Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『文雀』(2008)

『文雀』(2008)

johnnie-to-sparrow_poster.jpg

 4人組のスリ集団の前に現れた、ひとりの美しい女。彼女は闇社会の大物に囲われ、自由を失った“籠の中の小鳥”だった。助けを求められたスリたちは、彼女を広い世界に解き放つべく一肌脱ぐことに……。ジョニー・トー監督が4年の歳月をかけて少しずつ撮りためた、軽妙でロマンティックな小品。東京フィルメックスでは見逃してしまったので、年末ギリギリになって香港盤DVDで観た。

johnnie-to-sparrow_pickpocket.jpg

 本作は、古きよき香港をこよなく愛する監督が、急速な経済発展に伴う都市開発のなかで失われゆく街の情景を、フィルムに残そうと始まった企画。劇中には長い歴史を感じさせる建物や、旧市街の町並みが多く登場する。スリという今どき割りに合わない犯罪にこだわり続ける主人公たちも、滅びゆく昔気質の象徴なのだとか。物語もいつものハードなトーさん節ではなく、甘美でクラシカルな都会のおとぎ話という趣き。しかし、クライマックスでは男たちの揺るぎない友情が、言葉などなくても通じ合う絆がひたすらカッコよく、様式美たっぷりに描かれる。紛うかたなきジョニー・トー作品なのだ。

johnnie-to-sparrow_kelly2.jpg

 最小限に削ぎ落とされた台詞、余計な説明は一切しないシンプルな語り口によって、現代の香港を舞台にロマンティックな物語を展開させる『文雀』。フランス人作曲家ザヴィエ・ジャモーの洒落た音楽も効果大だ。アンディ・ラウ主演の『イエスタデイ・ワンスモア』(2004)とも印象がダブったが、こちらの方がより監督のパーソナルな心情に溢れた作品という感じがする。といっても非常にこぢんまりとした映画だし、4年もかけたと聞いて想像するような力の入った内容ではない。むしろ息抜き的な気楽さで丁寧に作り上げた、小さな宝石細工のような作品である。

 それでも終盤には壮麗かつスタイリッシュな“対決”シーンが用意されており、決して地味な映画にはなっていない。夜の闇の中で、雨と傘と群衆が優雅に絡み合うクライマックスは、緊張感と美しさを同時に兼ね備えた本作のハイライトだ。監督はこの映画をミュージカルのような印象にしたかったといい、ここでは大好きな『シェルブールの雨傘』(1963)をイメージしているのだとか。同時に、『エグザイル/絆』(2006)のラストにも通じる男泣き必至の名場面でもあり、プロとしての矜持をかけた情無用の勝負を描いてもいて、その決着はなかなか奥深い。

johnnie-to-sparrow_raining.jpg

 スリ集団のボスを演じるのは、常連俳優のサイモン・ヤム。『エレクション』二部作の鬼気迫る演技、『エグザイル/絆』のコミカルな怪演とは打って変わって、ここでは昔気質のロマンティストを軽やかに演じている。カメラ片手にニコニコしながら自転車で街を駆ける姿は、まるっきり少年そのもの。美女を前にドキマギするさま、恋心を秘めた男のいじらしさが滲む仕草には、ヤムヤムファン悶絶必至。4年間にわたる撮影のため、体重とプロポーションをずっと同じに保ち続けたという役者根性にも恐れ入る(スリ仲間を演じた役者のうち2人はしっかり太ってしまい、自転車に4人乗りするシーンでは重さで何台も壊してしまったとか)。ということは、衝撃的な中年太り姿で登場した『天使の眼、野獣の街』(2007)は、本作のクランクアップ後に撮られたのだろうか。それとも撮影途中……? さらに、現場では例によってシナリオがなかったため、最初の1週間はただひたすら旧市街を自転車で走らされ、自分が何の役なのか全く分かっていなかったという。恐るべし、ジョニー・トー組。

johnnie-to-sparrow_kelly.jpg

 そして、ファム・ファタール的なヒロインを演じるケリー・リンがとてもいい。考えようによっては純情なスリ集団を利用する悪女にしか見えかねないキャラクターを、本当に可愛らしく、無器用な女性として見事に演じている。どちらかというとクールな印象の彼女を、ジョニー・トー監督は儚げでつい守りたくなる女性の役に抜擢し、愛情たっぷりに撮っていて、そのベタ惚れぶりが画面からひしひしと伝わってきて微笑ましい。『マッド探偵』(2007)といい本作といい、もはやジョニー・トー作品のミューズといっていいのでは?

 ラム・カートン、ラム・シュといった常連俳優も、相変わらずいい味を出している。今回、特に素晴らしかったのが、ベテラン名脇役のロー・ホイパンだ。ヒロインのパトロンで実は元○○(!)という役を憎々しくも愛らしく演じていて絶品。『エレクション』や『柔道龍虎房』(2004)にも出ていたそうだが、ちょっと思い出せない。今度また観てみよう。

johnnie-to-sparrow_sparrows.jpg

 『文雀』はジョニー・トー監督の映画作家としての成熟と、幅の広がりを感じさせる佳作だ。ロマンのかけらもなく、説明過多なハリウッド映画に飽き飽きした映画ファンには、お薦めの1本。

※追記:2009年、ファインフィルムズより『スリ』のタイトルで日本版DVDがリリース。

・Amazon.co.jp
DVD『スリ(文雀)』

・Yesasia.com
DVD『文雀』(香港盤・リージョン3)


製作・監督/ジョニー・トー
脚本/銀河創作組、チェン・キンチョン、フォン・チーチャン
撮影/チェン・シウキョン
音楽/ザヴィエ・ジャモー、フレッド・アヴリル
編集/デイヴィッド・リチャードソン
出演/サイモン・ヤム、ケリー・リン、ラム・カートン、ロー・ウィンチョン、ケネス・チャン、ロイ・ホーパン、ラム・シュ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/332-628386ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。