Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しいDVDリスト・国内編[2009.8+α]

zombie2_perfect_jpdvd.jpg

 8月1日から公開される竹中直人監督のホラーコメディ『山形スクリーム』は、最初の10分くらいで思わず「ものすげーヒデーッ!!」と竹中ギャグ調に叫びだしたくなる壮絶な映画ですが、観ているうちにだんだん楽しくなってくるという奇跡のような1本です。特に後半は暴走する竹中演出に拮抗するかのように、ホラー映画ファンなら「正しい!」と思える展開が積まれていく心地好さがあります。脚本の継田さん、いい仕事してます。かつて味わったことのない未曾有の破壊的映画体験をしたい方は、ぜひお近くの劇場へ!

 というわけで、恒例の欲しいものリスト・国内編のお時間です。8月はルチオ・フルチ監督の『サンゲリア』、ショーン・S・カニンガム監督の『13日の金曜日』といった人気作が別仕様で再リリース。東映お色気学園アクション『恐怖女子高校』シリーズや、エドウィージュ・フェネシュ主演の艶笑喜劇『青い経験』シリーズの一挙リリースも、特定のファン層には嬉しいニュース。個人的には海外TVコメディ『アルフ』の国内初ソフト化がものすごい快挙だと思います。新作では、70年代の韓国ロックシーンを描いた青春映画『GOGO70s』、全編ニューヨーク・ロケを敢行したインド映画の大ヒット作『たとえ明日が来なくても』、ジョン・ウー節が冴え渡る歴史アクション超大作の完結編『レッドクリフ PartII』といった作品が登場。夏はホラーだろ! という真っ当な嗜好を持った方には、ジャック・ケッチャム原作の傑作バイオレンス『THE LOST ─失われた黒い夏─』、オーストラリア版『悪魔のいけにえ』と謳われる『ウルフクリーク 猟奇殺人谷』がおすすめ。各商品タイトルのリンク先は、Amazon.co.jp


night-hunter_fox_jpdvd.jpg

●2009.8.5発売
『狩人の夜』(1955)
デイヴィス・グラッブの小説をもとに名優チャールズ・ロートンが生涯唯一の監督を手がけた、カルトムービーの代名詞的傑作が待望の再リリース。両手に「LOVE」「HATE」の刺青を彫った“悪の申し子”伝道師ハリーを演じるロバート・ミッチャムの存在感が圧倒的。名撮影監督スタンリー・コルテズによる悪夢的な美しさを湛えた映像も忘れがたい。でも、ジャケが良くないよなあ……。(20世紀フォックス)

『サンゲリア』パーフェクト・コレクション(1980)
イタリアン・スプラッターホラーの鬼才、ルチオ・フルチ監督の代表作を「パーフェクト・コレクション」と銘打って再リリース。82年のTV放映時の日本語吹き替え音声、関係者インタビュー、オーディオコメンタリー、予告編集、スチールギャラリーなどを収録。「TRASH-UP!!」でもおなじみ伊東美和さんと山崎圭司さんの解説つきブックレット(12P)、公開当時の試写状レプリカも同梱。(キングレコード)

『危険な遊戯 ハマースミスの6日間』(1990)
第二次世界大戦下のロンドン。米軍の脱走兵“シカゴ・ジョー”ことリッキーと、女優を目指すショーガールのジョージナは、スリルと刺激を求めて享楽的な日々を送っていた。やがてふたりは犯罪の道へと突き進む……。実話をもとにした社会派クライムドラマ。主演はキーファー・サザーランドとエミリー・ロイド。監督は『ペーパーハウス/霊少女』のバーナード・ローズ。初DVD化。K・サザーランドが初監督を務めた刑務所ドラマ『要塞監獄/プリズナー107(LAST LIGHT)』も同日リリース。(キングレコード)

