Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しいDVDリスト・海外編[2009.1?2]

bloodyvalentine_usdvd.jpg

 大好きな『Futurama』がついにシリーズ完結を迎えてしまうのがムチャクチャ寂しい、欲しいものリスト・海外編のお時間です。先月はお休みしてしまったので、今回は1月と2月に発売される海外盤の注目タイトルをまとめて紹介。ホラー映画のリリースは相変わらず盛んで、リメイク版の劇場公開に合わせて『血のバレンタイン』『13日の金曜日』シリーズが豪華仕様で再登場。さらに北村龍平監督の話題作『ミッドナイト・ミート・トレイン』もアンレイテッド版で発売されます。シネフィル的にはドン・シーゲル監督のTVムービー『大陽の流れ者』のDVD化、イーリング・スタジオ作品のリリースラッシュあたりが、なにげに嬉しい事件だったり。スティーヴン・フリアーズ監督のデビュー作『Gumshoe』もようやく出ます。各商品タイトルのリンク先はDVD FantasiumAmazon.co.ukなど各国の通販サイト。


michael-powell-films.jpg

●発売中
「Films Of Michael Powell: The Collector's Choice」
米国盤(リージョン1)。イギリスの名匠マイケル・パウエル監督が手がけた絶頂期の傑作『天国への階段』(1946)と、『血を吸うカメラ』の不評で映画界から干された彼の最後の長編『としごろ』(1969)を収録した2枚組DVD。パウエルの大ファンであるマーティン・スコセッシ監督のコメント、『としごろ』メイキング映像、出演者ヘレン・ミレンへのインタビューなどを収録。ちなみに『としごろ』は配給会社コロムビアに再編集された劇場公開版ではなく、2005年に修復されたオリジナルバージョン。(Sony Pictures)

『Hamlet 2』(2008)
米国盤(リージョン1)。ウィリアム・シェイクスピアの不朽の名作文学『ハムレット』の続編を謳った、バチ当たり学園コメディ。元俳優のダメ高校教師が、廃部寸前の演劇部でミュージカル『ハムレット2』を上演して起死回生を狙うが、その内容はとんでもない代物だった……。主演は『トロピック・サンダー』で見事な爆死ぶりを見せたスティーヴ・クーガン。監督は傑作コメディ『キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!』のアンドリュー・フレミング。(Universal)


●2009.1.12発売
『ローズバッド』 Rosebud(1975)
英国盤(PAL)。豪華クルーザー「ローズバッド」号がアラブ系テロリストに占拠され、富豪や要人の娘たちが誘拐される。事件解決に奔走するCIAエージェントとテロ組織の丁々発止をスリリングに描いたポリティカルスリラー。製作・監督は『歩道の終わる所』のオットー・プレミンジャー。出演はピーター・オトゥール、リチャード・アッテンボロー、イザベル・ユペール、キム・キャトラルほか。タイトルデザインはプレミンジャー作品の常連ソウル・バスが担当。(Optimum Home Entertainment)


●2009.1.13発売
『血のバレンタイン』 My Bloody Valentine: Special Edition(1981)
米国盤(リージョン1)。ある炭坑町を舞台に、聖バレンタイン・デーに起こる血まみれの惨劇。カナダ製スラッシャーの古典が、ホラー映画ファン待望の完全版で復活。劇場公開以来カットされていたエクストリームな残酷シーンを追加した本編に加え、メイキング、削除シーン、スラッシャー映画ガイドなどを特典として収録。ちなみにリメイク版『ブラッディ・バレンタイン3D』は2月14日より日本公開。(Lion's Gate)

『Humboldt County』(2008)
米国盤(リージョン1)。教授である父親に不合格をくらった医学生のピーターは、一夜を共にした女性と一緒にカリフォルニアの北端へ遁走。そこは“失われた海岸”と呼ばれ、エキセントリックな住人たちが自由気ままに暮らしていた……。ダーレン・グロドスキー&ダニー・ジェイコブス共同監督によるコメディドラマ。出演はフェアルーザ・バルク、ピーター・ボグダノヴィッチ、ブラッド・ドゥーリフほか。(Magnolia Home Entertainment)


henrypoole_usdvd.jpg

●2009.1.20発売
『Henry Poole Is Here』(2008)
米国盤(リージョン1)。あと半年の命と宣告されてしまった主人公ヘンリー・プールは、全てを捨てて単身見知らぬ町へと引っ越す。すると家の壁におかしなシミが。熱心なカソリックの隣人エスペランザは、それがイエス様の姿をしていると言い、やがて「奇跡のシミ」として人々がヘンリーの家を訪れるようになる……。『隣人は静かに笑う』のマーク・ぺリントン監督が、ルーク・ウィルソンを主演に迎えて撮った秀作コメディ。共演はラダ・ミッチェル、アドリアナ・バラッザ、リチャード・ベンジャミンほか。Blu-ray版も同時発売。(Anchor Bay/Starz)

『King Of The Hill』 El Rey De La Montana(2007)
米国盤(リージョン1)。スペインの俊英ゴンサロ・ロペス・ガイエーゴ監督が放つアクションスリラー。田舎をドライブ中、道に迷った主人公は唐突に何者かによる銃撃を受ける。わけも分からず森に逃げ込んだ彼は、同じく道に迷った女性と出会い、ふたりで銃弾をかいくぐりながら森をさまようのだが……。(Dimension Extreme)


ds_nagaremono_ukdvd.jpg

●2009.1.26発売
『大陽の流れ者』 Stranger On The Run(1967)
英国盤(PAL)。ドン・シーゲル監督、ヘンリー・フォンダ主演の西部劇TVムービー。無実の罪を着せられた男が、保安官に馬とわずかな物資を与えられ、1時間後に放たれる追跡隊から死に物狂いで逃げようとするが……。原作は『十二人の怒れる男』のレジナルド・ローズ。(Optimum Home Entertainment)

『Out Of The Clouds』(1954)
英国盤(PAL)。スリラーを得意とする職人監督バジル・ディアデンが、『カインド・ハート』などのコメディで知られる老舗会社イーリング・スタジオで手がけた作品。ヒースロー空港を舞台にある一日のドラマを描いたイギリス版『ハッピーフライト』(違う)。主演はアンソニー・スティール、ロバート・ベッティ、デイヴィッド・ナイト。(Optimum Home Entertainment)

『The Escapees』 Les Paumees Du Petit Matin(1981)
英国盤(PAL)。施設を脱走した2人の少女を主人公に描く、フランスのカルト監督ジャン・ローランによる幻想怪奇映画。かつてカナダとトルコでビデオ発売されたのみで幻の作品と化していたが、今回ローラン自身の監修によってニューマスターが制作され、初DVD化。3月31日には北米でもリリース予定。(Redemption Films)

import-export_ukdvd.jpg

『Import Export』(2007)
英国盤(PAL)。オーストリアのウルリヒ・ザイドル監督が、シュールでビザールな演出で描く東西ヨーロッパの悲劇。ウクライナからウィーンへ旅立った女、ウィーンから東欧へ向かった男が、それぞれ想像を絶する不幸に巻き込まれていくさまを同時進行で映しだす。撮影は『アイム・ノット・ゼア』のエド・ラックマン。(Trinity Production Co. Ltd.)

『ヌード・カメラ情報』 West End Jungle(1961-64)
英国盤(PAL)。スウィンギング・ロンドン華やかなりし頃、歓楽街ウェストエンドの性風俗事情に迫ったモンド映画。本国イギリスでは売春婦の描写が問題となって上映禁止となり、日本やデンマークなどでは3年後に劇場公開された。オリジナル版でのソフト化は初めて。(Strike Force Entertainment)


fulci_maniaci_usdvd.jpg

●2009.1.27発売
『Maniacs』 I Maniaci(1964)
米国盤(リージョンオール)。のちにイタリアンホラーの鬼才となるルチオ・フルチ監督が60年代に手がけたオムニバス喜劇。セクシュアルな狂気や妄執にとり憑かれた人々の姿をコミカルに描く。『血ぬられた墓標』のバーバラ・スティール、人気喜劇俳優フランコ&チッチオも出演。(Mya Communication)

『Roman Polanski: Wanted And Desired』(2008)
米国盤(リージョン1)。ポーランドに生まれ、波乱の人生を送ったロマン・ポランスキー監督。彼がアメリカへ二度と戻れない原因となった少女レイプ事件の真相について、マリーナ・ゼノヴィッチ監督が検証したドキュメンタリー作品。ミア・ファーロー、ジーン・グトウスキー、ロレンツォ・センプル・Jr.といった関係者へのインタビュー、そして事件の被害者であった女性の証言なども織り交ぜて、当時の状況に迫っていく。(ThinkFilm)

『The Lucky Ones』(2008)
米国盤(リージョン1)。イラク戦争で負傷して故国アメリカに帰還した3人の兵士が、ひょんなことから1台のレンタカーに同乗し、それぞれの故郷に向かおうとする姿を描くコメディタッチの社会派ドラマ。主人公の3兵士を演じるのは、レイチェル・マクアダムス、マイケル・ペーニャ、ティム・ロビンス。監督は『幻影師アイゼンハイム』のニール・バーガー。(Lion's Gate)

『女囚 檻』 Female Prisoner: Caged!(1983)
米国盤(リージョンオール)。とある女子刑務所を舞台に繰り広げられる、女たちの対立と性の衝動。ロマンポルノの名匠・小沼勝監督による女囚映画が、カルト映画専門ブランド“Mondo Macabro”からリリース。ドキュメンタリー「History Of Nikkatsu Roman Porno」、映画研究家ジャスパー・シャープのインタビューなどを収録。日本版DVDもジェネオンから発売中。(Mondo Macabro)

rokuro_usdvd-box.jpg

「Masterworks Of Rokuro Mochizuki」
米国盤(リージョン1)。望月六郎監督の手がけた秀作アウトロー映画4本を収めたDVD-BOX。収録作品は石橋凌主演の『新・悲しきヒットマン』(1995)、原田芳雄主演の『鬼火』(1996)、奥田瑛二主演の『恋極道』(1997)、松岡旬介主演の『極道懺悔録』(1998)。ヤンキー顔の監督が思いっきりドアップで写っている衝撃的パッケージにも注目。(Artsmagic)

『遥か群衆を離れて』 Far From The Madding Crowd(1967)
米国盤(リージョン1)。トマス・ハーディの小説をジョン・シュレシンジャー監督が映画化した大河ロマン。ジュリー・クリスティ演じる農場の女主人バスシーバを中心に、美しい女と彼女を愛した男たちの波乱に満ちたメロドラマが描かれる。共演はアラン・ベイツ、テレンス・スタンプ、ピーター・フィンチほか。撮影を手がけたのはニコラス・ローグ。(Warner)

『吹きだまりの町』 Cannery Row(1982)
米国盤(リージョン1)。『スティング』の脚本家、『メジャーリーグ』の監督として知られるデイヴィッド・S・ウォードが、文豪ジョン・スタインベックの小説「キャナリー・ロウ〈缶詰横町〉」を映画化した群像ドラマ。街の鼻つまみ者マックは、人のいい学者先生のために仲間たちとパーティーを開こうとするのだが……。主演はニック・ノルティとデブラ・ウィンガー。(Warner)

『Pride and Glory』 2 Disc Special Edition(2008)
米国盤(リージョン1)。ニューヨーク市警の警官4人が奇襲を受けて殺害される事件が発生。父親から捜査の指揮を命じられた主人公レイは、事件に兄と義兄が絡んでいる可能性を突き止めてしまう……。エドワード・ノートン、コリン・ファレルが共演した社会派警察ドラマ。監督は『ミラクル』のギャヴィン・オコーナー。脚本はオコーナーと『NARC』のジョー・カーナハンが共同執筆。Blu-ray版も同時発売。(New Line)


roeg_puffball_ukdvd.jpg

●2009.2.1発売
『Puffball』(2006)
英国盤(PAL)。仕事のために辺鄙な田舎へやってきた建築家の女性。彼女が妊娠したことから、その地に眠っていた不思議な力が蘇り始め、住民たちは恐怖におののく……。フェイ・ウェルドンの同名小説を原作にした、ニコラス・ローグ監督によるオカルトスリラー。出演は『ヘンダーソン夫人の贈り物』で景気よくヌードを披露していた美女ケリー・ライリー、『赤い影』以来のローグ作品への参加となるドナルド・サザーランド、ミランダ・リチャードソン、リタ・トゥシンハムほか豪華キャスト。ものすごい失敗作という噂もあるけど、観たい。(Yume Pictures)


