Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『楽しき人生』(2007)

『楽しき人生』
原題:즐거운 인생(2007)
英語題:Happy Life

tanoshiki-jpdvd.jpg

 音楽映画の秀作……とは一瞬分からないようなジャケットと題名だけど、見逃したら損をする良作である。不景気の中で冴えない日々を送る中年男たちが、20年ぶりにロックバンドを再結成する姿を感動的に描いたヒューマンコメディ。大ヒット作『王の男』(2005)のイ・ジュニクが監督を務め、名パートナーのチェ・ソックァンが脚本を手がけた。主演は『王の男』で燕山君を演じた性格俳優チョン・ジニョン、そして『チェイサー』(2008)で大ブレイクを果たしたキム・ユンソク。韓国映画には『ワイキキ・ブラザーズ』(2001)など「バンドもの」の傑作・名作が多く、この『楽しき人生』もその最新版のひとつに数えられる作品だ。

tanoshiki-krposter.jpg

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 大学時代からの友人サンウの突然の死を知り、葬式に駆けつけた3人の中年男たち……リストラされて以来、妻から小遣いをもらってブラブラ過ごしているキヨン(チョン・ジニョン)。同じく職を失い、今は昼夜のバイトで家族を養っているソンウク(キム・ユンソク)。そして中古車販売店を営みながら、海外留学中の息子と付き添いの妻にせっせと金を送り続けるヒョクス(キム・サンホ)。彼らは学生時代に“活火山”というロックバンドを組んでいたが、コンクールで立て続けに落選したり、メンバーが徴兵されたりした末に解散。音楽活動を続けたのはサンウただ一人だったが、その生活は惨めなものだった。

 サンウの遺品のギターを強引に持ち帰ったキヨンの胸に、あの頃の情熱がむくむくと湧き上がる。翌日、彼はソンウクとヒョクスを訪ね、「バンドを再結成しよう!」と提案。いちどは一笑に付す2人だったが、悶々とした日々を過ごす彼らがキヨンの誘惑に負けるまで、長くはかからなかった。3人は貸スタジオに集い、20年ぶりに“活火山”を再スタートさせる。が、当然のごとく演奏力も歌唱力も衰えており、何よりメインボーカルでありバンドの中心的存在だったサンウの損失は大きかった。

 キヨンはそこで、サンウの一人息子ヒョンジュン(チャン・グンソク)を新メンバーとしてスカウト。彼は父親譲りの音楽的才能の持ち主で、おまけに相当なイケメンであった。バンドは一気に活力を取り戻し、オーディションの成功、ライブハウスでの演奏と、メキメキ実力を発揮していく。しかし、そんな新生“活火山”の好調ぶりとは裏腹に、夢を追う中年男たちと家族との関係は綻び始めていた……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

tanoshiki-backstage.jpg

 不況の影響をモロに受け、それでもなんとか家族との生活を維持しようと頑張るあまり、生きる楽しみを失ったオジサンたちの姿には、現代韓国社会の過酷な現実が反映されている。それを暗憺たる気分でリアルに切り取るのではなく、軽妙な風刺喜劇タッチで描いているところに、イ・ジュニク監督独自の洗練を感じる。どこかクラシカルな無責任男風の主人公キヨンを推進力として物語が展開していくところも大きいだろう。

 辛気くさいドラマを小気味良くすっ飛ばしていく語り口も魅力的だ。バンド再結成までの過程がやたら早かったり、チャン・グンソク演じる若者ヒョンジュンが中年バンドへの加入をあっさり承諾したり、わりとトントン拍子でバンドが人気を得ていったりするあたりは、一種のファンタジーとも言える。男たちのわがままを黙認する家族たちの優しさも同様だ。そういう意味で人間ドラマとしての重みはないが、映画的にはそれらの描写がユーモアやテンポの良さを生んでおり、非常に心地好い。設定としてはあったはずの父サンウと息子ヒョンジュンの葛藤も大胆に省略され、過去を匂わす程度にとどめられているのも、そうした配慮による演出だろう。何よりこの映画は「つらい世の中だからこそ、生きる楽しみを忘れてはならない」というメッセージを伝える映画なのだから、余分な重苦しさは必要ない。むしろ、現実をしっかり見据えながら、観終わった後で元気になれる清々しい娯楽作に仕上げたところに本作の価値がある。

tanoshiki-scout.jpg

 キャスティングも全員カンペキ。中でもやはり、キム・ギヨンというナイスな役名の主人公に扮したチョン・ジニョンの素晴らしさに尽きる。個人的には『王の男』や『リング・ウィルス』(1999)で見せたようなアクの強い演技が印象深く、どこか「怖い人」というイメージがあったのだけど、本作のようにコミカルな表情芝居をさせても抜群にうまい。憎めないダメ男といった風情で、ふてぶてしさと小心さが同居した個性的なキャラクターを見事に表現している。年齢に左右されないボンクラ感覚と不良性を漂わせた佇まいが、とても魅力的だ。

