Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
原題:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull(2008)

indiana08_poster.jpg

 面白かったけど、つまらなかった。ひとつひとつの見せ場は遊園地のアトラクション的に楽しくて、さすがスピルバーグという感じなのだけど、全体としては面白みに欠ける。準備段階でさんざん難航した挙げ句、ひたすら軽いコミカルな方向へえいやっ! と振ってしまったことで、前3作にあったドラマ性や、味のあるキャラクター造形なども放棄してしまった。シリーズ4本中ではまず一番の凡作になったと思う。

 前作から19年を経て帰ってきたインディ・ジョーンズ=ハリソン・フォードは、渋みを増すどころか、落ち着きのないアクションと説明台詞にてんてこまいするコメディリリーフになっていた。1作目のヒロイン、カレン・アレンとの意外な再会も、それほどは盛り上がらない。シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェットはよく頑張っている。ジョン・ハートもいいが、前作のデンホルム・エリオットと比べてしまうと、なんともしどころのない役だ。レイ・ウィンストン演じる新キャラに至っては全く意味不明。ジョン=リス・デイヴィスの存在感が恋しい。

indiana08_family.jpg

 とにかく全編ワクワクしないのはなぜだろう。ジョン・ウィリアムズの音楽や、おなじみのパンチ音のSEにはグッとくるが、長続きする感覚ではない。それよりも、イイ歳したおじいちゃんたちが無理して若ぶる悲惨さ、みたいな感じが終始つきまとう。スピルバーグ映画の観客としても『宇宙戦争』や『ミュンヘン』(共に2005年)を経た後では「何を今さらこんな幼稚な……」と思わずにいられない。扱っているネタ自体、わざわざ『インディ・ジョーンズ』の新作でやることとは思えない陳腐なものだからだ。ジョージ・ルーカスのセンスはもう致命的なところまで来てるなあ、と改めて思った。

 脚本はデイヴィッド・コープ。個人的に好きな脚本家/監督ではあるけど、どうも『インディ・ジョーンズ』とは相性が合わない気がした。ねじくれた悪意とシニシズムが前面に立ちすぎているような感がある。冒頭の核実験のシークエンスとか、ちょっとアンマリだと思った。ここはやっぱりローレンス・カスダンとかに王道の冒険活劇を書いてもらいたかった。しかし、昨今の映画界ではトレンドスポットである南米を舞台に選び、『アポカリプト』(2006)ライクなスペクタクルを繰り広げるあたり、さすがの目利きである。そういえばデビュー作の『アパートメント・ゼロ』(1988)もブエノスアイレスが舞台だった。

indiana08_kate.jpg

 正直、随分と時間のかけられた作品のわりには、肩透かし感は否めない。とはいえ、上映時間中は何をしてでも楽しませるという娯楽職人スピルバーグの矜持は、今回も保たれている。長年の『インディ』ファンは、センチメンタルな期待感いっぱいで観に行くより、思いがけない余禄に出会えたような気楽なノリで観た方がいい。「まあ4本もあれば1本くらいはこういう感じもアリか」ぐらいの気分で帰れるから。


製作総指揮/ジョージ・ルーカス
製作/フランク・マーシャル
監督/スティーヴン・スピルバーグ
脚本/デイヴィッド・コープ
撮影/ヤヌス・カミンスキー
編集/マイケル・カーン
音楽/ジョン・ウィリアムズ
出演/ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・アレン、ジョン・ハート、レイ・ウィンストン、ジム・ブロードベント

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/273-f53e845b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。