●2009.2.2発売
『Fears of the Dark』 Peur(s) du noir(2008)
英国盤(PAL)。ズバリ“恐怖”を題材に、欧米のコミックアーティストやイラストレーターが競作した全6話のオムニバス・アニメーション。人々の恐怖や不安を駆り立てる悪夢的イメージの数々が、ビザールな白黒映像の中で繰り広げられる。監督はブラッチ、チャールズ・バーンズ、マリー・カイユ、ピエール・ディ・シューロ、リチャード・マグワイア、ロレンツォ・マットッティ。声優としてギョーム・ドパルデュー、オーレ・アッティカなども参加。(Metrodome Group)

『The Goose Steps Out』(1942)
英国盤(PAL)。イギリスの喜劇俳優ウィル・ヘイが主演と共同監督を務めた、イーリング・スタジオ製作の戦争プロパガンダ喜劇。第二次大戦を舞台に、ヘイ演じる教師がひょんなことからドイツ軍将校と入れ替わってしまうという物語。共同監督はバジル・ディアデン。現存する66分バージョンでのリリース。(Optimum Home Entertainment)

『Another Shore』(1948)
英国盤(PAL)。アイルランドのダブリンを舞台にしたイーリング・コメディの隠れた秀作。夢みがちな男が念願のタヒチ旅行を実現させるため、大金持ちを助けて恩を売ろうと物騒な界隈をうろつくのだが……。監督は『ラベンダー・ヒル・モブ』『ワンダとダイヤと優しい奴ら』のチャールズ・クライトン。(Optimum Home Entertainment)

arfym_ukdvd.jpg

『A Run For Your Money』(1949)
英国盤(PAL)。サッカー観戦のためウェールズからロンドンにやってきた田舎者の兄弟が、離ればなれになって都会の誘惑に翻弄される姿を描くイーリング・コメディ。監督は『南極のスコット』のチャールズ・フレンド。出演はドナルド・ヒューストン、アレック・ギネス、モイラ・リスター。(Optimum Home Entertainment)

『Barnacle Bill』(1957)
英国盤(PAL)。英国海軍の艦長でありながら船酔いが持病というアレック・ギネス扮する主人公の悪戦苦闘を描いたコメディ。原案・脚本は『ラベンダー・ヒル・モブ』のT・E・B・クラーク。主演のアレック・ギネス、監督のチャールズ・フレンドにとって最後のイーリング作品となった。(Optimum Home Entertainment)

『A French Mistress』(1960)
英国盤(PAL)。とある公立学校に新しく赴任してきたフランス語教師は、絶世の美女だった! イギリスのヒットメイカー、ボウルティング兄弟による学園コメディ。出演はアニエス・ローラン、セシル・パーカー、イアン・バネン。(Optimum Home Entertainment)


frears-gumshoe_usdvd.jpg

●2009.2.3発売
『Gumshoe』(1971)
米国盤(リージョン1)。イギリスでは発売延期となり、スペイン盤しか出ていなかったスティーヴン・フリアーズ監督の長編デビュー作がようやく北米でDVD化。アルバート・フィニー演じる売れない俳優が、探偵小説にのめりこむあまり本当に探偵稼業を始めてしまう。共演はビリー・ホワイトロー、フランク・フィンレイほか。撮影は数々の名匠と組んでいるクリス・メンゲス。(Sony Pictures)

『ハバナの男』(1959)
米国盤(リージョン1)。ハバナで掃除機会社の代理店を営む、小心者で実直な英国人ジェームズ。彼はある日、友人から英国諜報機関への協力を勧められ、小金欲しさについ承諾してしまう……。グレアム・グリーンの同名小説を作者自ら脚色し、キャロル・リードが製作・監督を務めたスパイスリラー。出演はアレック・ギネス、モーリーン・オハラ、ラルフ・リチャードソンほか。(Sony Pictures)

『サンフランシスコ物語』 Inside Moves(1980)
米国盤(リージョン1)。サンフランシスコ東部の町オークランドを舞台にした、リチャード・ドナー監督によるヒューマンドラマの名作。飛び降り自殺を図って足が不自由になった青年が、同じような障害を抱えた仲間との出会いや、リハビリ生活を通して立ち直っていく姿を描く。主演はジョン・サヴェージ。いつだか赤井英和がベストムービーの1本に挙げていた。(Lion's Gate)

