Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『厳重に監視された列車』(1966)

『厳重に監視された列車』
原題:Ostre sledovane vlaky(1966)

ostre-sledovane-vlaky.jpg

 世界でいちばんよくできた映画のひとつではないか、と個人的に思っている傑作。アカデミー賞外国語映画賞も獲得した、チェコのイジィ・メンツェル監督の長編デビュー作である(TV放映題は『運命を乗せた列車』)。とにかく見事な艶笑喜劇で、童貞少年の悶々をコミカルかつ切実に描いた青春映画でありつつ、巧みな社会風刺も織り込まれている。しかも、とてつもなくシンプルかつスマートで、愛嬌豊かな名作だ。3年前のチェコ映画祭で観た時は、あまりの面白さと完成度の高さに面食らってしまった。現在、渋谷のシネマ・アンジェリカで開催中の「Ahoj! チェコ映画週間」で10月10日まで上映されているので、時間がある人はぜひ観に行ってほしい。(追記:12月13日?19日、日比谷シャンテ・シネ3でも1週間のみ上映!)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 ナチスドイツ占領下のプラハ近郊の村。鉄道員の息子ミロシュは、信号係見習いとして小さな駅で働き始める。女ぐせの悪い先輩、間抜けな駅長、色っぽい女性職員などに囲まれて、だんだんと大人の世界を知っていくミロシュ。ある晩、彼は恋人のマーシャと一夜を共にするが、“肝心なこと”をできないまま朝を迎えてしまう。童貞を捨てられなかったショックで自殺を図ってしまうミロシュ。一命をとりとめた彼は、医師に「年上の女性と付き合ってみたらどうか」とアドバイスされ、相手を探し始める。そして、先輩の誘いでレジスタンス運動に協力することに……。

ostre-sledovane-vlaky_doctor.jpg

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 原作はチェコ文学界の代表的作家、ボフミル・フラバル。脚本はイジィ・メンツェルとフラバルが共同で執筆した。メンツェルの演出は優しさと辛辣さを兼ね備え、どこかファンタジックで寓話的。そしてたまらなくエロティックだ。後半に登場するレジスタンスの合言葉「勝利の女神(ヴィクトリア・フレイヤ)」のくだりの、なんとさりげなく秀逸で美しいことか。スタンダードサイズを巧みに活かした撮影も素晴らしく、全ての構図がことごとくキマッている。本当に豊かな映画を観ている、という気分にさせてくれる。

ostre-sledovane-vlaky_victoria.jpg

 キャスティングも完璧。悩める主人公を好演するヴァーツラフ・ネツカージは、おどおどした佇まいとあどけない童顔が監督のメンツェルにそっくり。政府から20年間も上映禁止処分をくらった同監督の傑作『つながれたヒバリ』(1969)にも出演している。チョイ悪な先輩を演じるヨゼフ・ソムルも最高だ。まさしく「女神」のような美貌のナジャ・ウルバーンコヴァーを始め、女優陣も魅力的。メンツェル自身も、うさんくさい青年医師役で顔を見せている。

ostre-sledovane-vlaky_blownaway.jpg

 ラスト、全てを吹き飛ばす爆風の迫力は、チェコ・ヌーヴェルヴァーグのこぢんまりしたイメージをも豪快に吹き飛ばす。チェコ映画界のトップランナーが、ミロシュ・フォアマンでもなくヴェラ・ヒティロヴァでもなく、イジィ・メンツェルだった時期が確実にあるのだ。まさに非の打ちどころのない傑作。現役童貞も元童貞も、思わず憧れてしまう男子の一生がここにある。

・DVD Fantasium
DVD『厳重に監視された列車(運命を乗せた列車)』(米国盤・リージョン1)


ostre-sledovane-vlaky_stamp.jpg

監督/イジィ・メンツェル
原作/ボフミル・フラバル
脚本/イジィ・メンツェル、ボフミル・フラバル
撮影/ヤロミール・ショフル
音楽/イジィ・シュスト
出演/ヴァーツラフ・ネツカージ、ヨゼフ・ソムル、ヴラジミール・ヴァレンタ、イトカ・ベンドヴァー、クヴィエタ・フィアロヴァー、ナジャ・ウルバーンコヴァー、イジィ・メンツェル

スポンサーサイト

コメント

イジー・メンツェル監督

はじめまして。TBさせていただきました。

私はこの映画を、先週、日比谷シャンテで観ました。

>世界でいちばんよくできた映画のひとつではないか、と個人的に思っている傑作。


私もそう思ってまーーーっす。
完成度が高くて、コメディ要素満載ながら芸術的で、この映画は必見でした。
駅長、女たらしの先輩、新人君の3人のキャラクターが最高に笑えました。それでいて、最後の結末で深みと重みが加わり、監督の才能に驚嘆させられました。

  • 2008/12/23(火) 00:21:14 |
  • URL |
  • 樹衣子 #-
  • [ 編集]

はじめまして。コメント&TBありがとうございます。
ホントに「才気煥発」ってこのことだなー、と思える映画ですよね。少し前まで日本では幻の映画だったのに、今年は2回ほど普通の映画館で上映されて(合わせて2週間くらいですけど)、人目に触れられる機会が増えて嬉しかったです。

イジィ・メンツェルは『高速ヴァンパイア』というケッタイな怪奇映画で主演してるんですけど、それも面白いですよ。『厳重に監視された列車』とはあらゆる意味で真逆ですが(笑)
http://eutra.hp.infoseek.co.jp/trash.htm#012

  • 2008/12/24(水) 09:04:18 |
  • URL |
  • グランバダ #h1buydM2
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/302-2c567996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。