Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スキャナーズ』(1981)

『スキャナーズ』
原題:Scanners(1981)

scanners_ukdvd.jpg

 最近は昼間に映画を観ることができず、もっぱらレイトショーかオールナイト通い。ここ1ヵ月はそれすら行けないほど忙しくて、家でDVDを観る余裕もなかった。そんな状態になると、今の自分が映画に望むものが研ぎ澄まされてくるのか、どうしても「この1本」が観たくなる。

 今回の場合はなぜかデイヴィッド・クローネンバーグ監督の実験映画『クライム・オブ・ザ・フューチャー/未来犯罪の確立』(1970)だった。そんなもんが無性に観たくなる精神状態がまずどうかしていると思うけれども、矢も盾もたまらず新宿ビデオマーケットで輸入盤DVDを買ってしまった(ちょっといい画質で観たくて)。別に面白いものじゃないと分かってはいたけど、それなりに堪能した。いつかちゃんと論じてみたい作品であるとも思う。

▼『クライム・オブ・ザ・フューチャー』の一場面より
Crimes_of_the_Future.jpg

 そしたら続けて『スキャナーズ』も観たくなってしまい、これはサクッと近所のレンタル屋でビデオを借りてきて観た。まあ子どもの頃から繰り返し観ている映画なので、言うまでもなく、やっぱり面白かった。前振り的な説明が全然ないから変な映画に見えるんだなーとか、マイケル・アイアンサイドは意外と出番が少ないのに作品の顔として定着したのが凄いなーとか小さく思いながら、とりあえず欲求は満たした。

scanners_cameron.jpg

 しかし、なんとなく物足りない。思えば10年前のリバイバル上映の時、新宿武蔵野館(当時はシネマ・カリテ)で観たのを除いて、VAPから出ていたビデオ以上のクオリティでは観ていないのではないか。一時期バンダイビジュアルから発売されていたビデオ・LDに至っては論外。あんな酷い画質はない。余計な続編2本のついたDVD-BOXは高くて買ってない。まあ、画のクオリティはVAPのビデオでも特に文句はないのだけど、とにかくハワード・ショアーの音楽をもっとガツンとした音で聴きたい!

 そこでアンカーベイUKから出ているPAL盤DVDを買った。こっちは米国盤とも日本盤とも違うステレオリミックス・バージョン。仕事も少し山場を越えた頃にちょうど届いたので、夜中にヘッドフォンをつけて爆音で観てみた。

scanners_fireworks.jpg

 ……素晴らしい。もうまさに期待どおり。すんごい楽しかった。

 別に緻密な音響設計というわけでもなく、元々モノラルの映画をできる限りステレオにしてみましたという大味な作りなのだけど、それでもクリアに聴こえる部分が非常に増えているのは単純に嬉しかった。クライマックスの超能力対決で「血管が浮き出る音」なんて初めて聴いた気がする。わりと上等な音素材が現存している台詞やSEはめっぽうクリアで、音楽はもちろん全てステレオ収録。オープニング曲の強力なパーカッションもちゃんと大迫力で聴こえる。PAL盤なので、ちょっとピッチ高め・スピード速めになっているのも派手な効果を高めていて逆によかった。画質も申し分なし。

Scanners_daryl.jpg

 個人的にはサラウンド万歳という立場ではなく、モノラルにはモノラルの美しさや調和があり、見事なモノラルはヘタなステレオにいくらでも勝ると思っている。『風の谷のナウシカ』(1984)だってモノラルなのだ。しかし一方で、嘘でもいいから派手な音で観たい映画というのもある。『スキャナーズ』はその筆頭だった。それを言うなら音の実験に満ちた『クライム・オブ・ザ・フューチャー』だって絶対にステレオで観たい作品である。

 ちなみに僕がステレオ洗礼を受けたのは『未来世紀ブラジル』(1985)の東北新社版ビデオで、次に大好きだったのは『スペースバンパイア』(1985)の過剰な音響設計だった。それ以降はビデオを借りるときも「まずはHi?Fi」とインプットされ、ワーナーの旧版『悪魔の赤ちゃん』の音質の悪さに落胆したりしたものだ(ヤな子どもだ……)。

 あの頃、もっとカッコいい音で観たいなあと何気に思っていた映画って、そういえばたくさんあった。そういう意味で『スキャナーズ』UK盤は、子どもの頃からの夢をバッチリ叶えてくれた。いい買い物したなあ、と思った。

・Amazon.co.uk
DVD『スキャナーズ』(英国盤)※PAL


監督・脚本/デイヴィッド・クローネンバーグ
撮影/マーク・アーウィン
特殊効果/ゲイリー・ゼラー
特殊メイキャップ/ディック・スミス
音楽/ハワード・ショアー
出演/スティーヴン・ラック、パトリック・マッグーハン、ジェニファー・オニール、マイケル・アイアンサイド、ローレンス・デイン、ロバート・シルヴァーマン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/271-63df4f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。