『Bottle Shock』(2008)
米国盤(リージョン1)。1976年のパリで行われたブラインド・テイスティングで、カリフォルニア産ワインがまさかの勝利を収め、それまでのアメリカ産=安物というイメージを覆した。そこに至るまでの試行錯誤と紆余曲折を描いたコメディドラマ。出演はアラン・リックマン、ビル・プルマン、エリザ・ドゥシュクほか。(Fox)

friday13-uncut_usdvd.jpg

『13日の金曜日』 Friday The 13th: Uncut Deluxe Edition(1980)
米国盤(リージョン1)。80年代ホラーブームの火付け役となった大ヒット作が、リメイク版公開に合わせて豪華版で再リリース。本編はアメリカでは初DVD化となるノーカット版(日本版と同じバージョン)。特典としてメイキングや、ショーン・S・カニンガム監督についてのドキュメンタリー、予告編などを収録。(Paramount)

『13日の金曜日 PART2』 Friday The 13th: Part 2: Deluxe Edition(1981)
米国盤(リージョン1)。第1作のヒットを受けて製作されたシリーズ第2弾。ここから殺人鬼ジェイソンが登場し、若者たちを血祭りにあげていく。殺害方法にもなかなか芸があり、ジェイソンが人知れず暮らしていた住居のスカムな感じも忘れ難い。特典はメイキング、コンベンションの記録映像、予告編など。(Paramount)

『13日の金曜日 PART3』 Friday The 13th: Part 3: 3D Deluxe Edition(1982)
米国盤(リージョン1)。大ヒットシリーズ第3弾が、ついに劇場公開時と同じ3Dバージョンで登場! 画面から飛び出すナイフやピッチフォークやヨーヨーが立体メガネで楽しめる。正直、映画としては初期4作の中ではいちばん落ちる気もするけど……。(Paramount)

『His Name Was Jason』 2 Disc Splatter Edition(2008)
米国盤(リージョン1)。トム・サヴィーニがホスト役となって語られる『13日の金曜日』のすべて。初公開の秘蔵映像や、80名を超える関係者インタビューなど、見どころ満載のドキュメンタリー。『13金』ファンは必見。出演はショーン・S・カニンガム、ベッツィ・パルマー、アドリエンヌ・キング、エイミー・スティール、グレッグ・ニコテロ、アマンダ・リゲッティ、セス・グリーン、ケイン・ホッダーなどなど。(Anchor Bay/Starz)


gomorrah_ukdvdjpg.jpg

●2009.2.9発売
『Gomorrah』(2008)
英国盤(PAL)。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、2008年の東京国際映画祭でも『ゴモラ』のタイトルで上映された、イタリアのマッテオ・ガローネ監督作品。ロベルト・サヴィアーノの同名ノンフィクション小説を原作に、ナポリを牛耳る犯罪組織カモッラの実態を克明に描く。原作者はカモッラから殺害予告を受け、いまだに警察の護衛を受けて暮らしているという。(Optimum Home Entertainment)

『Girl in the Park』(2008)
英国盤(PAL)。16年前にセントラルパークで3歳の娘が行方不明になって以来、悲しみと喪失感から逃れられないジュリア。ある日、彼女は娘の面影を持つ若い女性ルイーズと出会う……。『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』の原作・脚本を手がけた劇作家デイヴィッド・オーバーンが映画監督デビューを飾った、数奇な運命を描くドラマ。主演はシガーニー・ウィーヴァー、ケイト・ボズワース。(Halcyon)

『Taken』(2008)
英国盤(PAL)。リーアム・ニーソン演じる元CIAエージェントが、誘拐された娘を救うため犯罪組織に壮絶な戦いを挑む。リュック・ベッソン製作によるハードアクション。監督は『トランスポーター』『ダニー・ザ・ドッグ』の撮影監督や、『アルティメット』の監督を務めたピエール・モレル。共演はファムケ・ヤンセン、マギー・グレイス。(20th Century Fox Home Entertainment)

