Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シューテム・アップ』(2007)

『シューテム・アップ』
原題: Shoot'em Up(2007)

shoot-em-up_poster.jpg

 まあマンガ映画として観ればねー、というスタンスならそこそこ楽しめる大馬鹿ドンパチアクション。カッコイイというよりは完全にギャグなので、真面目なアクション映画好きにはあまり薦めない。

 元々、B級映画畑でラブコメやホラーを撮っていた監督のマイケル・デイヴィスが、「こんなガンアクションがやりたいんだ!」という半分妄想・半分プレゼンのようなつもりでアニマティックス(映像コンテ)を自主制作し、それがニューラインシネマの重役連の目にとまって映画化が実現したというのだから、ある意味アメリカン・ドリームである。ただしその内容を見ると、ハリウッドの慢性的ネタ不足、溺れるものはワラをも掴む的などんづまり状況の方が、ひしひしと伝わってきてしまうが。

shoot-em-up_shooting.jpg

 ボンクライズム溢れる見せ場の数々はいちいちツッコミどころ満載で、そのうち「え?」とか思うのも疲れてくる。頭のなかで考えてる分には楽しかったろうけど、実際やってみるとスピード感にもカッコよさにも欠けるし、なんだかなあ……と思えてしまうところも多々あり、お世辞にも全編息もつかせぬ展開などとは言えない。原案・監督・脚本を手がけたデイヴィスは、スタイリッシュな映像を演出できるセンスも力量も持ち合わせておらず、ひたすらチャイルディッシュな拳銃遊びに明け暮れる。男のロマンティシズムや美学といったものには興味がないようで、公園で撃ち合いごっこに興じる小学生と大して変わらない。だから、クールでスマートなガンアクションを本気で期待したりすると途中で辟易すると思うし、全世界に存在するジョン・ウー学校の生徒さんたちが観たら「校長に謝れ!」とクラス中から総スカンを受けることだろう。

 逆に、その無邪気さや底の浅さを独特のテイストとして認めてしまえば、それほど腹も立たない。ここまで潔く物語性だのキャラクターの内面だの葛藤だのを捨て去り、ひたすらマンガ的な馬鹿アクションと薄っぺらいギャグを数珠繋ぎに繋げていくだけの映画も、なかなか見られるもんじゃない(そういう意味では、捻ったストーリー展開を無理に織り込もうとして変調を誤った感のある『ウォンテッド』より、作品の出来はともかく、観終わってスカッとするのはこっちかもしれない)。メイキング映像に出てきた監督は、よく喋る陽気なデブの映画オタクで、作品とのイメージが気持ちよく合致する人物であった。まあ、よほどのことがない限り、次回作は観ないだろうけど。

▼撮影現場で指示を出している監督のマイケル・デイヴィス
shoot-em-up_director.jpg

 いつもニンジンをかじっている主人公のガンマンを演じるのは、我らがクライヴ・オーウェン。こんなダメ映画に出るくらいなら、マイク・ホッジス監督と一緒に新作やってくれよ! と思わずにいられないが、まあ色々と事情があったのだろう(ギャラとか)。しかし、ここまで中身のないキャラクターを、これほど堂々と、カッコよく、気取らず、しかも空っぽのままに演じきれる役者は彼だけだ。とことん虚無的なヒーローを演じさせたら、クライヴ・オーウェンの右に出る者はいない(一時期『007』にキャスティングされかけたこともあるが、その役者的資質からいうと、ジェームズ・ボンドを演じるにはあまりにも本気で空虚すぎるのだ)。ところで、メイキングの中で監督が「クライヴ・オーウェンは世界一のアクションスターだよ! 特に『ルール・オブ・デス/カジノの死角』の彼は最高だった!」とよく分からない賛辞を送っていたので、いいかげん日本でも『ルール・オブ・デス』DVD化してくれないだろうか。>クロックワークスさん

 ポール・ジアマッティの開き直った変態悪役演技も気持ちよさそうで楽しい。特に死んだ女の乳をもむシーンの恍惚とした表情が素晴らしく、『アンダルシアの犬』(1928)の1シーンを彷彿とさせる。モニカ・ベルッチも、もう何度やったか分からない娼婦役をさらりと演じ、ベテラン添え物女優の風格を漂わせている。いちばん大人だなあと思ったのは、メイキングで全員が「喋ることねえな……」って感じなのに、彼女だけしっかり映画の魅力について語っていたところ。

shoot-em-up_machattie.jpg

 この映画はカナダのトロントで撮影されているので、現地の映画人も多く参加している。銃器会社の社長ハマーソンを演じているのは、スティーヴン・マクハティ。『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(2005)の冒頭に出てくる強盗殺人犯コンビの片割れ、そして『明日なき銃弾』(1978)の熱演などで、一部の映画ファンの間では印象深い性格俳優である。はっきり言って、本作の中ではいちばんカッコイイ(そのカッコよさをイマイチ使いきれてないのが、監督の力量のなさをまた感じてしまうところだが)。『ヒストリー・?』でマクハティの若い相棒を演じたグレッグ・ブリックも、主人公と空中ガンファイトを繰り広げるSP役で登場。そして、本作の衣装デザインを手がけているのはデニース・クローネンバーグ。言うまでもなくデイヴィッド・クローネンバーグ作品の常連スタッフであり、監督の姉である。

shoot-em-up_duel.jpg

 まあ、DVDレンタルで観て「くっだらねえなあ」と笑う分には、あまり損した気持ちにはならないと思う。それでもためらいがあるなら、半額サービスデーにでも。

・Amazon.co.jp
DVD『シューテム・アップ』
Blu-ray Disc『シューテム・アップ』


監督・脚本/マイケル・デイヴィス
撮影/ピーター・パウ
衣装/デニース・クローネンバーグ
音楽/ポール・ハスリンジャー
出演/クライヴ・オーウェン、ポール・ジアマッティ、モニカ・ベルッチ、スティーヴン・マクハティ、グレッグ・ブリック


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/304-f438cf1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。