Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロックンローラ』(2008)

『ロックンローラ』
原題:ROCKNROLLA(2008)

rocknrolla_poster.jpg

 死んでいることに気づいていないのは『シックス・センス』のブルース・ウィリスだけでなく、今のガイ・リッチーもそうなのではないか……と思わずにいられない監督最新作。決してつまらない映画ではない。不幸な結婚生活を清算して、やっと晴れ晴れした気持ちで昔の調子を取り戻し、得意の犯罪群像劇ジャンルで大はしゃぎしている開放感は、ひしひしと伝わってくる。だが、全編にみなぎる“こいつ終わってる感”は否定できない。

 近年の不調を経てガイ・リッチーがようやく立ち戻った場所は、まったくデビュー当時と変わらない「お馴染みの世界」だった。いかにもCG世代のセンスという感じのオープニング、ロンドンの地価高騰やロシアンマフィアの台頭といった社会的側面など、細かい部分で新しいモードを入れようとしている部分もある。だが、基本的には初期長編2本のテイストそのまま。箱庭的世界観で繰り広げられるギャングたちの小競り合い、トリッキーな物語構成、マクガフィン、ニックネームで呼び合う男たち、コミカルな台詞の応酬、小粋なエンディング……。その全てが破壊的にダサイことに、監督は気がついているのだろうか? いや、きっと無自覚だろう。それがいちばんイタい。さらに、傑作『フィクサー』(2007)で強烈なブレイクスルーを果たしたトム・ウィルキンソンを起用しておいて、単なるギャングのボス役しか与えてない感性の古さも、如何ともしがたい。

rocknrolla_gallery.jpg

 同じことをするのでも、今はもっと他に洗練されたやり方があるはずだし、今のモードが見えていれば、こんな使い古されたストーリーテリングは選ばないはずだ。しかし、ガイ・リッチーは敢えて昔と同じようなノリで、見事に同工異曲の犯罪アクションコメディを作ってしまった。おそらくそれが本人にとっていちばん心地好いから。

 ここまで見事に時計の針が止まってしまっていると、逆に大したものだとも思う。このまま伝統工芸的に似たような映画を作り続けて、特定のファンに愛されていく存在になっていくのなら、それはそれでありかもしれない。もしそうなら、個人的にはガイ・リッチーの映画など二度と観ないと思うが。

 『ロックンローラ』はまるで、時代から取り残された亡霊の仕事だ。そう思うと、本作が『TATARI』や『ゴーストシップ』などを手がけたホラー映画レーベル、ダークキャッスル・エンタテインメントで製作されたことが意味深に思えてくる。それは冗談としても、初期作品の面白さに胸躍らせた身としては、できればこれが単なる肩慣らしであってほしいと願うばかりだ。同じくイギリス犯罪映画の歴史を塗り替えた『狙撃者』(1971)マイク・ホッジス監督のように、これからは得意のジャンルとも決別する勢いで、洗練と多様性をもって新作を放ってくれれば……まあ、無理か。


製作/ジョエル・シルヴァー、スーザン・ダウニー、スティーヴ・クラーク=ホール、ガイ・リッチー
監督・脚本/ガイ・リッチー
撮影/デヴィッド・ヒッグス
プロダクションデザイン/リチャード・ブリッジランド
音楽/スティーヴ・アイルズ
出演/ジェラルド・バトラー、トム・ウィルキンソン、タンディ・ニュートン、マーク・ストロング、イドリス・エルバ、トム・ハーディ、トビー・ケベル

スポンサーサイト

コメント

リッチーは作家としてのゆるやかな成長をする人ではなく、たぶんずーっと同じ調子のを懲りずに作り続けてるうちごくたまーに佳作がポコポコッとあるかなみたいなふうになるんだと思う。なんかつくれる範囲的にも限界がすでにむきだしで。基本的には水戸黄門を愛せるかどうか、みたいなアレなのでは。

  • 2009/03/28(土) 11:13:47 |
  • URL |
  • ホの字 #-
  • [ 編集]

> ホの字さん
コメントありがとうございます。
本当にそういう人なんでしょうね。
『スナッチ』で大体わかっていたはずなのに、実際10年経っても全然変わらないのを目の当たりにすると、なかなかショックです。
だからもう観ないと思います。

  • 2009/03/29(日) 01:12:50 |
  • URL |
  • グランバダ #h1buydM2
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/353-3945a499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。