『半魚人の逆襲』(1954)
50年代モンスター映画の代表作『大アマゾンの半魚人』の続編。南米のアマゾン奥地に生息していた半魚人が、フロリダの研究所へと連れて行かれ、そこで女性科学者に恋心を抱いてしまう……。 監督を務めたのは前作同様ジャック・アーノルド。若かりし日のクリント・イーストウッドが端役で出演し、映画デビューを飾った作品でもある。初DVD化。(キングレコード)

last-sunset_jpdvd.jpg

『ガンファイター』(1961)
メキシコからカリフォルニアへ、千頭の牛を引き連れて新天地へと向かおうとする退役軍人ブレッケンリッジ。旅の手伝いを探していた彼の前に現れたのは、因縁深いふたりの男だった……。名匠ロバート・アルドリッチ監督と、赤狩りでハリウッドを追われた反骨の脚本家ダルトン・トランボが組んだ西部劇。主演はロック・ハドソン、カーク・ダグラス。初DVD化。(キングレコード)

『レッドクリフ PartII ─未来への最終決戦─』コレクターズ・エディション(2009)
ジョン・ウー監督が「三国志」の“赤壁の戦い”を映画化した渾身の超大作、その第2部が早くもリリース。第1部よりも遊びが多く、特に前半はやたらヴィッキー・チャオがフィーチャーされてたり、「もう、ウーったら!」とファンが身悶えするような展開が満載。個人的には後半の派手なバトルよりそういう場面の方が面白かった。DVDは3枚組のコレクターズ・エディションのほか、2枚組のスタンダード・エディションBlu-ray版も同時発売。第1部とセットのツインパックもあり。(avex)

『ディレクターズカット ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間』40周年記念アルティメット・コレクターズ・エディション(1970)
音楽史に残る伝説的祭典“ウッドストック”の模様を記録したドキュメンタリーの名作が、40周年記念バージョンで登場。新たにリマスターされたディレクターズカット版本編に加え、約170分に及ぶライブ映像、ウッドストックの裏側に迫った2時間のドキュメンタリー、助監督と編集を務めたマーティン・スコセッシら当時のスタッフへのインタビューなどを収録した4枚組。Blu-ray版も同時発売。(ワーナーホームビデオ)

『アッカトーネ』(1961)
鬼才ピエル・パオロ・パゾリーニの長編監督第1作がニューマスター版で再登場。ヒモ暮らしをしている貧しい若者アッカトーネを主人公に、貧民街に生きる人々の荒んだ生態を冷徹に見つめた問題作。また、パゾリーニがセックス・恋愛・結婚観などについて様々な人にインタビューをおこなったドキュメンタリー『愛の集会』(1964)、イエス・キリストの人間像と彼の生きた時代を生々しく描く『奇跡の丘』(1964)も、ニューマスター版で同時発売。(エスピーオー)

intimate-enemies_jpdvd.jpg

『いのちの戦場 ─アルジェリア1959─』(2007)
1959年、アフリカ北部のアルジェリアに赴任してきた仏軍中尉テリアンは、フランスからの独立を求めるゲリラ「フェラガ」との戦闘指揮を命じられる。だが、仏軍による捕虜への拷問や民間人への虐殺行為を目の当たりにし、次第に精神のバランスを崩していく……。ブノワ・マジメルが企画立案し、自ら主演を務めた戦争ドラマ。フランスではいまだにタブーとされているアルジェリア戦争の実態に迫った意欲作。共演は『Enfermes Dehors』のアルベール・デュポンテル。監督は『スズメバチ』のフローラン・シリ。原題の“L'Ennemi Intime”は「己の内なる敵」の意。(アルバトロス)

