Simply Dead

映画の感想文。

『インディアン狩り』(1967)

『インディアン狩り』
原題:The Scalphunters(1967)

scalphunters.jpg

 先日亡くなったシドニー・ポラック監督の初期作。おかしな成り行きで行動を共にすることになった白人と黒人がいがみ合いながらも友情を築いていく姿を、コミカルな味付けで描いたアクション西部劇。人種差別撤廃を求める運動が米国各地で活発化していた当時の世相を反映した、社会派テーマの作品でもある。

 原作・脚本は『マッケンジー脱出作戦』(1970)や『ビッグ・バッド・ママ』(1974)のシナリオを手がけたウィリアム・ノートン。佳作だが、ポラックの軽快で手堅い演出で最後まで飽きさせない。冒頭のスマートな物語への導入は特に見事だ。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
〈おはなし〉
 一匹狼の狩人ジョー・バス(バート・ランカスター)は、冬の間に苦労して獲った毛皮を知り合いのインディアンたちにカツアゲされてしまい、代わりに元奴隷のインテリ黒人青年ジョゼフ・リー(オシー・デイヴィス)を押し付けられる。ジョーは毛皮を取り返そうと、ジョゼフを連れて追跡を開始。ところがそこに悪党ハウイー(テリー・サヴァラス)率いる無法者一味が現れ、インディアンたちを虐殺し、毛皮も奪ってしまった。彼らは殺した先住民の頭皮を剥ぎ、それを凖州に売る「皮剥ぎ屋」だった。やっかいな連中を敵に回しながらも、決して毛皮を諦めないジョー・バス。渋々、彼についていくしかないジョゼフだったが……。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

scalphunters_ossie.jpg

 原題の“Scalphunters”とは、インディアンの頭皮を剥いで政府に売っていた白人たちのこと。頭皮剥ぎの風習はインディアンの中でも一部の部族でしか行われておらず、どちらかというと白人の方が盛んに行っていた残虐行為なのだそうだ。それに懸賞金を払う公的システムがあったこともおぞましい(殺せば殺すほど金になるということで、対立する部族同士の殺し合いに拍車をかけ、先住民たちを自滅させる意図もあった)。テレビや映画で植えつけられたイメージで「凶悪なインディアンたちと戦う映画なのか」と思って映画館に行くと、白人の残虐行為を正面から見せつけられ、しかも主軸となるのは黒人と白人の友情を描いた物語であるという、白人優位主義への痛烈な皮肉が込められたタイトルなのである。

scalphunters_poster.jpg

 主演はポラック監督とは『大反撃』(1969)でも組んでいるバート・ランカスター。頑固で変わり者の主人公を軽妙に演じている(最初はキャラクターが掴めなくて困惑するけど)。相手役の黒人青年を演じるのは、若き日のオシー・デイヴィス。慇懃無礼で抜け目ないが、人懐っこさも併せ持つキャラクターを好演し、クセモノ俳優陣とも堂々と渡り合っている。70年代には『ロールスロイスと銀の銃』(1970)で監督・脚本を手がけ、のちにスパイク・リー監督の『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)で名優としての評価を確立した黒人俳優の草分けだ。

scalphunters_sherry_terry.jpg

 出演者のなかで最も魅力的なのは、悪役を演じるテリー・サヴァラス。やってることは泥棒だったりインディアンの頭皮剥ぎだったり最低なのだが、それを少し間の抜けた憎めないキャラクターとして瓢々と演じてしまうのがすごい。一緒に旅している愛人役のシェリー・ウィンタースも、貫禄のつき始めたコケティッシュさを振りまき、イイ味を出している。また、荒くれ者の手下どもの中には『赤い靴をはいた男の子』(1984)のダブニー・コールマンの姿も。

 白人・黒人・先住民の異人種同士が、手を組んだり裏切ったり殺し合ったり、めまぐるしく関係性を変化させていくドラマ展開が、つとめて軽いタッチで綴られるのが快い。クライマックスでは主人公たちが泥まみれになって殴り合い、どちらが白人か黒人か分からなくなるという、以降様々な作品でお約束となる描写も登場する。しかし、主人公2人がいがみ合うのは差別意識云々というより、互いの人間性をめぐる対立であって、当時の社会的様相からは解放されたところにある。簡単に言うと『夜の大捜査線』(1967)の緊張感とは違った気楽さを意図的に仕組んであり、逆に言うとそこがインパクトの面で映画史に残らない結果になったのだろう。

scalphunters_fight.jpg

 とことん嫌な人間、芯から差別主義に凝り固まったキャラクターはあまり出てこないあたり、何か「物分かりのよさ」みたいな感覚が漂う(当時としても異色だっただろう)。優等生的なリベラリズムに思えなくもないが、ある意味では屈託のない時代の産物とも言えるのかもしれない。今ならもっと苛烈で生々しい対立のドラマになるだろうし、ジョゼフ・リーの心情吐露はより深刻かつ具体的に語られるだろう。そういった主題をポラックは終盤の短い1シーンに集約させ、くどくど説明しない。エクスキューズだらけの最近のハリウッド映画ではお目にかかれない、昔ながらのシンプリシティが本作の美徳だ。

・Amazon.co.jp
DVD『インディアン狩り』 (米国盤・リージョン1)


監督/シドニー・ポラック
原作・脚本/ウィリアム・ノートン
撮影監督/デューク・キャラハン、リチャード・ムーア
編集/ジョン・ウッドコック
音楽/エルマー・バーンスタイン
出演/バート・ランカスター、オシー・デイヴィス、テリー・サヴァラス、シェリー・ウィンタース、ダブニー・コールマン

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/276-d8f08b2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad