を、真正面からエモーショナルな人間ドラマとして解体しようと試みる骨太さに、アン・ホイ監督の底力を見る思いがした。劇場デビュー作『シークレット』(1979)にも通じる鮮烈な恐怖を誘う描写も多々あり、随所に冴え渡るシャープな演出技巧にも目を見張らされた。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 舞台は低所得者層が多く暮らす香港郊外の住宅地・天水圜。中国四川省の田舎に生まれ、出稼ぎ先の深圳で出会った香港人の夫と結婚したヒウリン(チャン・ジンチュー)は、双子の娘たちと一家4人で天水圜の高層団地に暮らしている。彼女が飲食店のウェイトレスとして目まぐるしく働く一方、失業中の夫・サム(サイモン・ヤム)は生活保護をあてにして働こうとしない。近所の川で釣りをしたり、前妻との間にできた息子に金を無心したりする毎日だ。

 ヒウリンは家庭を持ったことで男に依存していた過去から脱皮し、自立心に目覚め、日々疲労困憊しながらも逞しく家庭を支えている。そんな彼女を前に、すっかり落ちぶれた夫はプライドを傷つけられ、やがて精神の均衡を崩していく。度重なる家庭内暴力の末、ついにヒウリンは娘たちを連れてDV被害者の施設に駆け込む。つかの間の安息を覚える彼女だったが、それで悪夢が終わったわけではなかった……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

night-and-fog_bicycle.jpg

 『夜と霧』は一家心中事件を伝える生々しいニュース映像から始まり、警察署で行なわれる関係者たちの証言とともに、在りし日の一家の姿が綴られていく。穏やかで幸福な日々もあったのに、なぜ彼らは悲惨な最期を迎えることになったのか。誰かが救うこともできたはずなのに、なぜ妻と娘たちは夫に惨殺されなければならなかったのか。その過程を見つめるアン・ホイの演出は、冷徹なようで、温かなヒューマニズムが静かに脈打っている。彼らの命を救えなかった司法や行政への怒り・批判をこめながら、つとめて主人公たちと同じ地平に立ち、寄り添うように事件を見直していく。その語り口は諦観と不安を湛えながら、同時にとても優しい。登場人物もそれぞれが血の通ったキャラクターとして描かれ、脇役に至るまで非常に魅力的だ。傷ついた者同士が絆を紡いでいく中盤以降のドラマはとても感動的で、それゆえに、冒頭で示された非情な結末が観客の心に重くのしかかる。

night-and-fog_washing.jpg

 近年流行のセミドキュメンタリータッチなどで、いくらでも突き放した目線で描くこともできた題材を、アン・ホイはセンチメンタルな情感と、鬼気迫る戦慄に満ちた素晴らしい劇映画として完成させた。その映画人としての肝の据わり方には、胸を打たれずにいられない。

 少しずつ遡っていく時間のなかで、男女の社会的立場が変化していくさまも巧みに映しだされる。激動する中国/香港の様相と並行するように。そこにはまた、失業、貧困、そして大陸出身者への差別問題など、さまざまな社会の病巣が透けて見える。社会派監督の面目躍如たる見事な筆致だ。それでいて、あくまでヒロインを中心とした家族のドラマ、男と女の悲劇的な愛憎のクロニクルとしての骨格は崩さない。そのバランス感覚が、本作を成功に導いた大きな要因ではないだろうか。

night-and-fog_bed.jpg

 殺伐としたテーマながら、アン・ホイは人間的な温もりを感じさせる描写を随所に配し、決して冷淡で重苦しいだけの作品にはしていない。普段はろくでなしの父親が娘たちと無邪気にじゃれ合う姿など、ユーモラスで微笑ましい場面もたくさんある(約束された悲劇に向けて、同時に感じる痛みもだんだんと増していくのだが)。また、ヒロインがDV被害者の施設で、同じ問題を抱えた女性たちと交流を持つシークェンスもいい。腕っぷしの強そうな姐御肌の女性や、狂人扱いされているてんかん持ちの女性など、ひとりひとりのキャラクターの見せ方がすこぶる巧いのだ。

