Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パラサイトX』(2007)

『パラサイトX』
原題:Vikaren(2007)

Vikaren_dedvd.jpg

 デビュー作『モルグ』(1994)が世界的に注目され、そのハリウッド・リメイク版『ナイトウォッチ』(1997)でも自ら監督・脚本を手がけたデンマーク生まれの俊英、オーレ・ボールネダルの最新作。十把ひとからげのB級ホラー風パッケージでDVDスルーという投げやりな扱いとはいえ、久々に日本でも新作が紹介されるのは素直に嬉しい。先行レンタル版のDVDで観てみたら、相変わらずセンスのよさを感じさせるジュブナイルSFスリラーの佳作だった。特にオープニングタイトルのカッコよさには思わず身震いした。映画全体としてはこぢんまりとした小品であるものの、肩の力を抜いて観られる娯楽作に仕上がっている。ちなみに原題は「代理教師」の意味。

Vikaren_chickens.jpg

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 母親を交通事故で亡くしたばかりの少年カールは、寂しさを胸の奥にしまい、父親と妹と支え合って暮らしていた。そんなある日、彼の通う小学校に代理教師のウーラが赴任してくる。彼女は子供たちの神経を逆撫でするような毒舌や命令を次々にぶつけ、とても教師とは思えない奇怪な言動を繰り返す。生徒たちが学校や親に訴えても、ウーラの巧みな口車によって逆に丸め込まれてしまう始末だ。

 そんな時、カールはふとしたことから彼女の正体が人間でないことを知ってしまう。ウーラは外宇宙から来たエイリアンだったのだ! 同級生とともに彼女の家に忍び込んだカールは、異様な光景を目の当たりにする。一方、ウーラは研修と称して生徒たちを「外国」に連れて行く準備を進めていた……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Vikaren_classmates.jpg

 古くは『惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!』(1953)、そしてそのリメイク『スペースインベーダー』(1986)などと同じく、大人たちの知らない恐るべき真実を知ってしまう子供の孤軍奮闘を描いた物語だが、本作ではそれが1クラス分の少年少女に増えているのが面白い。それぞれにキャラの立った子供たちが謎のエイリアンに立ち向かうという、冒険児童文学のセオリーに則ったようなストーリー展開を、ボールネダルはこなれた演出で巧みに描いていく。デビュー作でも確立されていた妙な巧さと落ち着きは相変わらずだ。

Vikaren_kiss.jpg

 あくまで子供たちが主人公の映画なので、過激な描写やハードな展開などを期待すると肩透かしを食うだろう。『モルグ』のような激痛シーンもない。ただ、児童映画にしては少しいたずらが過ぎるというか、ヤンチャなところも幾つかあって、そこが楽しい。スプラッターシーンもしっかり登場する(被害者はニワトリだけど)。小学生が大型バスを運転するシーンは『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001)の影響だったりしたら嬉しいな、とか思った。

Vikaren_jonas.jpg

 主人公のカール少年を演じるヨナス・ヴァンドシュナイダー君が、すごくいい顔をしていて印象に残る。映画一本をちゃんと引っ張れるだけのスクリーン映えする魅力があり、美少年好きの方も要チェックだろう。演技もしっかりしていて、孤独を胸に秘めながらも健気にがんばる思春期の男の子を好演している。脇を固めるクラスメイトのキャスティングも完璧。「出っ歯」「ガリ勉」「ブタゴリラ」「ミニ教育ママ」といった感じで容易くアダ名をつけられそうな分かりやすさがいい。主人公の妹役の女の子もキュート。

Vikaren_paprika.jpg

 パプリカ・スティーンが怪演するエイリアン女教師の狂ったキャラクターも見どころ。本当に見ていて嫌悪感をもよおす怪人物を嬉々として演じており、だんだん親しみさえ感じられてくるのが不思議。クライマックスのコントみたいな芝居には爆笑してしまった。

 宇宙人の目的と行動がイマイチ合致しないとか、ユルすぎる部分もあるけど、好感の持てる佳作だった。家族で観てもよさそうな映画である。でも、同じボールネダル作品なら前作『I am Dina』(2002)の方を先にリリースしてほしかった。

・Amazon.co.jp
DVD『パラサイトX』


監督/オーレ・ボールネダル
脚本/ヘンリク・プロップ、オーレ・ボールネダル
撮影/ダン・ローストセン
音楽/マルコ・ベルトラミ
出演/ヨナス・ヴァンドシュナイダー、パプリカ・スティーン、ウルリク・トムセン、ニコライ・ファルケンベルク=クロク、エマ・ユエル・ユステセン、ソニア・リクター

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/317-ae060b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。