『Thick As Thieves』The Complete Series(1974)
英国盤(PAL)。ボブ・ホスキンスの出世作となったTVミニシリーズ。3年の刑期を経て釈放された泥棒ジョージ・ドッブスが、愛妻アニーの待つ家へ帰ると、彼女は泥棒仲間のスタンリーとネンゴロになっていた! 奔放な女に愛された泥棒2人のおかしな共同生活を描くシチュエーションコメディ。脚本は『バンク・ジョブ』でも健在なところを見せた犯罪活劇の名手、ディック・クレメント&イアン・ラ・フレネ。(Network)


stone-w-brolin_usdvd.jpg

●2009.2.10発売
『W.』(2008)
米国盤(リージョン1)。オリヴァー・ストーン監督が第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュの半生を描いた話題作。タイトルロールに扮するジョシュ・ブローリンを始め、そっくりさん俳優を大挙起用。ブッシュの悪政を告発するのではなく、彼がいかに哀れな人間であるかをドラマチックに描いたため、興行的には失敗したとか。Blu-ray版も同時発売。(Lion's Gate)

『Chocolate』(2008)
米国盤(リージョン1)。『マッハ!』『トム・ヤム・クン』のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督が、新星ヤーニン・ウィサミタナンを主演に迎えて放つ美少女アクション映画。日本人マフィアの父(阿部寛)をもつヒロインが、病気の母を救うため壮絶な立ち回りを繰り広げる。Blu-ray版も同時発売。(Magnolia Home Entertainment)

『The Lodger』(2008)
米国盤(リージョン1)。連続殺人事件に震撼するロサンジェルス。下宿を経営する女主人は、宿泊者の1人が殺人鬼ではないかと疑い始める……。アルフレッド・ヒッチコック監督が『下宿人』として映画化したマリー・ベロック・ローンズのスリラー小説を、現代のアメリカに舞台を移してリメイク。出演はサイモン・ベイカー、アルフレッド・モリーナ、ホープ・デイヴィス、レイチェル・リー・クック。(Sony Pictures)

deniro-wjh_usdvd.jpg

『What Just Happened』(2008)
米国盤(リージョン1)。ロバート・デ・ニーロ演じるハリウッドの映画プロデューサーが、自身の企画を通そうと四苦八苦する姿を描いた風刺喜劇。『アンタッチャブル』など数々の話題作を世に放ってきたアート・リンソンの自叙伝を、リンソン自らの脚色で映画化。バリー・レヴィンソンが監督を務めた。共演はクリステン・ステュアート、スタンリー・トゥッチ、ブルース・ウィリスほか。Blu-ray版も同時発売。(Magnolia Home Entertainment)

『皆殺しの天使』 Exterminating Angel: Criterion Collection(1962)
米国盤(リージョン1)。あるパーティーに集まったブルジョワたちが、なぜか屋敷から一歩も外に出られなくなる……。ルイス・ブニュエルのメキシコ時代を代表する不条理劇の傑作が、クライテリオン・コレクションから登場。2008年製作のドキュメンタリー「The Last Script: Remembering Luis Bunuel」、主演女優シルヴィア・ピナルと当時助監督を務めていた映画作家アルトゥーロ・リプステインへのインタビュー、予告編、ブックレットなどを特典として収録。(Criterion)

『砂漠のシモン』 Simon Of The Desert: Criterion Collection(1965)
米国盤(リージョン1)。砂漠にそびえ立つ柱の上で修行を続ける男は、さらに高みを目指して別の柱へと移り、神への祈りを捧げる……。ルイス・ブニュエル監督がメキシコ時代に手がけた45分の中編が、クライテリオンからリリース。製作途中で資金不足のため撮影が中断し、中編に仕上げたという逸話を持つ。特典として、1995年製作のドキュメンタリー「A Mexican Bunuel」、出演女優シルヴィア・ピナルへのインタビュー、ブックレットなどを収録。(Criterion)


choke-movie_usdvd.jpg

●2009.2.17発売
『Choke』(2008)
米国盤(リージョン1)。『ファイト・クラブ』のチャック・パラニュークによる同名小説を、サム・ロックウェル主演で映画化。セックス中毒のカウンセリング集会に出席しては患者たちと寝てしまうダメ青年が、アルツハイマー症を患う母の医療費を稼ぐために始めた稼業とは? 共演はアンジェリカ・ヒューストン、ケリー・マクドナルドほか。監督・脚本は『アイアンマン』などにも出演している俳優のクラーク・グレッグ。(Fox)

『ミッドナイト・ミート・トレイン』 Midnight Meat Train: Unrated Director's Cut(2008)
米国盤(リージョン1)。ラッセル・マルケイを師と仰ぐ北村龍平を監督に抜擢し、クライヴ・バーカーの傑作スプラッター短編小説を映画化した話題作。アメリカのホラーファンの間では賛否両論だったが、DVDは公開版より過激なアンレイテッド・ディレクターズカットを収録。これで評価が覆るか? Blu-ray版も同時発売。(Lion's Gate)