『レイクビュー・テラス 危険な隣人』(2008)
L.A.の住宅地に越してきた白人と黒人のカップル。幸福な新生活もつかの間、隣に住む黒人警官が執拗な嫌がらせを始める。彼は白人を病的なまでに忌み嫌い、白人と結婚するような“裏切り者”にも激しい憎悪を抱いていた……。人種問題をテーマにしたサスペンススリラー。監督はイヤな話を撮らせれば右に出る者のない劇作家ニール・ラビュート。サイコな警官役を演じるのはサミュエル・L・ジャクソン。Blu-ray版も同時発売。(ソニーピクチャーズ)

『さすらいのガンマン』スペシャル・エディション(1966)
妻や仲間を虐殺されたナバホ族の青年ジョーの復讐劇を描いた、セルジオ・コルブッチ監督によるマカロニウエスタン。実際にネイティヴ・アメリカンの血をひくバート・レイノルズが主人公ナバホ・ジョーを演じ、本格的映画デビューを飾った。デジタルニューマスター版の本編に、日本語吹き替え音声も加えたスペシャル・エディションで再発売。また、トーマス・ハンター主演の『帰って来たガンマン』(1966)、アンソニー・ステファン主演の『皆殺しのガンファイター』(1969)も同じくスペシャル・エディションで同時リリース。(エスピーオー)

『怪談バラバラ幽霊』(1968)
遺産争いがもとで殺され、バラバラにされてしまった女の幽霊が復讐を開始する……。おどろおどろしい魅力に溢れた大蔵怪談映画の1本が、低価格で再発売。財産目当てのために轢殺された若妻が生首の怨霊となって襲いかかる『生首情痴事件』(1967)、沖縄と中国に古くから伝わる怪談を現代に蘇らせた珍品2本立てホラー『沖縄怪談 逆吊り幽霊/支那怪談 死棺破り』(1962)も、廉価版で再登場。(ファーストディストリビューション)


gogo70s_jpdvd.jpg

●2009.8.7発売
『GOGO70s』(2008)
1970年代、軍事政権の下で抑圧された青春を送っていた韓国の若者たち。基地村のクラブで米兵相手に嫌々ながらカントリーを演奏していた青年サンギュは、とあるバンドでギターを弾いていた男マンシクのソウルフルなサウンドに衝撃を受け、一緒にバンドを結成。夜間通行禁止令が発布され、若者文化への取り締まりが激しさを増す中、サンギュたちはシークレットライブを敢行する……。 「TRASH-UP!! vol.3」の韓国ロック特集にも登場した実在のロックバンド“デビルス”の伝記映画。激しい弾圧を受けながらも、涙を流し声を枯らして歌い続けた若者たちの青春模様を綴る。韓国におけるディスコカルチャーやロックシーンの萌芽を描いた作品としても興味深い。主演は『タチャ イカサマ師』のチョ・スンウ。(ファインフィルムズ)

『Miss 杜十娘』(2003)
自分に相応しい素敵な男性との出会いを夢みる高級売春婦の杜。そんな彼女の前に、魅力的で聡明な学者・李甲が現れる。たちまち恋に落ちるふたりだったが、疑り深い杜は彼の愛が本物かどうかを確かめるため、あの手この手で李甲をテストし始める……。人気女優ミッシェル・リーと『ワンナイト・イン・モンコック』のダニエル・ウーが共演した古装片コメディ。(アートポート)

『家族の四季 愛すれど遠く離れて』(2001)
大富豪ラーイチャンドは長男ラーフルに相応しい結婚相手を決めるが、ラーフルは別の女性アンジャリーとの愛を選んだ。心張り裂ける思いで家を捨てたラーフルは、恋人と共にロンドンへ。弟のローハンはなんとか家族の絆を取り戻そうと、兄たちの後を追う。実はラーフルが家族とは血の繋がっていない養子であると知りながら……。インド、イギリス、ロンドンを股にかけ、世代を超えた家族の絆を感動的に描いた大河ドラマ。シャー・ルク・カーン、アミターブ・バッチャンら、インド映画界を代表する豪華キャストが出演。監督はインド映画の若きカリスマと評されるカラン・ジョーハル。(アップリンク)

