Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少年メリケンサック』(2008)

『少年メリケンサック』(2008)

dokoga-punk-da.jpg

 「パンクって何がいいのか分かんない」とか思ってる奴の作ったパンク映画なんて観たかねえんだよこっちは。クラシックに興味ねえ奴が『アマデウス』撮るのかって話だろうが。こんなもん撮るぐらいなら実家に帰って親孝行でもしろ馬鹿野郎。

 あと全体的にヘタクソ。シナリオも演出も分かりづらいし、前後の繋がり・辻褄合わせはひたすらズサン。役者の扱い方もうまくない。特にトモロヲさんは唯一の“本物”なんだから、もっとうまく使うことはできなかったんだろうか。犬塚弘の扱いなんて侮辱以外の何物でもない。

 この映画に音楽的な何か、映画的な何か、反体制的な何かを期待している人がいたら、精神衛生上よくないから観ない方がいい。全然スカッとしないし、誰にも幸福をもたらさない映画だと思う。でもまあ観終わった後でパンクな気持ちにはなれる。作った奴の顔面を100万回ぶん殴りたくなるから。

 これなら『ザ・クランプス/精神病院ライブ』を10回観た方がよっぽど心洗われる。期待して観たのに、こいつ本当にパンク好きでもなんでもねえんだってことだけハッキリと分かる映画だった。パンク精神すらなかった。心底ガッカリした。


監督・脚本/宮藤官九郎
撮影/田中一成
美術/小泉博康
編集/掛須秀一
音楽/向井秀徳
アニメーション監督/西見祥示郎
出演/宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城、峯田和伸、佐藤智仁、波岡一喜、石田法嗣、勝地涼、ピエール瀧、ユースケ・サンタマリア、田辺誠一、哀川翔、烏丸せつこ、中村敦夫、犬塚弘
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/346-4e1353f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。