『How to Lose Friends and Alienate People』(2008)
米国盤(リージョン1)。『ホット・ファズ』のサイモン・ペッグ主演の新作コメディ。ニューヨークの有名雑誌社で働くイギリス人ライターの悪戦苦闘を描く。原作は英国人ジャーナリストが実際に5年間ヴァニティ・フェア社で働いた体験を綴った同名ベストセラー小説。共演はジェフ・ブリッジス、キルスティン・ダンストほか。(MGM/UA)

『Flash Of Genius』(2008)
米国盤(リージョン1)。1960年代に起きた実話をもとにしたドラマ。新機軸のワイパーを発明したデトロイト在住の大学教授と、大手自動車企業との長きにわたる戦いを描く。家庭思いの父親から、やがて訴訟に心血を注ぐ執念の人となる主人公をグレッグ・キニアーが演じる。(Universal)

religulous_usdvd.jpg

『Religulous』(2008)
米国盤(リージョン1)。TVで活躍するコメディアンのビル・マー(元カソリック)が世界中を駆け巡って宗教家にインタビューし、いかに現代の宗教が欺瞞に満ちたものであるかを暴露しつつ、その在り方を問うコメディドキュメンタリー。タイトルは「宗教(Religion)」と「アホくせえ(Ridiculous)」を掛け合わせた造語。監督は『ボラット』のラリー・チャールズ。(Universal)

『レーチェル レーチェル』 Rachel, Rachel(1968)
米国盤(リージョン1)。生涯に6本の監督作品を残したポール・ニューマンの記念すべき監督デビュー作。引っ込み思案の中年女性教師が、ある出来事によって自分の殻を打ち破り、新たな人生の第一歩を踏み出すまでを描く。主演はニューマン夫人のジョアン・ウッドワード。(Warner)

『フェイシズ』 Faces: Criterion Collection(1968)
米国盤(リージョン1)。“インディペンデント映画の父”ジョン・カサヴェテス監督の名声を確立した代表作が、クライテリオン・コレクションから単品で初リリース。自宅を抵当に入れ、出演者もスタッフもノーギャラで参加し、数年間を費やして作り上げたこの群像劇は、アカデミー賞3部門にノミネートされるほどの高評価を得て、カサヴェテス自身をも驚かせた。17分の別バージョン・オープニング、フランスのTV番組「Cineastes de notre temps」のカサヴェテス特集、2004年製作のインタビュー集「Making Faces」などを収録した2枚組。(Criterion)


bido_wmwik_ukdvd.jpg

●2009.2.23発売
『美人ダンサー襲撃』 Watch Me When I Kill(1975)
英国盤(PAL)。ダリオ・アルジェント監督の初期ジャッロに強く影響されたアントニオ・ビドー監督の長編デビュー作。殺人事件に巻き込まれてしまった女性ダンサーの恐怖を描く。『新世紀エヴァンゲリオン劇場版/シト新生』の予告編や『バトルロワイヤル』などで日本でも有名になったヴェルディの「“レクイエム”より・怒りの日」をバックに、風呂場で繰り広げられる壮絶な殺害シーンがホラー映画ファンの間では有名。ただし被害者は美女でなくオッサン。(Shameless)

『Hunger』(2008)
英国盤(PAL)。1981年、北アイルランドのメイズ刑務所内で行なわれたハンガーストライキを題材に、死を賭した壮絶な抗議運動を繰り広げた人々の姿を描く衝撃作。監督・脚本を手がけたのは往年のハリウッドスターと同姓同名の新人、スティーヴ・マックイーン。カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人賞)と国際批評家連盟賞を受賞し、東京国際映画祭2008でも『ハンガー』のタイトルで上映された。(Pathe Video)