『たとえ明日が来なくても』(2003)
父を亡くしたニューヨーク在住のナイナーは、母と祖母のケンカや家の借金といった悩みを抱え、すっかり笑顔を忘れていた。そんなある日、近所に陽気な若者アマンが越してくる。ナイナーは彼の悪戯に怒りながらも愛情を抱き始めるが、なぜかアマンはナイナーと同級生のローヒトを結びつけようとするのだった……。全編ニューヨーク・ロケを敢行し、インド的な人情味溢れるストーリーで大ヒットを記録した感動作。主演はシャー・ルク・カーン、プリティ・ジンター、サイフ・アリー・カーン。(アップリンク)

kyofujoshiko_jpdvd.jpg

『恐怖女子高校 女暴力教室』(1972)
札付き女子高生たちの赤裸々な生態とバトルを描いた『恐怖女子高校』シリーズ第1弾。ズベ公揃いの学園に転校してきた尾野崎由紀は、特待生の洋子と親しくなる。だが、洋子はリンチの挙げ句に堕胎させられ自殺。復讐心に駆られた由紀は、学園の悪玉に戦いを挑む! 主演は東映が誇る二大人気女優、杉本美樹と池玲子。監督は70年代東映娯楽路線を支えた名匠・鈴木則文。脚本は掛札昌裕、鈴木則文、関本郁夫が担当。ニュープリント版で国内初DVD化。(東映)

『恐怖女子高校 暴行リンチ教室』(1973)
全国の女番長が一堂に会する学園の風紀委員長・洋子は、自分に逆らった道代を死に追いやる。すると道代の仇を討つべく、十字架典子こと風間典子が学園に転校してきた……。 学園内の権力を握る非行グループと、腐りきった学校制度に挑戦する転校生グループとの対立を描いた、学園ポルノアクション第2弾。主演は杉本美樹、脚本は鴨井達比古、監督はもちろん鈴木則文。「エスカレートするハレンチぶりは、まさに恐怖の女学校(どうぶつえん)」という惹句が素敵。(東映)

『恐怖女子高校 不良悶絶グループ』(1973)
米軍基地のある町の私立女子高校で、混血児や貧乏人ばかりで構成されたグループ“恐竜会”が、金持ち集団“紅ばら会”に牙を剥く! 池玲子が復讐に燃えるヒロインを演じ、豊満な肉体を惜しげもなく晒す『恐怖女子高校』シリーズ第3弾。監督は前2作の鈴木則文から、鈴木作品のシナリオを多く手がけてきた志村正浩にバトンタッチ。脚本は関本郁夫、志村正浩、鈴木則文の3名が共同執筆。(東映)

『恐怖女子高校 アニマル同級生』(1973)
海外留学制度とスポーツが売り物の私立聖和女学院。そこでは紅原竜子を番長とする“黒バラ会”が羽振りをきかせていたが、そこへ口笛の亜紀と呼ばれるフェンシングの凄腕・風花亜紀が転入してきた……。池玲子演じる一匹狼のヒロイン・亜紀が、女番長たちと手を組んで悪辣な学園経営者を血祭りにあげるエロス&バイオレンス満載の人気シリーズ第4弾。監督は前作同様、志村正浩。脚本は掛札昌裕と中島信昭が担当。 (東映)


fireball-disney_jpdvd.jpg

●2009.8.19発売
『ファイアボール』(2008)
外界から隔離された巨大な屋敷を舞台に、優美なボディと高飛車な性格をもつ“ドロッセルお嬢様”と、その忠実な執事“ゲデヒトニス”という2体のロボットが繰り広げる、他愛もない日常会話を綴った各話2分×全13話のSFショートコントCGアニメ。ハイクオリティな映像としょうもない内容が独特の魅力を醸し出している。メイキングやトレーラーなどの映像特典に加え、ブックレットやフィギュアなどを同梱。8月発売分はすでに取り扱われていないが、完全受注生産(8月31日予約締切)の『ファイアボール』ウィンター・パッケージが12月22日に発売決定。(ウォルトディズニー)