 キム・ユンソクは3人の中でいちばん渋く落ち着いているように見えて、実は最も衝動的でわがままな面を持つソンウクを好演。もちろん『チェイサー』の時よりはずっと身綺麗な姿で登場するのだが、そうすると「カッコいい次長課長の河本」みたいに見えるという事実も発覚。この人もやっぱり不良の匂いがする役者で、ふとした表情から醸し出すヤンチャなムードがとてもいい。また、ヒョクス役の名バイプレイヤー、キム・サンホも素晴らしい演技を見せている。ハゲちらかした頭とでっぷりした体躯は出オチ感満点だが、単なるコメディリリーフにとどまらない繊細な芝居と愛らしさで泣かせてくれる。

 チャン・グンソクはその役柄同様、スターのカリスマ性を存分に発揮して映画に若々しい息吹を与えている。あくまで脇役に徹した控え目な芝居で、オジサンたちの守護天使のような存在感を放ち、好印象。キヨンの妻役キム・ホジョン、ソンウクの妻役チュ・グィジョンの妙演も光る。ギヨンの娘役で『グエムル ―漢江の怪物―』(2006)のコ・アソンが顔を出しているのも個人的に嬉しかった。 

tanoshiki-glamrock.jpg

 すごいのは、ほとんど全てのシーンで俳優たちが実際に楽器を演奏していること。前半、“活火山”再結成直後にメンバーたちが久しぶりに音を合わせるシーンのたどたどしさ、ナイトクラブのオーディションでド緊張のあまりグズグズになってしまう場面は、とてつもなくリアルで可笑しい。そして、ヒョンジュンの加入によってだんだんとカンを取り戻していき、最終的に4人が見せるクライマックスのライブシーンはかなりの迫力だ。特にドラム担当のキム・サンホが強烈にカッコいい。

 楽曲のクオリティも高く、“活火山”のオリジナル曲「弾けるぜ」「楽しき人生」は普通に名曲として聴けるし、主人公たちの青春を象徴するかのような80年代韓国ロックのカヴァーもいい。特に印象的なのは、劇中で二度流れる「しばらく遠のいたのさ(한동안 뜸했었지)」。オリジナルはチェ・イチョル率いる最長寿ロックバンド“愛と平和”による、元気な力強さとロマンティックな詩情を兼ね備えた名曲。いろいろなミュージシャンに歌われているので、映画やTVなどで耳にしたことがある人もいるだろう。また、中年男たちがやりきれない思いをぶつけるようにして熱唱する“オクスン'80”の「火遊びだ(불놀이야)」も感動的。

tanoshiki-phonetocanada.jpg

 70?80年代に活躍したアーティストたちへのリスペクトも、本作のテーマのひとつである。映画の後半、ヒョクスが国際電話で幼い息子に向かってロックの魅力について語るとき、まずレッド・ツェッペリンやピンク・フロイドといった名前を挙げる。そして一拍おいてから、堰を切ったように「シン・ジュンヒョン、愛と平和、トゥルクッカ、サヌリム……」と、かつての韓国ロックの立役者たちの名前を列挙するのだ。そこには、彼らの名前と功績を決して忘れてはならないという作り手の思いが込められているようであり、過去の文化がないがしろにされやすい韓国社会への、ちょっとした批判のようにも聞こえる。胸を打つ名場面だ。

 ヒョクスやキヨンたちが学生だった80年代は、民主化運動の全盛期。ロックやフォークはプロテストの重要な一手段であり、真に魂の叫びがこもった名曲が数多く生まれた時代だった。そのあたりの知られざる韓国ロックの世界は近日発売の「TRASH-UP!!」VOL.3でも特集されるそうなので、お楽しみに。

tanoshiki-airguitar.jpg

・Amazon.co.jp
DVD『楽しき人生』


監督/イ・ジュニク
脚本/チェ・イックァン
撮影/キム・ヨンチョル
照明/ソン・ジェワン
音楽/イ・ビョンフン、パン・ジュンソク
出演/チョン・ジニョン、キム・ユンソク、キム・サンホ、チャン・グンソク、キム・ホジョン、チュ・グィジョン、コ・アソン、チュ・ジンモ、シン・ジョングン

スポンサーサイト

コメント

ジャケットほしい

はじめての投稿です。チャン・グンソクのファンです。ジャケットが是非ほしいので、宜しくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/364-f359d931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。