『Sid!』(2008)
英国盤(PAL)。没後30周年を迎えたシド・ヴィシャスの生涯に迫ったドキュメンタリー。ジャー・ウォブル、スティーヴ・セヴェリン、ヴィヴィアン・ウェストウッドなどによる関係者証言や、ロンドンのストックビデオアーカイブ「ITN」の協力で発掘された初公開映像なども盛り込まれている。本編DVD+10曲入りCDの2枚組。(Odeon Entertainment)


argento-ffogv_usdvd.jpg

●2009.2.24発売
『四匹の蠅』 Four Flies On Grey Velvet(1971)
米国盤(リージョンオール)。権利問題でソフト化が絶望視されていたダリオ・アルジェント監督の初期ジャッロが、ついに北米圏で公式リリース。殺人の現場に居合わせたミュージシャンが辿り着く意外な真実とは? 主演はマイケル・ブランドン、ミムジー・ファーマー。(Mya Communication)

『Malabimba: The Malicious Whore』Unrated Version(1979)
米国盤(リージョン1)。イタリアで作られた『エクソシスト』もどきのエロティック・オカルト映画が、無修正全長版で再リリース。淫乱な悪霊に取り憑かれた美少女ビンバの奇行を描く。監督は怪作『ゾンビ3』のアンドレア・ビアンキ。(Severin)

「The Whip And The Body / Conspiracy Of Torture」
米国盤(リージョン1)。マリオ・バーヴァ監督の『白い肌に狂う鞭』(1963)と、ルチオ・フルチ監督の『Beatrice Cenci』(1969)のカップリングDVD。各作品のバージョンは不明。(Rykodisc)

『修道女ルシア 辱(けが)す』 Sins Of Sister Lucia(1978)
米国盤(リージョンオール)。小原宏裕監督・桂千穂脚本のロマンポルノ作品が“Mondo Macabro”からリリース。家庭教師と関係を持ったことから修道院へ入れられたヒロインが、背徳の肉欲に溺れていく。ドキュメンタリー「History Of Nikkatsu Roman Porno」、映画研究家ジャスパー・シャープのインタビューなどを収録。日本版DVDもジェネオンから発売中。(Mondo Macabro)

『Blood, Boobs & Beast』(2008)
米国盤(リージョン1)。箸にも棒にもかからないZ級SFホラー映画を作り続けてきたボルチモアの映画作家、ドン・ドーラーの半生に迫ったドキュメンタリー。ドーラー自身はもちろん、ロイド・カウフマンやJ・J・エイブラムズといった映画人たちも登場する。特典としてドーラーの監督作品『魔獣星人ナイトビースト』本編と、予告編集やメイキングなどを収録。(Troma)

「Japan Noir: 9 Souls/Bullet Ballet/The Guard From Underground」
米国盤(リージョン1)。“ジャパン・ノワール”と題して、豊田利晃監督の『ナイン・ソウルズ』、塚本晋也監督の『BULLET BALLET』、黒沢清監督の『地獄の警備員』を収録した3枚組DVD-BOX。まあ、確かにどれも闇を描いてるかもしれないけど、ノワールではない気がする。お得だから別にいいか。(Artsmagic)

futurama09-itwgy_usdvd.jpg

『Futurama: Into The Wild Green Yonder』(2009)
米国盤(リージョン1)。マット・グレーニング原案&プロデュースのSFコメディアニメ『Futurama』の長編シリーズ最終作。プロデューサーのデイヴィッド・X・コーエン曰く「ラストを締めくくるに相応しい、スイートな薫りを残す最高のエンディングが待っているよ」とのこと。これで最後と言わず、もっともっと作り続けてほしい。ゲスト声優としてスヌープ・ドッグやフィル・ヘンドリーなどが参加予定。Blu-ray版も同時発売。(Fox)

『楽園の瑕』 Ashes Of Time: Redux(1994)
米国盤(リージョン1)。ウォン・カーウァイ監督の異色武侠映画『東邪西毒』が、「Redux」(帰還版)と冠された再編集バージョンで新たにリリース。公開版は100分だったが、今回のバージョンは93分になっている。特典としてメイキング、監督との質疑応答を収録。(Sony Pictures)

『Sweeney Todd: The Demon Barber Of Fleet Street』(1936)
米国盤(リージョン1)。戦前イギリス映画界で活躍したグランギニョール風ゲテモノ映画の大スター、トッド・スローターが主演した元祖『スウィーニー・トッド』。19世紀ロンドンの下町で、客の喉首を掻き切り続けた殺人床屋と、その死体で人肉パイをせっせと作り続けた女将さんの栄光と挫折。スローターは舞台でもトッド役を当たり役とし、この映画版も当時大ヒットしたとか。(Legend House)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/334-18987b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。