『ダウト ?あるカトリック学校で?』(2008)
1964年、ニューヨーク・ブロンクスにあるカトリック学校で、黒人生徒と“不適切な関係”を持っていると疑惑をかけられた神父と、執拗な尋問で彼から“真実”を引き出そうとする厳格なシスターの言葉の攻防を描いた心理ドラマ。主演はメリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン。9.11以降の猜疑心に満ちた世情に警鐘を鳴らし、トニー賞&ピュリッツァー賞をダブル受賞した戯曲を、原作者のジョン・パトリック・シャンリィが自ら映像化。特典としてシャンリィ監督による音声解説、インタビュー集などを収録。Blu-ray版も同時発売。(ウォルトディズニー)

『初恋の想い出』(2005)
高校生のチー・ランとホウ・ジアは同じ官舎に暮らす幼なじみ同士。互いに惹かれ合いながらも、ある事情から交際を禁じられてしまったふたりは、自分たちの境遇を「ロミオとジュリエット」に重ね合わせていく……。時代の過渡期にあった1980年代の中国、今とはまるで違う価値観のなかで愛を貫こうとした恋人たちの行く末を見つめた哀切なラブストーリー。主演は『レッドクリフ』のヴィッキー・チャオ。監督は『山の郵便配達』のフォ・ジェンチィ。(ポニーキャニオン)

gordon_clash_jpdvd.jpg

●2009.8.21発売
『THE CRASH』(2007)
アパートを追い出され、ホームレスになってしまった中年男。夜の街をふらふら彷徨っていると、そこにパーティー帰りで浮かれた若い看護婦の車が突っ込んでくる。フロントガラスに中年男を突き刺したまま、パニックに陥った彼女は車を疾走させるが……。『ZOMBIO/死霊のしたたり』の奇才、ステュアート・ゴードン監督によるブラックコメディ風スリラー。主演はミーナ・スヴァーリ、スティーヴン・レイ。(AMGエンタテインメント)

『ヴァレンティノ(バレンチノ)』(1977)
ハリウッド草創期に活躍し、31歳の若さで世を去った世紀の大スター、ルドルフ・ヴァレンティノの生涯に迫る伝記映画。監督は『マーラー』『狂えるメサイア』など、芸術家の生涯を独自の視点で切り取り続けた鬼才、ケン・ラッセル。主人公ヴァレンティノ役に、バレエダンサーのルドルフ・ヌレエフを起用したキャスティングも話題となった。旧題は『バレンチノ』。初DVD化。(紀伊國屋書店)

『砂漠のシモン』(1965)
砂漠にそびえ立つ柱の上で修行を続ける聖人シモン。レタスだけを食べ、悪魔の誘惑をはねのけ、神に祈りを捧げる日々を送る彼は、やがてさらなる高みを目指し、別の柱へと移る……。ルイス・ブニュエル監督がメキシコ時代に手がけた45分の中編。製作途中で資金不足のため撮影が中断し、中編に仕上げたという逸話を持つ。初単品リリース。(紀伊國屋書店)

『黒衣の花嫁』(1968)
婚約者を殺された花嫁が、5人の男たちに次々と復讐を遂げていく……。名匠フランソワ・トリュフォー監督がジャンヌ・モローを主演に迎えて撮り上げたサスペンスミステリー。原作はコーネル・ウールリッチの同名小説。名手ラウール・クタールが撮影を手がけ、ヒッチコック作品でおなじみのバーナード・ハーマンが音楽を担当。山田宏一の特別寄稿も含む44ページのブックレットつき。(紀伊國屋書店)

aoi-keiken_jpdvd.jpg

『青い経験』トリプルBOX
エドウィージュ・フェネシュが主演したイタリア艶笑喜劇シリーズ3本を収めた、ファン垂涎のDVD-BOX。収録作品は『青い経験 エロチカ・レッスン』『青い経験 エロチカ大学』『青い経験 誘惑の家庭教師』の3作品。各単品も同時発売。全作品ノーカット・ヘア無修正版。(ジェネオン・ユニバーサル)

『青い経験 エロチカ・レッスン』デジタル・リマスター・スクィーズ版(1975)
規律の厳しい学校に通う少年が、エドウィージュ・フェネシュ扮する美しい義母に性の手ほどきを受け、一人前の青年に成長していく姿を描く、イタリア伝統の艶笑喜劇。日本でも70年代に頻繁にTV放映され、常に高視聴率をマークした人気作が、デジタルリマスター版で再リリース。特典としてフォトギャラリー、オリジナル予告編を収録。(ジェネオン・ユニバーサル)

『青い経験 エロチカ大学』(1978)
欲求不満の野郎だらけの大学に、ある日いきなり美貌の新任教師が現れたもんだからサァ大変。生徒も教授も勉強そっちのけで、キャンパス内は大騒ぎ! エドウィージュ・フェネシュ主演の艶笑喜劇“L'Insegnante Va In Collegio”が国内初ソフト化。このテの映画に欠かせないコメディ俳優リノ・バンフィも出演。(ジェネオン・ユニバーサル)

『青い経験 誘惑の家庭教師』(1978)
エドウィージュ・フェネシュが音楽家庭教師を演じる艶笑喜劇。彼女が家にやってくるたび一家は大混乱。露出度もさらにエスカレート! 原題は“L'Insegnante Viene A Casa”。監督は『狂戦士サングラール』などを手がけた職人、ミケーレ・マッシモ・タランティーニ。国内初ソフト化。(ジェネオン・ユニバーサル)

raimi_crime-wave_jpdvd.jpg

『XYZマーダーズ』デジタルリマスター版(1985)
冴えない警備員の青年がひょんなことから共謀殺人に巻き込まれ、ついには愛する女性を救うため、殺し屋コンビと激闘を繰り広げる羽目になる……。デビュー作『死霊のはらわた』で注目を集めたサム・ライミ監督による、ブラック&ナンセンスな怪作アクションコメディ。共同脚本はジョエル&イーサン・コーエン。本編はPALマスターを使用した78分のデジタルリマスター版。特典として、日本語吹き替え音声と、現存する82分のオリジナル版(TVサイズ・字幕焼き付け)を収録。国内初DVD化。(ジェネオン・ユニバーサル)

『戦艦シュペー号の最後』HDリマスター版(1956)
名匠マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー監督による戦争映画の秀作が、HDリマスター版で再発売。第二次世界大戦中、ナチスの戦艦グラフ・シュペー号とそれを追う英国軍の駆け引きをスリリングに描く。主演は『ネットワーク』のピーター・フィンチ。迫力に満ちた海戦シーンも見どころ。 (ジェネオン・ユニバーサル)


●2009.8.25発売
『殺人幻想曲』(1948)
コメディ映画の異才プレストン・スタージェス監督が絶頂期に撮り上げた1本。美しい妻の浮気を疑い始めた音楽家が、やがて嫉妬のあまり妻の殺害を夢想し、ついには実行に移そうとするが……。主演はレックス・ハリソン、リンダ・ダーネル。のちにナスターシャ・キンスキー主演で『殺したいほど愛されて』としてリメイクされた。(ジュネス企画)


alf-1st-season_jpdvd.jpg

●2009.8.26発売
『アルフ〈ファースト・シーズン〉』コレクターズ・ボックス(1986)
宇宙から来たブサイクで図々しいエイリアン“アルフ”と、彼が居候するタナー家の面々が巻き起こす騒動を描いた、SFホームコメディの名作。NHK初放映時からずっと見ていたので、今回の初ソフト化は本当に嬉しい。もちろん吹き替え音声も収録。アルフ役に所ジョージ、一家のお父さん役に小松政夫、お母さん役に吉田理保子という配役も魅力的だった。オクモニックなんて、変な名前!(ワーナーホームビデオ)

