Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『男の傷』(1981)

『男の傷』
原題:Cutter's Way(1981)

cutters-way_usdvd.jpg
 偶然に犯罪の現場に出くわした男が、犯人らしき人物を町で見かけ、妄想癖のある親友にそそのかされて恐喝行為に及ぶ。しかし、彼らの愚行の代償はあまりに大きかった……。陽光溢れるカリフォルニアの海岸の町を舞台にした、異色のノワールドラマ。『ビッグ・リボウスキ』(1998)の元ネタ的作品としても有名なカルトムービーだ。

 脚本はジェフリー・アラン・フィスキン。監督はチェコ出身の異才、アイヴァン・パッサー。『火事だよ! カワイコちゃん』(1967)など、初期のミロシュ・フォアマン作品で共同脚本や助監督を務めた後、アメリカに亡命し、ジョージ・シーガル主演の隠れたニューシネマの秀作『生き残るヤツ』(1971)を監督した人物だ。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 カリフォルニアの風光明媚な住宅地サンタバーバラ。主人公リチャード・ボーン(ジェフ・ブリッジス)は、昼間はボートのセールス、夜はジゴロなどをして小遣いを稼ぐ、無為な毎日を送っていた。ある雨の夜、彼はたまたま死体遺棄の現場に出くわし、警察に容疑者としてしょっぴかれてしまう。ゴミ箱に棄てられていた遺体は、17歳のチアリーダーだった。

 釈放されたボーンは、親友のアレックス・カッター(ジョン・ハード)と、その妻モー(リサ・エイクホーン)と共にパレード見物へ出かける。カッターはベトナム戦争で片目・片腕・片脚を失って以来、酒びたりとなって様々なトラブルを起こし、夫婦関係にも亀裂が入っていた。ボーンはモーに同情しながらも、厄介者のカッターを見捨てることができなかった。

 その時、ボーンはパレードの中に見覚えのある顔を見つける。あれは昨晩、少女の死体を捨てていた男だ! それは町の有力者コード(スティーヴン・エリオット)だった。カッターはその話を聞き、警察の代わりに自分たちの手でコードに天誅を下そうと言い出す。被害者の姉(アン・デューセンベリー)まで巻き込み、勢いだけでずさんな恐喝計画を練り上げるカッター。ボーンは自分のおぼろげな記憶が生んだ勘違いかもしれないと説得するが、もはやカッターの思い込みは、日頃の社会に対する苛立ちとも相まって、後戻りのきかないところまで来ていた……。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

cutters-way_point.jpg
 犯罪スリラー的な体裁を取りながらも、妄想だけで暴走するエキセントリックな男の姿を追うブラックコメディのようでもあり、人生に負けのこんできた男たちの焦燥とささやかな反逆を描いた、男泣き友情ドラマでもある。主軸となる素人探偵ミステリーの部分では『ビッグ・リボウスキ』と同様、推理劇なんて一方からの視点だけで見れば単なる妄想にしか見えない、という事実を喝破している。

 本作ではそれと並行して、ある破綻した夫婦とその友人が辿る、破滅的な愛のドラマも丹念に描かれていく。中盤では、もはやストーリー上のメイン/サブの識別は失われ、ボーンとモーが一線を越えていく不倫のドラマこそが本筋となっていく。単純な推理サスペンスを期待すると、そのあたりは退屈かもしれないが、アイヴァン・パッサーの繊細な演出が、微妙な関係性のドラマを見応えあるものにしている。

 しかし見事なのは、双方のプロットが巧みに影響しあい、結びつき、やがてカタルシスに満ちたラストシーンへと至るシナリオの組み立てだ。特に感心したのは、カッターが無茶な行動に走る動機の裏には、主人公ボーンのいい加減な憶測や、責任から目を背けてしまう人間性が、常にきっかけとしてある点。その負い目・罪悪感から、ボーン自身も愚行に加担せざるを得ない。実にノワール的な破滅のメカニズムであり、非常に優れた構造の心理劇として完成されている。

 普通に観ると、なんともとらえどころのない、物語の着地点を容易には明らかにしない茫洋とした作品だが、それが一種独特のスリリングな面白さを生んでいる。その現実感の希薄な白日夢的感覚を増幅させているのが、ジョーダン・クローネンウェスの撮影と、ジャック・ニッチェの音楽である。

