Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Futurama:The Beast with A Billion Backs』(2008)

『Futurama:The Beast with A Billion Backs』(2008)

futurama_billionbacks.jpg

 SFアニメ『Futurama』オリジナル長編シリーズの第2弾。前作『Bender's Big Score』(2007)のラストで出現した宇宙の裂け目から、未知の生命体がやってくるというストーリーを主軸に、フライ、ベンダー、エイミーとキフらのドラマが交錯していく。

 前作からの流れを全く無視してフライとイイ仲になるヒロイン・コリーンの声を演じるのは、ブリタニー・マーフィー。テレビアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』のレギュラーキャストでもあるので、さすがにアテレコには慣れている様子。そしてTVシリーズにも何度か出演している理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士も、本人役で登場する(もちろん人工音声で)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 突如として現れた宇宙の裂け目を、人々がだんだん気にしなくなった頃。プラネット・エクスプレス社の仲間であるエイミーが、婚約者のキフと婚礼をあげることになった。フライは新しいガールフレンドのコリーンを伴い、キフの母星で行われたセレモニーに出席する。

futurama_bwbb_wedding.jpg

 フライとコリーンも順調に愛を育み、ついに2人は同棲することに。ところがコリーンの暮らすアパートには、フライの他に何人もの恋人たちが同居していた。最初のうちは我慢していたものの、結局は耐え切れず彼女の家から飛び出してしまうフライ。

 数日後、宇宙の裂け目を閉じるべく、高性能爆弾を搭載した戦艦が地球を出航する。指揮官のブラニガン艦長と共に、もちろん副官のキフも同行。だが、キフは誤って爆弾もろとも宇宙へ発射され、悲惨な事故死を遂げてしまう。悲しみに暮れるエイミー。

futurama_bwbb_bomb.jpg

 こっそり乗艦していた傷心のフライは、宇宙服を着て裂け目へと向かう。自分以外の誰もいない場所を求めて。ところが、裂け目の向こう側には未知の生命体が待ち構えていたのだ! フライは思いもよらぬかたちで地球へと帰還する。何億という触手を持ち、星ほどの大きさを誇る巨大生命体・イーヴォとともに。地上の人々はその触手に捕えられ、身も心も支配されていく。

 そんなパニックをよそに、ベンダーは親友フライに見捨てられた寂しさから、フリーメイソンまがいの「ロボット同盟」に入信していた。打倒人間を掲げながら、実はハイソな社交クラブでしかない組織に不満を感じた彼は、ラジカルな主義主張で独自の地位を確立していく。そしてついに、ロボット軍団を率いて蜂起するのだが……?

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

futurama_bwbb_yivo.jpg

 前半はバラバラのエピソードをラフに繋ぎ合わせたような印象で、正直まとまりに欠ける。それに、タイトルになっている「10億の背中を持つケダモノ」がなかなか出てこないので、やきもきさせられてしまう。

 しかし後半、一風変わった地球侵略ストーリーが巨大なスケールで展開し始めると、ぐいぐい引き込まれていく。イーヴォ(Yivo)と呼ばれる巨大生命体は、台詞だと“Evil”=悪に聞こえるが、これが実は引っかけ。(以下、ややネタバレ)


futurama_bwbb_colleen.jpg

 イーヴォが地球へやってくる理由は「他者との繋がりを求めるため」だった。イーヴォとフライは、言うなれば愛の伝導師として地上に降り立つのだ。全人類が触手に繋がれ、ひとつの巨大な愛を共有するという展開は、『THE END OF EVANGELION』(1997)にも影響されてるのかな、と思ったりした。

 ずっと独りぼっちだったイーヴォの愛を受け入れた人類が、10億の触手と一緒にデートする場面は、可笑しくも感動的。イーヴォの声を演じるデイヴィッド・クロスのあまりにナチュラルな芝居が、イイ味を出している。イーヴォが自身の体の表面にこしらえた「楽園」に人々を居住させようとする、名作『天国への階段』(1946)にオマージュを捧げたシーンも秀逸だ。

 今回のテーマは「愛」である。チェイス・シーンでは「Stop! In the name of LOVE!!」なんて台詞も飛び出したりする(笑)。一度に多くの人を愛することは可能か、嫉妬や疑念抜きに愛は成立するのか、といったテーマがそれぞれのエピソードで提示され、後半のSF的スペクタクルでそれが収束されていく。最終的に愛のなんたるかをフライたちに説くのが、ロボットのベンダーであるあたり、『Futurama』らしいツイストだ。

futurama_bwbb_bender.jpg

 今回もまた、過去のエピソードを観ていないと分かりにくそうな小ネタや伏線が少なからず盛り込まれている。第1シリーズの「The Series Has Landed」「A Big Piece of Garbage」「Hell Is Other Robots」、第2シリーズの「Anthology of Interest I」、第3シリーズの「Where the Buggalo Roam」、第4シリーズの「Kif Gets Knocked Up a Notch」「Teenage Mutant Leela's Hurdles」あたりは必見だろう。そして今回の驚愕新ネタと言えば、

ベンダーに息子がいたこと!

 DVDには特典としてアフレコ風景(&NG集)の映像が収録されている。あの声優さんはこんな顔してたんだーとか、いつもこんな風に録音してるのかーとか、いろいろ分かって楽しい。『Futurama』ファンは必見だ。

・DVD Fantasium
『Futurama:The Beast with A Billion Backs』(米国盤・リージョン1)

企画・製作総指揮/マット・グレーニング、デイヴィッド・X・コーエン
監督/ピーター・アヴァンジーノ
脚本/エリック・カプラン
音楽/クリストファー・ティン
出演/ビリー・ウェスト、ジョー・ディマジオ、ケイティ・セガール、ローレン・トム、フィル・ラマー、モーリス・ラマーシュ、トレス・マクニール、デイヴィッド・ハーマン
ゲスト出演/ブリタニー・マーフィー、スティーヴン・ホーキング、デイヴィッド・クロス、ダン・カステラネタ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/280-be414163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。