『13日の金曜日』スペシャル・エディション(1980)
リメイク版のDVDリリースに合わせ、ショーン・S・カニンガム監督によるオリジナル・シリーズ第1作がスペシャル・エディションで再登場。メイキング、スタッフ&キャストの同窓会、知られざるストーリー、未公開シーン、『13金』クロニクルズなど、豪華な特典を満載した2枚組。Blu-ray版も同時発売。(ワーナーホームビデオ)

『THE LOST ─失われた黒い夏─』(2005)
ホラー小説界の鬼才ジャック・ケッチャムの『黒い夏』を映画化した傑作。低予算のインディペンデント映画ながら、ハリウッドでは到底映像化できない過激なバイオレンス描写を見事に実現しており、原作の魅力を損なわない強烈な作品に仕上げている。作品の感想はこちら。新鋭クリス・シヴァートソンのパワフルな演出と、役者陣のアンサンブルが素晴らしい。(D'S GATE)

『PARIS─パリ─』(2008)
今やフランス映画界を代表する監督となったセドリック・クラピッシュが、パリに生きる様々な人々の“生”を綴った群像劇。ロマン・デュリス、ジュリエット・ビノシュ、アルベール・デュポンテルといった名優たちの競演も見どころ。ファブリス・ルキーニ演じる歴史学者のエピソードは心底余計だし超くだらないと思うが、それもパリなんだろう。ブックレットや特典映像ディスクを同梱したプラチナBOXも同時発売。(CCRE)


spottiswood_ripley_jpdvd.jpg

●2009.8.28発売
『リプリー 暴かれた贋作』(2005)
ロンドンとパリを舞台に、稀代の詐欺師トム・リプリーが名画の贋作をめぐる詐欺を仕掛けていく……。女流作家パトリシア・ハイスミスの「リプリー」シリーズの一編『贋作』を、バリー・ペッパー主演で映画化。共演もクレア・フォーラニ、ウィレム・デフォー、トム・ウィルキンソンと豪華な面子。監督は『影なき男』の職人派ロジャー・スポッティスウッド。(ハピネット)

『ウルフクリーク 猟奇殺人谷』(2005)
広大なオーストラリア大陸を旅行中の男女3人が、巨大な隕石墜落跡「ウルフクリーク」を観光した後、想像を絶する恐怖に見舞われる……。オーストラリア版『悪魔のいけにえ』として話題を呼んだ衝撃作が、ようやく日本でもDVD化。現地で実際に起きた猟奇殺人事件をモデルにしているという。特典としてメイキングと削除シーンを収録。(ハピネット)

『ノースフォーク 天使がくれた奇跡』(2003)
1955年、ダム拡張工事のため水中に沈む運命にあるモンタナ州の小さな町、ノースフォーク。消えゆく町で沈痛な思いに暮れる人々の前に、ある奇跡が起こる……。『アストロノーツ・ファーマー』のポーリッシュ兄弟による群像ドラマ。ジェームズ・ウッズ、ダリル・ハンナ、ニック・ノルティなど実力派キャストが共演。(日活)


phantom_liberty_jpdvd.jpg

<2009年9月以降リリースの注目タイトル>
●2009.9.2発売
『自由の幻想』(ジェネオン・ユニバーサル)※低価格再発売
『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』(ジェネオン・ユニバーサル)※低価格再発売
『小間使の日記』(ジェネオン・ユニバーサル)※低価格再発売
『哀しみのトリスターナ』(ジェネオン・ユニバーサル)※低価格再発売
『欲望のあいまいな対象』(ジェネオン・ユニバーサル)※低価格再発売
『大きな鳥と小さな鳥』ニューマスター版(エスピーオー)
『アポロンの地獄』ニューマスター版(エスピーオー)
『豚小屋』ニューマスター版(エスピーオー)

●2009.9.4発売
『天国までの60日(少年、天国へ行く)』(タキ・コーポレーション)

●2009.9.9発売
『サスペリア・テルザ ─最後の魔女─』(キングレコード)
『パニック・イン・スタジアム』(キングレコード)
『いとしい人』(アルバトロス)

watchmen_jpdvd.jpg

●2009.9.11発売
『ウォッチメン』コレクターズBOX(パラマウント)
『ウォッチメン』スペシャル・コレクターズ・エディション(パラマウント)
『ウォッチメン』ブルーレイ スペシャル・コレクターズ・エディション〈Blu-ray版〉(パラマウント)
『バーン・アフター・リーディング』(ハピネット)
『バーン・アフター・リーディング』〈Blu-ray版〉(ハピネット)
『オー!マイ・ゴースト』スペシャル・エディション(角川エンタテインメント)

●2009.9.16発売
『グラン・トリノ』(ワーナーホームビデオ)
『グラン・トリノ』〈Blu-ray版〉(ワーナーホームビデオ)
『HIS NAME WAS JASON ?「13日の金曜日」30年の軌跡?』30周年メモリアルエディション(ポニーキャニオン)
『HIS NAME WAS JASON ?「13日の金曜日」30年の軌跡?』通常版(ポニーキャニオン)
『映画は映画だ』(ポニーキャニオン)

chocolate_jeeja_jpdvd.jpg

●2009.9.18発売
『チョコレート・ファイター』(東宝)
『マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生』(ハピネット)

●2009.9.21発売
『温泉あんま芸者』(東映)
『温泉ポン引女中』(東映)
『温泉こんにゃく芸者』(東映)
『温泉みみず芸者』(東映)
『温泉スッポン芸者』(東映)
『温泉おさな芸者』(東映)

●2009.9.26発売
『フロント・ページ』(紀伊國屋書店)
『死刑台のエレベーター』HDニューマスター版(紀伊國屋書店)
『アストレとセラドン 我が至上の愛』(紀伊國屋書店)
『ロビンソン漂流記』(紀伊國屋書店)
『それを暁と呼ぶ』(紀伊國屋書店)

tsuigekisha_jpdvd.jpg

●2009.10.2発売
『チェイサー』ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】(角川エンタテインメント)
『純情漫画』(ファインフィルムズ)

●2009.10.7発売
『ザ・バンク 堕ちた巨像』コレクターズ・エディション(ソニーピクチャーズ)
『ザ・バンク 堕ちた巨像』〈Blu-ray版〉(ソニーピクチャーズ)
『ファンハウス 惨劇の館』(キングレコード)
『ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀』コレクターズ・エディション(キングレコード)
『ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀』スタンダード・エディション(キングレコード)

●2009.10.9発売
『40男のバージンロード』スペシャル・エディション(角川エンタテインメント)

●2009.10.23発売
『スラムドッグ$ミリオネア』(メディアファクトリー)
『スラムドッグ$ミリオネア』〈Blu-ray版〉(メディアファクトリー)
『新宿インシデント』(ジェネオンユニバーサル)
『新宿インシデント』〈Blu-ray版〉(ジェネオンユニバーサル)

●2009.11.4発売
『1942奇談』(CCRE)
『幸福』〈ハイブリッド版Blu-ray〉【初回限定】(ポニーキャニオン)※DVDプレイヤーでも再生可

●2009.11.27発売
『ゾンゲリア』(ビクターエンタテインメント)※低価格再発売
『187』(ビクターエンタテインメント)※低価格再発売

●2009.12.22発売
『ファイアボール』ウィンター・パッケージ【完全受注生産】(ウォルトディズニー)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/386-27bff81d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。