Cutters-way_breakfast.jpg
 本作の翌年に『ブレードランナー』(1982)の撮影を手がけるクローネンウェスは、ここでもスモークや霧雨といった小道具を使い、随所に美しい光を作り出している。スモークを焚きすぎて人物の顔が全然見えないほどのショットもあり、監督のパッサーと現場でどんなやりとりがあったのか気になるところだ。でも実は、それらの「いかにも映像派」な部分より、ただ明るいだけではないカリフォルニアの澱んだ空気を捉えたロケシーンや、しっとりしたアンバー系の色合いが美しい室内ショットなどの方が、クローネンウェスの巧さを堪能できる。

 そして、グラスハープの幻想的な音色をフィーチャーした、ジャック・ニッチェのシュールな音楽。どこかユーモラスな雰囲気すら漂わせるメロディが、この物語の解釈をひたすらはぐらかし続ける一助となっている。それでいながら、クライマックスでは主人公たちの愚かな挑戦に対する共感のトライアンフとして勇壮になり響くのだ(それが幻影に過ぎないとしても、という意味も込めて)。非常に作品への貢献度の高いスコアである。タランティーノは『デス・プルーフinグラインドハウス』(2007)のオープニングで、ニッチェ作の『Village of the Giants』(1965)の音楽をフィーチャーしていたが、作風の180度違う本作のスコアも含め、改めてその仕事を振り返りたくなった。

▼米国版VHSジャケット
Cutters-way_usvhs.jpg
 丹下左膳かシルヴァー船長かというルックスで、常に怒りと苛立ちをたぎらせている男・カッターのキャラクターが何しろ強烈。演じるジョン・ハードのパワフルな演技も圧倒的だ。監督のパッサーは彼の出演する『オセロ』の舞台公演を見て、もっと有名な俳優を望んだ映画会社の意見を突っぱね、ハードの起用に固執したという。最近では『ホーム・アローン』シリーズのお父さん役ぐらいしか印象に残っていないが、そのキャリアの初期では大変な性格俳優だったことが、本作を観ると分かる。社会との協調性をまるで持ち合わせていないカッターのキャラクターは、そのまま『ビッグ・リボウスキ』のジョン・グッドマンに受け継がれているが、インパクトは断然ジョン・ハードの方に軍配が上がる。

 主人公ボーンを演じたジェフ・ブリッジスの、中途半端でだらしない佇まいもリアルだ。常に面倒事を避け、根なし草のようにしか生きられない「ハンサムな負け犬」を絶妙に演じている。モー役のリサ・エイクホーンも、疲れた美しさと色気を醸し出しながら、破滅に飲み込まれる女性を好演。冒頭ではロバート・アルトマン監督の『ロング・グッドバイ』(1973)へのオマージュか、ニーナ・ヴァン・パラントが有閑マダム役で顔を見せている。

▼アメリカ公開時のポスター
cutters-way_poster.jpg
 本作はアメリカでも、一部の劇場でひっそりと公開されただけだったとか。映画の内容的にも相当売りにくかっただろうが、ちょうど宣伝時期が製作会社ユナイテッド・アーティスツの首脳陣交替のタイミングと重なり、政治的思惑から邪険に扱われたことも原因らしい。後々、映画マニアの間でカルト的な評価を獲得していくことになるが、もしも当時から注目されていれば、ジョン・ハードにもアイヴァン・パッサーにも違う未来が開けていたのではないか。日本ではTV放映されたのみ。地味な映画なのでDVD化は難しいかも。

 とはいえ、個人的にはムチャクチャ感動した。なんといってもラストが死ぬほどかっこいい。不条理な悲劇的エンディングでもあり、男泣き必至のクライマックスでもあり、フィルムノワールとしても実に美しい幕切れ。正統派ミステリ・ファンには薦めにくいが、ノワール好きには必見の作品と云える。

・DVD Fantasium
DVD『男の傷』(米国盤・リージョン1)


製作/ポール・ガリアン
監督/アイヴァン・パッサー
原作/ニュートン・ソーンバーグ
脚本/ジェフリー・アラン・フィスキン
撮影/ジョーダン・クローネンウェス
編集/キャロライン・フェリオル
音楽/ジャック・ニッチェ
出演/ジェフ・ブリッジス、ジョン・ハード、リサ・エイクホーン、アーサー・ローゼンバーグ、アン・デューセンベリー、スティーヴン・エリオット、パトリシア・ドナヒュー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/283-ddf8ac3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。