Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TRASH-UP!! vol.4」いよいよ発売!

 日本でいちばんあやふやでタガの外れた雑誌を目指す(?)トラッシュカルチャーマガジン「TRASH-UP!! vol.4」の発売日が、10月19日に決定しました。今回のメイン特集は「オルタナゴヤ 名古屋ロック最前線」。他にも映画・音楽・コミックなど、相変わらず様々なジャンルのディープな記事が満載。何しろ表紙がキョーレツです!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
TRASH-UP!! vol.4
10月19日発売
定価1575円(税込)
224ページ

trash-up_vol4_cover.jpg

《MAIN TOPICS》
対談 クール・キースvs中原昌也
総力特集 オルタナゴヤ 名古屋ロック最前線
   ○ロングインタビュー:のうしんとう/6eyes
   ○総論「オルタナゴヤ。?まだ暮れない黄昏とまだ明けきらない夜の間で?」
   ○小説「つっぱりHIGH SCHOOLはヨークシャテリア」(土屋主税 from 6eyes)
   ○ホラー戯曲「マイナス」by お前は宇宙で死ぬ
   ○漫画「光走族について」by 大橋裕之
○幻の番組「ミッドナイトギグ」を追う!
○割礼/ミラーボールズ/名古屋の天皇“ガイさん”/キャラバン・・・&MORE

新連載! 「ソレイユ ディシプリン vol.1」 根本敬×河村康輔
フランス流、エクストリーム・ゴア・フィルム!?「マーターズ」と仲間たち by 山崎圭司
祝 再来日! ロックの至宝オンリーワンズ  by 諸頭淳子 Junko Moroto
実話怪談当たり年! 2009年の実話怪談本20本レビュー by 尾崎未央
ジョンとマイケル 傑作ミュージックビデオ『スリラー』を生んだふたり? by 岡本敦史

《MOVIE》
祝DVD化!『下女』/『ウルフクリーク 猟奇殺人谷』
アニメの極限に到達した傑作『Coraline』
最新韓国ホラー『不信地獄』 by キム・ヨンウン
追悼 ルー・ペリーマン/デビット・キャラダイン
最も奇妙なスパニッシュ・ホラー『El asesino de munecas』 by 伊東美和
いけすかない90?00年代のホラー映画たち by 真魚八重子
音楽青春映画の傑作『GOGO 70s』?伝説のバンド《デビルス》の軌跡 by 岡本敦史
セルに刻まれた血の“痛み”『エンゼル・コップ』  by 餓鬼だらく
イ・ジュニク監督の音楽映画三部作 by 岡本敦史
スプラッタやくざ大戦争『修羅のみち』シリーズ by 餓鬼だらく
『グッド・バッド・ウィアード』と満州ウエスタンの世界 by 岡本敦史
『オールナイトロング』シリーズ徹底解剖 松村克弥監督インタビュー by 五所光太郎
ロイド・カウフマン物語 その4

《MUSIC》
麓健一
昆虫キッズ
PLASTICS
エクストリームPC音楽道場 「Germlin」 by MARUOSA
WORDS AND TAPES #2「Ju Sei」インタビュー
怪優ビル・モーズリィの秘蔵音源、奇跡のリリース! by ルチオ・コルチ
関西アンダーグラウンドシーンの恐怖分子 似非浪漫

《ART》
HIROAKI TOKIWA
Laura Lamoratta(from Itary)
フジタ ユウコ
アニュウリズム
坂下康

《コラム》
神谷一義(オフノート)
A.K.I.(倫理B-BOY RECORDS / A.K.I.PRODUCTIONS)
古澤健
バサラブックス
バウス日記#4

《詩》
「小さな、無脊椎動物の、微笑のような軟らかい顔」作:小笠原鳥類
「虚ろ首」作:岩佐なを

《COMIC》
「ゾンビDJ」 作:キング・ジョー 画:須田信太郎
「ないとおぶざりびんぐでっど」 作画:うぐいす祥子
「犬がほしい」 作:蟲田腐乱子 絵:キクチヒロノリ
山田緑
榊原悠太
baby arm × zaide

COVER ARTIST:クール・キース&中原昌也
PHOTO:梅川良満

【MIXDVD】
6eyes/のうしんとう/ミラーボールズ/Building/湯浅湾/owllights/昆虫キッズ(with 豊田道倫)/麓健一/mmm/oono yuuki/似非浪漫/GULOSA(MARUOSA+GULPEPSH)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ぼくは前号に引き続き韓国映画関連の記事と、あまりに傑作すぎて観ながら軽く凹んだ『Coraline』のレビュー、さらにマイケル・ジャクソン追悼記事というおこがましいにも程があるコラムを担当しました(でも中身は結局、ジョン・ランディスへのオマージュに……)。全部で4万字くらい書いてます。前号でインタビューさせていただいた韓国の映画評論家キム・ヨンウンさんの新作レビューや、餓鬼さん・山崎さん・伊東さん・八重子さんなど、お馴染みの執筆陣によるコラムも楽しみ。名古屋ロックシーンの全貌、中原さんとクール・キースの対談も興味津々です。

 取扱店はお馴染みタコシェビデオマーケットなど。一般発売は19日ですが、10月17日に吉祥寺CLUB SEATAで行われるライブイベント「吉祥寺 SHOCK FESTIVAL ?TRASH-UP!! vol.4 Release Party?」で、一足先に先行販売される予定です(当日限定ZINEの配布もあり)。なお、Amazon.co.jpタワーレコードHMVほかのオンラインショップでも予約受付中。今回も常軌を逸した中身の濃さになってると思いますので、よろしくお願いします!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/395-5f5ae0fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。