 そして、映画の後半でじっくりと描かれる、ヒロインの実家でのエピソードも、物語に深みと広がりを与えている。結婚したばかりのヒロインと夫を囲むささやかな祝宴のシーンには、アン・ホイ監督がこだわり続ける「家族」と「世代」と「現代中国史」に対する強い思い入れが窺える。

night-and-fog_knife.jpg

 もうひとつ特筆すべきなのが、随所に張り巡らされた恐怖と戦慄。例えば、前半でヒロインが同じ団地の住人と絡むシーンでは、ほとんど相手の顔が映されない。つまり団地内における彼女の周囲の人間関係がいかに希薄だったか、というようなことを示唆する描写なのだが、その撮り方自体が異様な不安を誘うのだ。これはまさに、デビュー当時のアン・ホイの特徴だった演出スタイルである。先述の『シークレット』、あるいは本作とともに東京国際映画祭で上映されたTVディレクター時代の作品群にも、同じように「得も言われぬ不安」を表現する描写に、突出した才気が見られた。『夜と霧』では、他にもサイモン・ヤム演じる夫の狂気に満ちた表情や、袋に入れられた犬など、忘れがたい不穏なイメージが多く登場する。

 また、同様にダークなユーモアも強烈なインパクトを残す。特に凄いのは、夫の暴力に耐えかねて実家に電話したヒロインに、母親が放つ言葉と、それを横で聞いている親父の反応。こんな鬼のような場面を、まったく平静なトーンを保ったままギャグとして差し挟める監督は、アン・ホイぐらいではないだろうか。やはり、肝の据わり方が違う。

night-and-fog_last-day.jpg

 その健気さゆえに悲運の最期を迎える薄幸のヒロイン役、チャン・ジンチューの熱演が素晴らしい。清楚で儚げな美しさと、生活に疲れた兼業主婦のリアルな表情が、ちゃんと両立できている。これは得難い才能だと思う。まあ、地獄のような日々を送っているDV被害者という設定にしては、あまりにも「映画的」に美人すぎるという声もあるだろう。しかし、この陰惨で生々しい物語を、映画というファンタジーとして受け入れられるのは、彼女の透明感のある美しさと愛らしい表情あってこそのもの。実際、この映画を観た誰もが、彼女のことを好きになってしまうのではないだろうか。

▼アン・ホイ監督(左)とサイモン・ヤム
night-and-fog_ann-hui.jpg

 狂気にとり憑かれていく夫を演じるサイモン・ヤムの怪演も圧巻だ。昔からキレた暴力男を演じさせると絶品だが、本作は紛れもなく彼のベストアクトだろう。この恐ろしいキャラクターを「共感」をもって描こうとするアン・ホイの視線にも驚かされる。貧すれば鈍する、いわゆる「激安人間」の最悪のパターンとして登場しながらも、彼を単に説明不能な“怪物”としては描かず、むしろ狂気に陥っていく彼の不幸と人間的な弱さに迫っていくのだ。もちろん、暴力的なマッチョイズムや古くさい女性観に鋭い諷刺の目も向けながら、男として去勢されていく者の焦燥、崩壊する香港男性のアイデンティティをも、等しく理解しうるものとして見つめていく。それは、負のサイクルに絡めとられた者たちへの慈しみとでもいうべきか。山岸涼子が津山三十人殺し事件を題材に描いた傑作漫画『負の暗示』のスタンスにも近いものを感じた。

 他にも、施設で友人となるシウレイ役のジャクリーン・ロウ、隣室の住人役のエイミー・チュムなど、脇を固めるキャストの演技も印象深い。双子の娘を演じた姉妹も、素晴らしい演技を見せている。

night-and-fog_friend.jpg

 この『夜と霧』の前に、アン・ホイ監督は同じく天水圜を舞台にしたヒューマンドラマの小品『生きていく日々(天水圍的日與夜)』(2008)を撮っている。元々、企画としては『夜と霧』の方が先に進行していたが、題材が題材だけに資金集めが難航。最終的にバリー・ウォンがプロデューサーとして援助してくれることになったが、「いきなり重い話じゃアレだから、先に軽いやつも撮ってよ」みたいな話になり、数年前に教え子の学生が持ち込んだシナリオを元に『生きていく日々』を低予算で製作。それが興行的にも批評的にも大成功を収めたので、満を持して『夜と霧』に取り掛かったという経緯があるらしい。アン・ホイにとってはまさに入魂の一作であり、実際、『夜と霧』は彼女の最高傑作と言ってもいいフィルムに仕上がっている。ぜひ日本でも正式に劇場公開してほしい。



監督/アン・ホイ
製作総指揮/バリー・ウォン
製作/アン・ホイ、アンジェラ・ウォン
脚本/チョン・キンワイ
脚本監修/アレックス・ロウ
撮影監督/チャーリー・ラム
音楽/シャーロット・チャン
編集/コン・チーリョン
出演/チャン・ジンチュー、サイモン・ヤム、ジャクリーン・ロウ、エイミー・チュム、オードリー・チャン

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/398-1970cf20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad