Simply Dead

映画の感想文。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Le Createur』(1999)

『Le Createur』(1999)

createur_dvd.jpg

〈おはなし〉
 ノイローゼにかかって転地療養していた売れっ子劇作家・ダリウス(アルベール・デュポンテル)。パリに戻った彼を待っていたのは、新たな締め切り地獄だった。すでに主演女優(クロード・ペロン)も決まり、そろそろ稽古を始めなければならない。が、ダリウスはもはや一行たりとも書けない体になっていた……。

 プレッシャーにもがき苦しむ彼は、ある時はずみで隣家の飼い猫を死なせてしまう。すると、パソコンに新作の出だしが書いてあるではないか! 恐るべき法則に気付いたダリウスは、創作のため、自分の作家としてのアイデンティティを守るため、次々と殺しを重ねていく。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 『ベルニー』(1996)で注目された才人、アルベール・デュポンテルが再び監督・主演を務めたブラックコメディ。英語字幕もないフランス盤DVDで無理やり観たので、台詞の妙とかも全く分からず、ちゃんと観たとは言えない。でも、視覚的な演出が多くて話も分かりやすく、面白かった。

 スランプに陥った作家の狂気という『バートン・フィンク』(1991)を思わせるテーマを扱った本作では、前作『ベルニー』の過激さは影を潜めているかのように見える。が、おどおどした被害者キャラだった主人公が、やがて破れかぶれな殺戮者となる『ドリラー・キラー』(1979)のごとき展開は、やっぱりデュポンテルならでは。一線を越えた危険なブラックユーモアの世界に突入していくのが楽しい。

createur_dupontel.jpg

 主人公は臆病な自分を守るため、変装も兼ねて甲冑を着込んで蛮行を繰り返す。その滑稽な姿はさながらドン・キホーテのよう。立ち向かう敵は「創作の危機」という得体の知れない(だけど本当の正体はハッキリしている)脅威である。劇中1シーンだけ登場する神=万物の創造主(クリエイター)を演じたテリー・ジョーンズは、「これは自分に才能がないことを認めたくない作家の物語だ」と評する。『Le Createur』は“創造”を生業とする人たちにとって、きわめてリアルな危機感を残酷にえぐりだしたコメディなのではないか。

 どこまでも陰惨になりそうな話を、デュポンテルはあくまでスラップスティックに、滑稽なファンタジーとして映し出す。生々しく殺伐とした印象の強かった『ベルニー』に比べ、『Le Createur』は映像の質感もずっとリッチだし、ギャグも分かりやすい。だが、過激な本質は変わっていない。同情を誘う不幸な主人公が、暴力によって生命力を取り戻し、同時に取り返しのつかない破滅に向かって邁進する、というストーリーの不謹慎な高揚感は、観客をしっかり秩序の向こう側へ連れて行ってくれる。

createur_dupontel02.jpg

 主人公にプレッシャーをかける大女優クロエを演じているのは、デュポンテルのパートナー、クロード・ペロン。『ベルニー』で映画デビューした彼女は、本作、そして『Enfermes Dehors』(2006)と連続してヒロインを演じ、デュポンテル主演の犯罪スリラー『ブルー・レクイエム』(2004)でも共演している。また、デュポンテルがコメディアン時代にコンビを組んでいたミシェル・ヴュイエルモーズが、『フランケンシュタイン』のイゴールみたいな劇場の装置係の役で鬱陶しい怪演を見せている。

 映像的な面白さも見どころ。主人公の見る妄想や、テリー・ジョーンズ演じる神様の登場シーンなど、ファンタジックな場面もふんだんに織り交ぜ、おなじみの動物主観カメラ、パソコンのディスプレイの内側から見た映像など、変わった遊びもやっている。映画終盤、爆風に飛ばされて宙を舞う封筒を、延々とカメラが追いかけるというCGがあるのだけど、軌道や運動のディテールがあまりに見事で感動した。なかなかあんなに上手く作られたCGの具体物もないと思う。

createur_terry.jpg

・Albert Dupontel Official Site
http://www.albertdupontel.com/

・Amazon.fr
DVD『Le Createur』(フランス盤)


監督/アルベール・デュポンテル
脚本/ジル・ローラン、アルベール・デュポンテル
撮影/ジャン=クロード・ティボー
美術/ドニ・ルノー
編集/スコット・スティーヴンソン
音楽/アラン・ランヴァル、ジャン=フィリップ・グード
出演/アルベール・デュポンテル、クロード・ペロン、フィリップ・ウシャン、ミシェル・ヴュイエルモーズ、ニコラ・マリエ、テリー・ジョーンズ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://simplydead.blog66.fc2.com/tb.php/269-61a3fe47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。