Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ピョンテとヨンジャ』(1979)

『ピョンテとヨンジャ』
原題:병태와 영자(1979)
英語題:Byeong-tae and Young-ja

Byeong-tae_poster.jpg

 溜め息の出る傑作。観ている間、ただひたすら「いい!」という言葉しか出てこない至福の名画。これが遺作となったハ・ギルジョン監督の素晴らしい演出が全編にきらめく、青春恋愛コメディの名作だ。

 本作は大学生たちの破天荒な青春を描いたヒット作『馬鹿たちの行進』(1975)の続編として製作された。監督は引き続きハ・ギルジョンが務め、原作・脚本も同様にチェ・イノが担当。前作のラストで兵役に就いた主人公ピョンテと、恋人のヨンジャが結婚するに至るまでの波瀾万丈のドラマを、急速な変化を遂げる70年代末のソウルを背景に、コミカルに瑞々しく描いていく。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 主人公ピョンテ(ソン・ジョンファン)が兵役に就いてから3年。除隊まであと2ヶ月という時、恋人のヨンジャ(イ・ヨンオク)が基地を訪れる。彼女は近々、親の決めた許嫁の若い医師と結婚するというのだ。しばらくしてヨンジャは大学を卒業し、銀行に就職。除隊したピョンテは大学に戻る。別々の道を歩もうとする二人だったが、やはり互いを想い合う気持ちは強く、いつしか彼らは再び愛を育んでいく。

 猪突猛進型のピョンテは、さっそくヨンジャの叔父に結婚を許してほしいと直談判。自分の家族にもヨンジャを会わせ、強引に了解を得る。彼女の愛を勝ち取って有頂天になるピョンテ。しかし、土壇場でヨンジャは惑い、悩んだ末に許嫁との将来を選んでしまう。

 どうしてもヨンジャを諦めきれないピョンテは、彼女の婚約式当日、許嫁のチュヒョク(ハン・ジニ)のもとを訪ね、男の賭けをしようと申し出る。チュヒョクは「ここから先に婚約式場に辿り着いた者が、ヨンジャの愛を勝ち取ることができる」と提案し、さっさと車に乗り込んで会場に向かってしまった。そのあとを、必死で走って追いかけるピョンテ。はたして勝負の行方は……?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Byeong-tae01.jpg

 とにかく、語りの上手さには舌を巻く。快いテンポの良さがあり、情緒的シーンの確かな構築力があり、絶妙なカットバックによるサスペンス醸成があり、クライマックスには溢れる疾走感とスリルがある。ハ・ギルジョン監督作品では、他に『ハンネの昇天』(1978)という難解なドラマしか観ていなかったので、本作のひたすら快活で澱みない語り口には、ちょっと度肝を抜かれた。

 タイトルロールの二人に向けられる視線には、監督の「人間存在への愛情」ともいうべき温かさと優しさが充ち満ちている。若き日の藤田まことを思わせるような三枚目ソン・ジョンファン扮するピョンテ、都会的で品のある美しさを放つ美人女優イ・ヨンオクが演じるヨンジャ、どちらもすこぶる魅力的だ。特に、ピョンテのことを離れて想うときのヨンジャの笑顔が本当に素晴らしい。恋する女性の可愛らしさをこんなに見事に描いたアジアの男性監督が、当時どれだけいただろうかと思ってしまう(まあ、それも男目線かもしれないけど)。ピョンテのキャラクター造形にもまた、本当は内気で繊細なくせにガサツに振る舞うある種の男の子らしさが見事に表現されていて、親しみを覚えずにはいられない。この三枚目と美女のカップルが、映画を観ていくうちにどんどん愛おしくなってくる。

 コメディとしてしっかり面白いところも、本作の魅力だ。いちばんの笑いどころは、やはりピョンテが自分の家族にヨンジャを紹介するくだりだろう。家族も彼女も気まずい空気に包まれてるのに「美人だろ、な? いい人だろ、な? な?」とはしゃぎまくるピョンテの姿がおかしい。そのあと、ヨンジャを嫁として認めるか否か、家族全員で民主的に投票するという展開になり、兄弟たちや母親をそれぞれ懐柔しようとするピョンテの奮闘ぶりも爆笑ものだ。ここで死んだ父親の遺影にいきなり怒鳴られるというファンタジックな場面が普通に入ってしまうところが、なかなかぶっ飛んでいてすごいと思った(前年の『ハンネの昇天』でスピリチュアルな題材にどっぷり浸った余韻だろうか?)。

