Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『グッド・バッド・ウィアード』(2008)

『グッド・バッド・ウィアード』
原題:좋은 놈, 나쁜 놈, 이상한 놈(2008)
英語題: The Good, The Bad, The Weird

gbw_krposter.jpg

 四の五の言わずに今すぐ劇場に走れ! と言いたくなる無国籍アクション活劇の大傑作。近年これほどスクリーン映えする映画は他になかったのではないだろうか(強いて言うなら『ダークナイト』ぐらいか)。その画面が持つ奥行きと広がりは比類なく、はっきり言ってテレビやパソコンの画面で観ても「そんなの観たことにならねえよ」と断言できる痛快作である。いまや劇場館数や上映回数もグッと減りつつあるらしいが、このチャンスを逃してしまうほど勿体無いことはない。とにかくできるだけスクリーンサイズが大きく、なるべく音響設備のいい劇場で、絶対に前の方に座って観てほしい。以上!

gbw_grand-duel.jpg

 とまあ、そのくらいのことしか本当は言いたくないのだけど、それでもまだ腰が重い人のためにもう少しだけ書く。本作の原題の直訳は「いい奴、悪い奴、変な奴」。これはもちろん、セルジオ・レオーネ監督の傑作マカロニウエスタン『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966)の原題「Il Buono, Il Brutto, Il Cattivo(いい奴、悪い奴、醜い奴)」をもじったものだ。そして『グッド・バッド・ウィアード』は韓国ジャンル映画史の忘れられた1ページ「満州ウエスタン」をかつてない大スケールで復活させようという大胆な試みでもある。映画的快感にこだわりぬいたアクション演出、日本映画では到底実現できない規模の画面作り、ひたすら単純明快かつ荒唐無稽なB級エンタテインメント精神に貫かれたストーリーテリングによって。本作はまさに世界中のジャンル映画ファンのために作られたような映画なのだ。それならぼくらも劇場のシートで出迎えるのが礼儀というものだろう。

 「宝の地図」という今時ありえないくらい単純なマクガフィンをめぐり、丁々発止の駆け引きと凄絶なバトルを繰り広げる3人の無法者を演じるのは、現在の韓国映画界を代表するスター男優たち。チョン・ウソン=良い奴、イ・ビョンホン=悪い奴、ソン・ガンホ=変な奴という、これ以上になくピッタリの配役だ。

gbw_bad.jpg

 3人の中で特に強烈なインパクトをもたらすのが、悪党一味の親玉パク・チャンイ役を演じたイ・ビョンホン。ギラギラした狂気とカリスマ性を全身から放ち、ほとんどマンガのようにデフォルメされた「悪い奴」ぶりは、もはや滑稽なまでにカッコいい。前々からインタビュー映像などで素の姿を見かけるたびに「ホントはちょっと変な人なんじゃないか……?」と思っていたが、本作ではそんな彼のオフビートな個性が初めて(いい意味で)全面開花した感がある。もちろん、鍛えあげられた肉体を駆使したアクションのキレも素晴らしい。過去に出演したどの作品よりも、『グッド・バッド・ウィアード』のイ・ビョンホンはタガが外れていて魅力的だ。

gbw_weird.jpg

 小悪党ユン・テグ役の名優ソン・ガンホも、抜け目ないのか間抜けなのか、それとも恐るべき男なのか掴みどころのない「変な奴」をすっとぼけた味で瓢々と演じ、十八番的な役柄を心底楽しんでいる様子。本作では円熟の域に達した映画スターとしての風格と、アナーキーな魅力を同時に発散していて快い。クライマックスで見せる「凄み」も説得力十分だ。

 そして、『続・夕陽のガンマン』ではクリント・イーストウッドが演じた「いい奴」役という、プレッシャーを背負わざるを得ない大役を任された賞金稼ぎパク・トウォン役のチョン・ウソンは、個性的なふたりに囲まれて少々分が悪いと思われたが、なかなかどうして鮮烈な印象を刻みつける。3人の中では最も長身でスリムなモデル体型なので、ひとつひとつの立ち姿やアクションが異常なまでにキマるのだ。疾駆する馬に乗りながらライフルを回転撃ちする姿、セルジオ・レオーネ監督の『ウエスタン』(1969)そのまんまの格好でラストの決闘に臨む姿は、鼻血が出るほどクール。抑えた芝居も堂々たるもので、「いい奴」の座にふさわしい存在感を示してくれる。

gbw_good.jpg

 役者の面構えだけでも十二分に楽しめる『グッド・バッド・ウィアード』だが、真の見どころはなんといってもアクションに次ぐアクション。西部劇では定番の列車襲撃に始まり、巨大な市場での銃撃戦、大平原を舞台にギャングと馬賊と日本軍が入り乱れる追跡劇、そしてクライマックスの決闘と、強烈な映画的快感を誘発する場面がてんこ盛りだ。キム・ジウン監督は前作『甘い人生』(2005)で実はアクション演出の才能にも秀でていることを示したが、本作ではよりダイナミックかつ意欲的な見せ場作りを成功させている。大がかりなセットや本物の蒸気機関車などを使った「実物大の迫力」と、デジタル合成やCGを駆使した「最新鋭のトリック撮影」を非常にうまく組み合わせ、豪快かつスタイリッシュな超絶アクションを展開させる。それを追いかけるトリッキーなカメラワークの躍動感も特筆ものだ。撮影を手がけたのは『箪笥』(2005)でキム・ジウンと組んだイ・モゲ。