Byeong-tae02.jpg

 音楽の使い方も抜群に上手い。映画の序盤では気の抜けるような70年代コメディ調のスコアが流れ、懐かしい気持ちでいっぱいにさせるが、そのうち洋楽やクラシックなどを異化効果的に配置した秀逸な演出を見せ始める。「えっ、腕相撲のシーンでその曲?」みたいな選曲が、非常にモダンで効果的なのである。

 特に強烈なのはクライマックス。主人公ピョンテが恋人のいる婚約式場へとひた走るシーンで、オルフの「カルミナ・ブラーナ」が流れ始めるのだ。曲を知っている人ならお分かりだろうが、とにかく問答無用にテンションの上がりまくる曲であり、どう考えてもラブストーリーのクライマックスに使おうとはあまり思わない重厚かつ迫力に満ちた楽曲である(しかも本作ではポップなドラムアレンジまでしている)。この曲が一躍有名になったのは『エクスカリバー』(1981)で使われて以来だが、本作はそれより2年も早い。さらにこの後、ピョンテが親戚一同の眼前でヨンジャをかっさらっていく『卒業』(1967)のパロディ的シーンにまで、もう一度「カルミナ・ブラーナ」が高らかに鳴り響くのだ。あまりの盛り上がりっぷりに爆笑させられつつ、ちゃんと映画的カタルシスをもたらすところにも感動してしまった。2度目でも新鮮に聞こえるよう、間に別の曲を挟みこむ音楽的計算も巧みだ。

Byeong-tae03.jpg

 本作はラブストーリーであると同時に、当時の時代背景を写し取ってもいる。韓国の若者にとって避けては通れない「兵役」というモチーフから始まる恋愛物語であり、その失われた時間を体現するかのようなソウルという街の急速的発展がそこはかとなく示唆される。そして終盤、延々と続く主人公ピョンテの疾走シーンは、恋愛映画としてのクライマックスでもありながら、同時に当時の変わりゆくソウルの景観を記録したフィルムノートでもある。ピョンテが駆け抜けるのは、ダイナミックな破壊と構築が繰り広げられている高層ビルや高速道路の建設現場だ。圧迫の70年代から解放の80年代へと向かおうとしていた韓国の、莫たる不安と希望の予感が、肥大する都市の混沌に重ね合わせられているかのようである。

 まあ、別にそんな難しいこと考えなくても、『ピョンテとヨンジャ』は青春ラブストーリーとして本当によくできた傑作だ。腹を抱えて笑えて、時にはホロリとさせて、2時間まったく飽きさせない良質の娯楽作である。残念ながら本作も含めてハ・ギルジョン監督の作品はDVD化などはされておらず、外国の映画ファンが観られる機会はとても少ない。韓国文化院の図書映像資料室では、上映用プリントからキネコしたノートリミング・日本語字幕つきのビデオを観ることができる(ただし、4/15?5/10は施設移転のため休館)。

 70年代、韓国映画界は軍事政権の厳しい統制下にあった。その中でハ・ギルジョンは反骨的態度でアグレッシブな作家活動を続け、期待の新星と目されていた。が、『ピョンテとヨンジャ』公開中の1979年2月、彼は38歳の若さで世を去ってしまう。その実弟ハ・ミョンジュンは、『ハンネの昇天』や『最後の証人』(1980)などに主演した俳優で、のちに兄の遺志を継ぐように映画監督となった。


監督/ハ・ギルジョン
原作・脚本/チェ・イノ
撮影/チャン・ソクチュン
出演/ソン・ジョンファン、イ・ヨンオク、ハン・ジニ、ハン・ウンジン、キム・ヒラ、イ・スンヒョン、ペク・イルソプ、チェ・ナミョン、キム・シンジェ、

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/357-4aa17c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。