gbw_villains.jpg

 中でも白眉は映画の中盤、主人公3人が初めて一堂に会する雨の市場での大銃撃戦。無国籍ムードたっぷりのセットで繰り広げられる、破天荒なアイディアに満ちたアクションの数々が素晴らしい。ワイヤーを使ったアクロバティックなスタントは、ツイ・ハーク監督の傑作『ドリフト』(2000)にも通じる興奮と快感を覚える。メイキング映像を見ると、カメラオペレーターもワイヤーを装着して空中を飛び回ったりしていて、度肝を抜かれた。

 なお、この映画で武術監督を務めたチ・ジュンヒョンは、中国での撮影中に不慮の交通事故で亡くなり、現場は同僚のチョン・ドゥホンらによって引き継がれた。その出来事はドキュメンタリー映画『俺たちはアクション俳優だ』(2008)にも描かれている。『グッド・バッド・ウィアード』が大韓民国映画大賞の視覚効果賞を受賞した時、チョン・ドゥホンは壇上で「苦労や怪我を重ねながら陰で映画を支え続ける韓国のスタント俳優は、私が敬愛する最も誇らしい人たちだ」と賛辞を捧げた。本作にはそんなスタント野郎たちの熱い心意気が隅々まで息づいている。

gbw_shooting.jpg

 もうひとつ素晴らしいのが、音楽。ロックバンド「シナウィ」のメンバーでもあるダルパランが手がけたサウンドトラックは、ドメスティックな洗練ともいうべきレベルに到達している逸品だ。韓国的なイナタい垢抜けなさを感じさせるユーモラスな音色を全編に鳴り響かせ、時にクラブミュージックのビートで観客の耳を快くキックしながら、男だらけのB級活劇らしいバワフルな泥臭さと放埓さを失わない。単なる西部劇のオマージュや、見当違いなイマ風アクションスコアとは一線を画した、本作の性格付けに大いに貢献している名スコアだと思う。

 とはいえ、欠点がないわけではない。映像とアクションと役者の演技は最高だが、ストーリーはあってなきがごとし。監督自身も認めているが、とにかく見せ場作りを優先させて話はあとから付け足したような作り方をしたらしいので、観賞態度としてはただひたすらその場その場の楽しさに身を委ねるのが正しい。何せアクションが始まると常に三つ巴、四つ巴の大乱戦が展開していくのだから、マトモに物語を構築していく方が狂気の沙汰だとも言える(さすがに『甘い人生』みたいに夢オチで終わったりはしないのでご安心を)。

gbw_riders.jpg

 ちなみに日本公開版は129分。オリジナルの韓国公開版より10分ほど短いインターナショナル・バージョンをもとにしている。オム・ジウォン扮する独立軍の女性闘士は韓国公開版にしか登場せず、密使役のオ・ダルスは日本公開版では出ていることにも気付かないだろう(分かった人はえらい)。エピローグも韓国公開版の方がたっぷりしていて、現在日本の公式サイトで特別公開されている別エンディングよりもさらに長い。ただし、監督自身は「韓国公開版のエンディングは、あくまで韓国の観客向けに用意したもの。個人的な好みとしてはカンヌで上映したバージョン(インターナショナル版)の方が気に入っている」と語っている。また、映画の後半でソン・ガンホがダイナマイトを使って日本軍の追跡を振り切るシーンは、韓国公開版にはなくインターナショナル版にしか存在しなかったりするので、ちょっとややこしい。それと原版でちょっとイントネーションが怪しかった日本語の台詞を、日本公開版ではちゃんと吹き替えし直しているところは、気が利いているなと思った。

gbw_desert.jpg

 なお、この映画が『続・夕陽のガンマン』と共にオマージュをささげ、作り手も多くの面で影響を受けたと公言している「満州ウエスタン」の代表作『鉄鎖を断て』(1971)との関連については、10月中旬発売の「TRASH-UP!! vol.4」に書かせてもらった。同じく60?70年代の韓国娯楽活劇をポストモダン的に再解釈したパロディアクション『タチマワ・リー/悪人よ、地獄行き急行列車に乗れ!』(2008)とも絡めて書いたので、興味の湧いた方は、ぜひ。

・Amazon.co.jp
DVD『グッド・バッド・ウィアード』特別版
DVD『グッド・バッド・ウィアード』コレクターズ・ボックス【初回限定生産】
Blu-ray『グッド・バッド・ウィアード』コレクターズ・ボックス【初回限定生産】


監督/キム・ジウン
脚本/キム・ジウン、キム・ミンソク
撮影/イ・モゲ
照明/オ・スンチョル
音楽/ダルパラン、チャン・ヨンギュ
出演/チョン・ウソン、イ・ビョンホン、ソン・ガンホ、リュ・スンス、マ・ドンソク、ユン・ジェムン、イ・チョンア、白竜、國本鍾建

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/392-43f3f64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。